ハバネロトマトQ 完成!

ハバネロトマトQのまとめのページです。
制作過程の文章と重複するところもあるかと思いますが
どうぞご容赦くださいませ。

habanero-tomato20161231-1.jpg

昨年の春に配布されたマクドナルドのおまけQですが、
今回はその中のプチパンケーキQをベースにカスタムしました。

habanero-tomato20161231-2.jpg

テーマは「もし、このおまけQにハバネロトマト味があったら?」
というのを想像して作ってみました(^ ^)

マクドナルドの商品にそれほど詳しいわけではありませんが
確かハバネロトマト味は何年か前に発売されたもので
↓こんな感じだったかなと思いますが、

habanero-tomato0.jpeg

その激辛なイメージを、カスタムして表現することにしました。
ベースのプチパンケーキQは、ほのぼのとしたイメージなので
それをカスタムでどう変えるかがポイントかなと思いました。
(↓下の画像の白い車がベースとなったプチパンケーキQです)

habanero-tomato20161231-3.jpg

そこで思いついたのが、ホットロッドのカスタムの世界では
定番となっている、フレイムス(炎)をボディに入れることで
ホットな味を表現することにしました。
色合いはこれまた定番?のマットブラックの下地に
赤から黄へのグラデーションとしました。

ボンネット上には、マクドナルドのマドラーで作った
エアスクープも取り付けてみました☆(^ ^)

habanero-tomato20161231-4.jpg

荷台に載っているパンケーキは取り外して↑
↑代わりに唐辛子のオブジェを取り付けました☆
またテールライトやマフラーなども追加しました。

そして、よりチョロQっぽさが増すように
ボディ各所の(ウインチやロールバーなどの)装飾パーツは
チョロQ初期のA-7のハイラックスを参考にして制作しました。

そんなカスタムの制作過程の様子は、以下のページに
それぞれ書いてありますので、よろしければご覧くださいませ。

プチパンケーキQをカスタム その1
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

プチパンケーキQをカスタム その2
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

プチパンケーキQをカスタム その3
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

ハバネロトマトQ その1
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

ハバネロトマトQ その2
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-393.html

ハバネロトマトQ その3
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

ハバネロトマトQ その4
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-396.html

ハバネロトマトQ その5
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-398.html


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

ハバネロトマトQ その5

ハバネロトマトQですが、塗装も終わったので
今回は造形面について少し書きたいと思います。

今回のおまけQは、そのフォルムやディテールが
私たちが昔から見慣れているチョロQのデザインとは
少し異なっている部分もあるように感じられ、
「ちょっとチョロQっぽくないね」というも声も
私の周りでは多かったので、カスタムすることによって
チョロQらしさも出せたらいいなと思いました。

そこで、前回も書きましたが、A-7のハイラックスを参考にして
ロールバーやウインチを付けたわけですが、
プチパンケーキQを真横から見た時に
通常のチョロQのデフォルメに比べて屋根が低いというか
キャビンが少し小さく感じましたので、
背後にルーフより高いロールバーを付けたり
ボンネット上にエアスクープを付けることによって
上下のボリュームを増やすというか
キャビンの小ささを誤魔化せたらいいなと考えました。

habanero-tomato-sideFR4.jpg

またキャビンからボディが前後に間延びしている感じがしたので
フロント側にはフレイムスやエアスクープを付けることによって
間を埋めるというか、より短く見えるような効果を考え、
逆に後部は前後に長く見えるように
唐辛子のオブジェを縦置きにしたり
ボディに模様や装飾をあまり付けないようにして
キャビンから前後のメリハリを出そうと思いました。

habanero-tomato-FR1.jpg

同じくフロントウインドウも赤にすることによって
(黒地のボディに対して)ウインドウ部分が目立つので
キャビンの高さというか存在感を出せたらいいなと思いました。

そんな感じで、ベース車と比べると
ボディ上にいろいろな突起物(装飾パーツ)が付きましたが
色を赤と黄色に統一することで、ゴチャゴチャした感じは
少し抑えることができたかなと思います。

そしてタイヤとホイールも換えて車幅も出たので
ベース車よりもワイドで少しドッシリした印象になったかなと。

habanero-tomato-sideFR3.jpg

ベース車の後部は、コインホルダー部以外は
特に意匠が無く、少しノッペリした印象だったので、
テールライトやマフラーを付けることによって
間も埋めることができ、荷台も少し低く見えるように?
なったのではないかなと思います。

とまあ、こんな感じで、今回のカスタムでは
おまけQが よりチョロQっぽく見えるように
パーツを取り付ける位置や効果などを
いろいろと考えながら作りましたので
今日はそんな部分を書いてみました。(^ ^)


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ハバネロトマトQ その4

本日もハバネロトマトQの制作過程の続きで
今回は塗装と荷台のオブジェについてです。

habanero-tomato81.jpg

まずは↑艶消しの黒一色だったボディに
白でフレイムスを入れました。
この白だけの炎も、これはこれで綺麗だなと思ったのですが
今回はハバネロトマトの辛さを表現するのが目的なので、
ホットなイメージの赤、オレンジ、黄色を使った炎にしました。

アメリカンカスタムに於いてのフレイムスのデザインは、
カスタムスタイルや時代によっても微妙な違いがありますが、
今回は特にスタイルや時代を限定する感じではなく、
定番というか、私が思う標準的な雰囲気の炎にしました。

habanero-tomato82.jpg

↑炎を描き終えた状態です。表面にはまだ艶があります。
最終的にはマットな艶消しの仕上げにしたいと思っていますが
この状態では炎の部分と黒い部分に、塗膜の段差がありますので
それを埋めて表面を平らに均一にするために、上からクリヤーを重ね
ペーパーで磨いては重ねという作業を何度か繰り返します。

そこで、以前、艶消しのクリヤーを模様の上に何重にも重ねたら
模様の色が白く濁ったり、輪郭がボヤけた経験がありましたので、
今回は段差を埋めるのは透明のクリヤーを使って、
最終の仕上げの1回だけを艶消しのクリヤーを吹くことにしました。

habanero-tomato83.jpg

すると↑こんな感じになって、全体的にはマットな仕上がりですが
炎の発色も輪郭も、わりと綺麗に出たのではないかなと思います☆

habanero-tomato84.jpg

触り心地はツルッとしていて、でも質感はマットで
いい感じに期待していた艶消しになってくれました♪

そして今回はボディがマットな仕様なので
ロールバーやウインチやエアスクープなどの
装飾パーツは、逆に艶アリのクリヤーでコートして
質感にメリハリをつけてみました☆

habanero-tomato92.jpg

ちなみに今回の色合いとかイメージを参考にしたのは
こちらのHGのトランザムです(^o^)↑
このカラーリングはとても「HOT」ですよね☆

しかしこうやって通常のチョロQと並べてみると、
やはりマクドナルドQは大きいですね(^ ^;)
でも大きい分、逆にその大きさを利用して
細かい炎を描き入れることができました♪

あと、炎はボンネットから側面へ上手く繋がるように
配置や模様の繋がりに注意して描きました。

habanero-tomato85.jpg

さて、続きまして今回のテーマの象徴とも言える
荷台に載せる唐辛子のパーツについてですが、

この車を作るにあたって、唐辛子のパーツを
いろいろと探していたところ、形やサイズなどが
この車に一番ピッタリだったのが↑これでした。
先端がキュッと反り上がっているのも可愛いです。

ちなみにこの唐辛子のパーツは、籠に野菜がたくさん入っている
ミニチュアのオブジェの中から見つけました(^ ^)v

habanero-tomato86.jpg

実際に載せてみると↑荷台のサイズにもピッタリで
唐辛子を短くデフォルメしたようなデザインが
チョロQとも合っているなと思いました♪

habanero-tomato87.jpg

車の全体的な色味も、赤と黄色で統一できたので
上手くまとまったのではないかなと思います。

habanero-tomato89-2.jpg

そして色味と言えば、もともと付いていたグリルのシールは
グレーを基調にしていて、今回のフレイムスや全体の色合いと
ちょっと合わないような気がしたので剥がすことにしました。

で、その代わりにシルバーのカッティングシートで↑
ヘッドライトを作って貼ることにしました。
ライトの形は、前回も書きましたが
A-7のハイラックスのデザインを参考にしました↓

A-7hilux20170114.jpg

そしてあらためて↑A-7のハイラックスのフロントを見てみると
ライトが立体的に飛び出していることに気づきまして、
やはりライトは立体的にしたいなと思い、
撮影後、カッティングシートを剥がしてライトを作り直しました☆

habanero-tomato90.jpg

そして作り直したものが↑こちらです☆
0.3ミリの黒のプラバンをライトの形に切り出して
シルバーに塗装して接着しました。

habanero-tomato91.jpg

↑左がカッティングシートで作ったライトで、
右がプラバンで作ったライトです↑
僅かな印象の違いですが、プラバンのほうが厚みがある分
少し奥行きがあって、立体感が出たかなと。(^-^)

ナンバープレート部には、いつものArataステッカーの中から
この車の色味に合いそうな、黒バックに黄色い文字の
ものを選んで貼りました。

とまあ、こんな感じで、塗装と装飾が完了して
ハバネロトマト仕様が出来上がりました☆


| コメント:2 | BACK TO TOP |

ハバネロトマトQ その3

ハバネロトマトQの制作過程の続きです。
本日は装飾パーツについてです。

habanero-tomato72.jpg

今回ホイールを流用したチョロQダッシュから
(ホイールについては→こちらの記事参照
ウインチも流用することにします↑

habanero-tomato73.jpg

↑通常のシールだけだと、少しフロントが寂しいので、

habanero-tomato74.jpg

↑こういう感じにしようと思います。

A-7hilux20170114.jpg

いちおうイメージは、チョロQのA-7ハイラックスの
フロントマスクのような感じにしたいなと。

habanero-tomato75.jpg

まずはチョロQダッシュから
ウインチ部分だけを切り取りましたが、
側面が削りっぱなしなので
ディテールアップパーツの丸い部品を付けて、

habanero-tomato76.jpg

よりウインチらしい?形にしました↑

habanero-tomato62.jpg

続いてロールバーは、zeroのダットサントラックに付属していた
ロールバーのパーツのランナー部分を加工して、
この車のサイズに合ったロールバーを制作しました☆
(制作過程は前回の記事をご参照ください→こちら

habanero-tomato77.jpg

それぞれ黒のサフェーサーを吹いて、
黒鉄色(ガンメタみたいな色)を塗りました。
仕上げはスーパークリヤーⅢでコートして
磨いて艶を出しています。

では次回は塗装などについてです☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ハバネロトマトQ その2

ハバネロトマトQの制作過程の続きです。
本日は、スーパーチャージャーのエアスクープ風w
パーツの制作と取り付けの様子です☆

habanero-tomato65.jpg

↑まずエアスクープの台座となるパーツを取り付けます。
(実車ならここにスーパーチャージャーがくるわけですが)

habanero-tomato64.jpg

こちらが↑そのパーツですが、
実はこれ、チョロQのシャーシの
この赤丸の部分なんです↓

habanero-tomato63.jpg

以前、他のチョロQをカスタムした時に
この部分を切り取ることがあって、
いつか何かに使えるかなと思って
保存しておいたのでした(^ ^)v

ボンネットの傾斜の角度に合わせて
下部を斜めに削っています。

続きまして、エアスクープ部分のパーツですが、
実は↓これを使っています☆

habanero-tomato67.jpg

マクドナルドでドリンクを頼んだ時に付いてくる
お馴染みのプラスチック製のマドラーです。

habanero-tomato68.jpg

これの先端部分を切り取って↑

habanero-tomato69.jpg

ディテールアップパーツと組み合わせます↑

habanero-tomato70.jpg

細かい作業になりますが、Mの形がきちんと出るように
不要な部分を丁寧に削り取って、吸気部分のパーツも
上手く収まるように加工します。

habanero-tomato71.jpg

載せるとこんな感じですね↑
実車のバランスから見ると少し大きめですが
まあ、チョロQなので、多少誇張したほうが
デフォルメと合っているかなと(^ ^)

habanero-tomato80-2.jpg

↑そして台座部分も周りを黒に塗って
エアスクープパーツも塗装して取り付けました↑

habanero-tomato80-3.jpg

Mの文字は、いちおうマクドナルドの黄色を参照して塗装し、
エアスクープ部分は銀色に、そしてあまり見えない部分では
ありますが、吸気口の内部も赤に塗装しました。
ボディのフレイムスとも相性よく仕上がったかなと思います。


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ハバネロトマトQ

新年あけましておめでとうございます♪
本年もどうぞよろしくお願いいたします☆

さて、新年1発目は、昨年の最後に作りました
ハバネロトマトQの制作過程からスタートしたいと思います。

habanero-tomato50-2.jpg

少し経緯を振り返りますと、
昨年の春にマクドナルドのおまけで
チョロQが8種類配布されました。

そしてその中のパンケーキQをカスタムして
5月の時点で↑こんな感じに仕上がりました。
元とあまり変化が無いように見えますが、
この状態にするのに結構手間がかかりました(^ ^;)

その制作の様子は↓こちらに掲載しています。

制作過程 その1
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

制作過程 その2
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

制作過程 その3
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-296.html


これはこれでシンプルでいい感じかなと思いますが
目的はハバネロトマト仕様に仕上げることなので
ここからさらにカスタムしていきます☆(^o^)

ちなみに、今回のタイヤとホイールを流用したのは
↓こちらのプルバックカーなのですが、
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-293.html

この記事を書いた時点では詳細が不明でしたが
後に正体が分かりまして、
すみやさんのチョロQ研究序説によりますと、
チョロQダッシュという名前でタカラから発売された
チョロQの関連商品であることが分かりました☆

チョロQ研究序説(http://ameblo.jp/choroq/)の中の
2010年8月11日の記事↓でご紹介されていました。
http://ameblo.jp/choroq/entry-10616384596.html

というわけで、謎のタイヤとホイールでしたが、
すみやさんのブログのおかげで
チョロQの関連商品だということが分かりましたので
カスタムパーツもチョロQで統一できて良かったです♪

では次回はカスタムの続きの工程を載せたいと思います☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ジオラマカードの撮影


rodder-diorama1.jpg

前回の記事で作りました背景を使って
ミニカーを撮影してみようと思います☆
(背景の制作過程は→こちら

でもチョロQには、デュースとか
そういったホットロッド的な車種が無いので、
今回は他のミニカーで代用したいと思います。
(いつかこういう車もチョロQで作ってみたいですけどね)

rodder-diorama2.jpg

↑まずは普通の照明の下で撮ったもの。
1/64サイズに合うように作られているので、
建物とのバランスなどは、ちょうどいい感じですね。

rodder-diorama3.jpg

この絵柄は屋外だけじゃなくて、整備工場の中とか
屋内という設定でも使えそうな絵柄ですね☆

rodder-diorama4.jpg

照明を少し赤みの強い電球に変えて撮ってみました。
ちょっとレトロな雰囲気になるかなと。

rodder-diorama5.jpg

フレアーとスキャロップのラインがカッコイイですね☆
背景の看板のレトロな絵柄とも合っていると思います。

rodder-diorama6.jpg

少し照明を暗くして、夜の雰囲気みたいにしても合うかなと。
本当は三脚とか立てて撮ったほうが綺麗かと思いますが。。。

rodder-diorama7.jpg

今回の中ではこれが一番お気に入りですかね↑
紙に描かれた平面の背景とはバレにくいかなと(^ ^)

rodder-diorama8.jpg

ハイボーイいいですねぇ~
また機会があればチョロQで作ってみたいです♪

rodder-diorama9.jpg

あと、ホットロッドじゃなくても↑ワーゲンとか、

rodder-diorama10.jpg

ちょっとアメリカンテイストもあるような
国産の旧車とかも似合うかなと思います☆

とまあ、そんな感じで、今回はジオラマカードで作った背景を
照明の色や明るさを変えて撮ってみましたが、
私は特に技術もなく、いいカメラを使っているわけでもないので
まあこんな程度なんですがw
腕のある方が ちゃんとしたカメラで撮影されたら
もっとステキな写真が撮れるのではないかなと思います☆
まあ、ジオラマカードのご参考程度ということで。(^ ^;)ノ


| コメント:0 | BACK TO TOP |

背景の制作

hotrod-diorama14.jpg

今日はRod☆(ロッドスター)の撮影の際に
背景に使ったセットの制作過程と
パーツをご紹介したいと思います。

hotrod-diorama1.jpg

基本、できるだけリサイクルを心掛けていますのでw
土台となる材料は↑こちらの文明堂のかすてらと
揖保乃糸の空き箱を使おうと思います☆(^ ^)

hotrod-diorama2.jpg

そしてそれらを↑しっかりとネジで固定して、

hotrod-diorama3.jpg

↑このような台が出来上がりました♪
そしてこの台に↓こちらのシートを貼ります☆

hotrod-diorama4.jpg

で、これが何かといいますと、ダイキャストカー専門店の
Calooksさんが販売されているミニカーコレクションケースの
ウェーブ TケースMという商品に付いている
Calooksさんオリジナルの、おまけジオラマカードです。

このシリーズには いろいろな絵柄がありますが、
私が購入したものは「ビンテージ・ガレージ」という絵柄で、
サイズ的には1/64スケール相当のイメージだそうです。

hotrod-diorama16.jpeg

通常は↑このような感じで、
展示ケースの背景として使うものです。

Calooksさんのサイトは↓こちらです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/calooks/

そしてその中のコレクションケースのページが↓こちらです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/calooks/a5b3a5eca5.html

これが「おまけ」と言いながら、とても良く出来ていまして
平面なのに凄く立体的に見えるように建物等が描かれており
壁に貼ったポスターなど、細部まで凝った絵柄になっています☆
絵柄の各所を拡大しましたので↓ご覧くださいませ。

hotrod-diorama5.jpg

↑これは左端の部分ですが、レンガの壁面も立体感があり、
古くて汚れている感じなども上手く表現されています。

hotrod-diorama6.jpg

↑こちらは真ん中の部分ですが、窓ガラスが経年で劣化して
曇ったり割れたりしている様子がリアルに描写されています。
平面なのに立体的に見えるのが不思議ですよね~☆

hotrod-diorama7.jpg

↑こちらは右端の部分。
シャッターに描かれたイラストもカッコイイです。
そしてそれが擦れて剥げてきている感じや
錆なども上手く表現されていて凝っていますね☆

ところで、このシャッターの絵柄もステキですが、
各所に貼ってあるポスター?の絵柄も
よく見るとカッコイイんですよね☆

hotrod-diorama8.jpg

昔の整備工場に貼っていそうな、自動車関連のものが多くて、

hotrod-diorama9.jpg

描かれている車たちも、
1930年代あたりの車をベースにしたホットロッドで、
今回の作品の背景にピッタリだと思いました!

hotrod-diorama10.jpg

特にこのHot Rodと書かれたポスターは
色合いも赤と白と黒で、今回の作品の色と同じですし、
しかも低い位置にあるので、横に車を並べることができるので
バッチリだと思いました♪(^o^)

hotrod-diorama11.jpg

そして壁面に目が行きがちですが↑何気に地面もいい感じで
この罅割れた感じとかもリアルでいいなあと思いました♪

hotrod-diorama13.jpg

で、この紙をカラーコピーして、
前述の台に貼り付けたものが↑こちらです☆

背面だけでもいいのですが、側面もあったほうが
撮影する時に角度の幅が広がりますから、
今回は右側の壁も造ることにしました。

ちなみに木箱の上に貼って高さを確保しているのは、

hotrod-diorama13-2.jpg

↑このような下から見上げたような写真を撮る際に
カメラを地面より低い位置から構えるため
下にスペースがあったほうが撮り易いからです♪

hotrod-diorama15.jpg

というわけで、ただカードを貼っただけですがw
こんな感じのセットが出来上がりました(^ ^)

まあ、こういうのが1つあると、ちょっと何かを撮影する時に
いちいち背景を考えなくていいから便利ですよね☆

おまけカードの絵柄は、これ以外にもいろいろあって、
どれもリアルでステキなので、また機会があれば
増やしていこうかなと思っています☆


| コメント:2 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター6)

Rod☆の制作過程の続きですが、

rodstar52.jpg

↑こちらはコインホルダーを付けるための
ベースになるパーツを、後部に取り付けた様子です。
1000番くらいで表面を削った黒いプラバンを使用しています。

コインホルダーは、通常のサイズだと少し背が高すぎて
ロードスターの後部の緩やかなラインが隠れてしまうので、

shodai-28.jpg

こちらの↑初代チョロQ(バハバグ)のものを使うことにしました。
これはちょうどマフラー?も一体になっていて便利ですし、

rodstar69.jpg

そのマフラーをフェンダーの終わりの位置に合わせると、
通常より少し下の位置にコインホルダーをマウントできるので
高さを出したくない今回にはピッタリだと思いました☆

そしてシールは、とりあえず仮で貼ってみたTEXACOの
昔のシールが、この車の雰囲気に合っていましたのでw
そのまま使うことにしました♪(^ ^)

rodstar70.jpg

そして最後にウインドウですが、
もともとベース車には窓ガラスが入っていなかったので
今回は↑こちらを窓ガラスとして流用することにしました☆

rodstar71.jpg

これは以前にイオンで見つけた透明の青い下敷きなんですが、
チョロQサイズで見ると、厚みや色の濃さが
ちょうどいい感じだったので、買っておいたものです。

Rod-window.jpg

窓枠サイズに切ってはめると↑こんな感じになりました。
まあまあ窓ガラスっぽくなったかなと思うのですが、どうでしょうか。

以上で、今回の制作物は全て完成しました☆
そして出来上がった車を↓こちらのセットにて撮影しました。

hotrod-diorama14.jpg

ジオラマと呼べるほど たいしたものではありませんが(^ ^;)
これの制作過程はまた次回に載せたいと思います☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター5)

ふと、ブログのカレンダーを見ていて、
8月末からカスタムレポートを書いていないことに気づきました!
というわけで本日はロッド☆の制作過程の続きです。

rodstar55.jpg

↑こちらは缶コーヒーWANDAのおまけの
1933年型キャデラックです。
ライトも欠損してピラーも折れているジャンク品です。
なので部品取り車として使わせていただこうと思います。

rodstar56.jpg

そして上記のキャデラックからエンジンフードを切り取りました。
実車ならフードを外すだけですが、一体成型のミニカーの場合は
その形通りに切り取らないといけないので面倒ですね(^ ^;)

で、今回作ろうとしているのが、1932年あたりの
ロードスターなので、年代的にも同時期ということで
デザインも合うかなと思っていたのですが、
なんとサイズ的にも(幅などが)偶然にもピッタリで!
これは上手くいきそうな期待が持てました♪(^o^)

rodstar57.jpg

↑さっそくグリルなど余分な部分を切り取り、
今回のロードスターのボディに収まるような形に加工して、

rodstar58.jpg

↑裏側も、ネジ受けなどが付いていたので削り取って
ロードスターのエンジン部分などに干渉しないように、
フードの内側を削って内部空間を確保しました。

rodstar59.jpg

↑ロードスターのボディの前端も少し削り取って、
そこにキャデラックのフードの後端部分を切断して接着。
隙間を溶きパテで埋めて一体感が出るように形を整えて
ボディ側は完成しました。そこへフードを入れると↓

rodstar60.jpg

↑こんな感じで綺麗に収まりました♪
上記のように、フードの後ろ部分を切断して
ボディ側に接着してあるので、
フードとボディが違和感なく繋がったかなと思います☆

rodstar64.jpg

↑こちらはメッキのフロントグリルの縁になるパーツです。
これはグリルの形に合わせて黒いプラバンで作りました。

rodstar61.jpg

続きまして、インテリアですが、
シートは↑こちらのマジョレットですかね?
のミニカーから頂くことにしました。

これは以前、蚤の市で買ったものですが、
これも完品であれば、そこそこ珍しいミニカーだと思いますが
まあ、この状態ですのでね。(^ ^;)

rodstar62.jpg

↑シートのパーツを取り出して、

rodstar63.jpg

↑シート部分だけを切り取りました。
今回はこれの後部座席の、背凭れの部分だけを使用します。

rodstar65.jpg

↑この車は赤いモーターを使っていますので、
その上に赤い背凭れを載せると、
ちょうどいい感じでシートみたいに見えました☆

rodstar66.jpg

シートはゼンマイの部分だけ削って凹ませて
回転に干渉しないようにしています。

ハンドルはまた別のジャンクパーツの中から
レトロな雰囲気のものを選び取り付けました。
車が可愛く見えるように少し大きめのものを選んでいます。

rodstar67.jpg

屋根を切断した際に、幌の形に残しておいた部分を
クリーム色に塗って完成です。シートの赤との相性も良くて
形的にもシートと上手く合ったかなと思います♪

rodstar68.jpg

今回はホットロッドということで、モーターもRSマグナムを入れて
隠さずに敢えて見せるというプランにしましたので、
どうせ見えるなら、座席の一部として使おうと思いました。
全体的にも、黒と赤と白で、上手くまとまったかなと思います☆


| コメント:2 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター4)

今回はエンジンを作っていきたいと思います。

ただ、多くのホットロッドに於いて
エンジンは、やはり要の存在ですから、
熱いホットロッドファンの方々には
こだわりを持っておられる方が多いと思います。

そういった本気のホットロッド好きの方から見ると
今回私が作ったエンジンは、全くダメダメな感じでw
「そこはそうじゃないやろ」とか「数も位置もおかしい!」とか
気になる点は多々あるかと思いますが、
現状の私の技術力ではこれが精一杯な感じですので( >Д<)
どうかご容赦いただければと思いますm(_ _)m

そして1つ言い訳をさせていただくと、
チョロQは本当にスペースが無いのですよね( ノД`)
以前、ストラトスのフロント内部を作った時もそうでしたが、
まず前後の距離が短いのと、モーターを押さえる爪が
けっこう前まで来ているので、それが邪魔なんですよね。

なので、非常に狭いスペースに詰め込まなければいけないので
本来思っていたような造形を実現できないことが多々あります(>_<)
ま、いずれにしましても私の技術不足ではありますが。


さて、前置きが長くなりましたが、
今回エンジンの側面として使用するパーツは
ホットウィールの↓こちらのパーツで、

rodstar29.jpg

黄色の丸で囲った↑エンジン部分だけを切り取って使用します。
※(他の部分もまた別の機会に使用する予定です)

rodstar30.jpg

↑余分な部分をヤスリで削り落とします。
そしてこのままでは幅が広すぎますので、
縦に半分に切って幅を詰めます。

rodstar31.jpg

↑ライトとグリルのパーツをシャーシに取り付けて、
そのグリルの裏側に、エンジンのパーツを接着します。
このエンジンのパーツは、中が空洞の状態ですので
チョロQのモーターを押さえている爪の上に
上手く被さって覆うような形で載っています。
このような構造にすることによって、スペースを節約しています。

rodstar33.jpg

↑続いてエンジンの上部を取り付けます。
エンジンがムキ出しのロッダーなら、
エンジンの高さを気にしなくてもいいですが、
今回の車は、いちおうエンジンフードも作ろうと思っていますので
あまり高くすると、フードが被らなくなりますので
このような感じで、ヘッドはペチャンコな仕様となりました(^ ^;)

ちなみにこのメッキパーツは、エンジン用のものではなく
とあるホットウィールの運転席に付いていた
何かよく分からない謎のパーツを加工して作りましたw

rodstar36.jpg

そんな感じで↑エンジン上部が完成しました☆
チョロQのモーターとも、色や質感が合っていて
一体感が出て良かったなと思いました♪

rodstar37.jpg

続きまして、エンジンの下の部分の制作ですが、
まず黒のプラバンにドリルで小さな穴を4つ開けまして↑

そこへ↓こちらのハンダを挿し込みます。

rodstar39.jpg

今回はいちおう0.8ミリと1.2ミリを用意しましたが、
他の部分とのバランスを見て1.2ミリを使用しました。

なぜハンダなのかと言いますと、一般的な針金に比べて
ハンダは柔らかいので、曲げたりする加工がしやすいからです。
それに表面の質感も車の排気管にちょっと似ているかなと。

rodstar40.jpg

こんな感じに挿し込みました↑

rodstar41.jpg

直刃の爪切りで適当な長さにカットします↑
ハンダは柔らかいので切断も簡単です☆

そしてこのパーツをエンジンの下部に取り付けて
シャーシと、上部の赤いパーツと接着します。

rodstar42.jpg

そして1本だけ長いやつをクルッと曲げて
後部へ流したらエキパイの完成です☆

とまあ、こんな感じでエンジンが出来上がりました。
次回はフードとか諸々を作っていきたいと思います。


| コメント:0 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター3)

今回はタンクの取り付けをします。

rodstar45.jpg

使用するのは↑こちらのエコーモデルさんのパーツ。
本来は鉄道模型に用いるパーツのようですが、
形状もサイズ的にもピッタリなので流用することにしました。

rodstar46.jpg

これをシャーシのフロント先端に取り付けます↑
ネジ穴を残しておいたのは、これを取り付けるためです♪

rodstar51-2.jpg

こんな感じで↑穴にピッタリと収まりました。
形状も幅もちょうどいい感じです☆

rodstar49-2.jpg

私は普段チョロQに、金属のパーツはあまり使いませんが、
今回はこのパーツの金属の質感と、造形の出来が良かったこと、
そしてフロント先端に付けることによって、
発進時にフロントが浮き上がるのを防ぐ重りの役割りを
多少なりとも果たしてくれるかなと思ったからです(^ ^)

rodstar51-3.jpg

最終的に、このパーツは、
ヤスリで表面を同一方向に磨いて
ビレットっぽい?質感にしました☆
これは金属パーツならではの効果ですね。


| コメント:0 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター2)

前回からの記事の続きで(→前回の記事
ロードスターの製作過程です。

rodstar14.jpg

前回、シャーシとモーターが出来上がりましたので
↑それを組み合わせました。

rodstar21.jpg

↑前輪の車軸には隙間がありますので
ここにアルミのスペーサーを入れることにします。

rodstar22.jpg

↑ちょうどサイズ的にもピッタリ収まりました☆
ちょっとブレーキディスクっぽい感じにも見えたり、
金属がキラリと光るので、足下のアクセントにもなるかなと。

rodstar23.jpg

スペーサーとしては↑このような感じで
シャーシが前方に向けて斜めになっていますので
シャーシとホイールの間に入って滑りを良くして
ホイールがスムーズに回転するようにしてくれています。

rodstar15.jpg

続いてはリアですが↑
フェンダーの高さを調節するためのパーツを
プラ棒で作って取り付けます。

rodstar16.jpg

こんな感じに取り付けました↑

rodstar17.jpg

フェンダーを載せると↑こんな感じです。

rodstar18.jpg

横から見た様子です↑
チョロQは後輪が大きいので、それに合わせて
リアにボリュームがくる感じにしています。

rodstar19.jpg

車高も少し前下がりで↑ホットロッドっぽいかなと。

rodstar24.jpg

リアフェンダーはとりあえずシャーシに仮留めして
(パテ的に使える黒い接着剤を使用しています)
続いてフロントフェンダーの位置を決めます。
今回は後ろ側から順にパーツの位置を決めていくことにしました☆

rodstar25.jpg

フロントフェンダーはこんな感じでしょうか↑
これもとりあえずマスキングテープで仮留めしています。

rodstar26.jpg

続いてボディを載せてみました↑
するとボディが少し長すぎるような気がしましたので、

rodstar28.jpg

ドアのラインに沿って切断して↑長さを詰めることにしました。

rodstar28-2.jpg

接合部分には裏側から↑いつもの繊維を貼って
強力接着剤を流し込んで補強します。

rodstar28-3.jpg

ボディの表面は↑不要な凸部などを削り取って形を整えます。

では次回はエンジンを作っていきたいと思います☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター1)

チョロQ学園さんの改造コンテストの
今年度、第二期のテーマは「ロードスター」
ということで、私も何か作ろうと思っていたのですが、

日本でロードスターというと、ユーノスのイメージが強いので
なんとなくNDロードスターをベースにしたカスタムばかりを
考えていたところ、、、

皆さんの投稿されている作品たちを見て
あ、そう言えば、ロードスターは広い意味では
2シーターのスポーティなオープンカーのことなので、
べつにNDに縛られなくてもいいかなと思いまして(^ ^)
ホットロッドとかローライダーが好きな
私らしい車を作って応募しようと思い直しました♪

というわけで、今回は ちょっとホットロッドっぽい
ロードスターを作ってみようかなと思います☆
イメージ的には↓こんな感じでしょうか。

rodstar0-1.jpg

rodstar0-3.jpg

これらは1932年あたりのフォードなどの
ロードスターをベースにしたカスタムカーです。

実は以前から作っている作品に
ハイボーイスタイルのものがありますので、
今回はフルフェンダー仕様の、少し大人しい?
落ち着いた感じのロッダーにしようかなと思っています☆

で、この写真の車たちもそうですが、
こういう車は前輪がかなり前方にありますので、
チョロQの通常のシャーシに合わせますと
全長が凄く短くなって、バランスが悪くなりそうなので、
今回はロングホイールベースのシャーシを使って
制作したいと思います。

rodstar1.jpg

というわけで、ベースとなるシャーシは
↑こちらのF1のAシャーシを使おうと思います。

丁度いい感じのロングホイールベースですし、
載っているエンジンもRSマグナムということで、
ホットロッドにピッタリではないかと☆

rodstar2.jpg

ちなみにこのF1のボディは↑こんな感じで
破損している状態のジャンク品を格安で購入したものです(^-^)v

rodstar5.jpg

続きましてボディですが、カプセルプラレールの
トーマスのシリーズのトップハム・ハット卿のセダン(青)と
ジャンクのホットウィールのプラフェンダーを使用します。

rodstar6.jpg

どちらもプラスチックなので↑簡単に加工できます。
青い車は屋根とフロント部分は要らないので切り取って、
フェンダーは真ん中で切って長さを詰めています。

rodstar3.jpg

で、ここで問題が発生。F1のシャーシから
モーターを外そうとすると、経年劣化が酷かったのか
シャーシが真っ二つにバキッと折れてしまいました(涙)

で、仕方がないので急遽Bシャーシを使うことに↑
まあ結果的に、造形面でBシャーシのほうが曲線的で
後々都合が良かったわけですが☆

rodstar4.jpg

今度は割れないように↑裏側から
例の黒いプラバンで補強しました。
(光っているのはテープの跡です)

black-surfacer1-2.jpg

そして全体に黒のサフェーサーを吹き付けています。
以前にも書きましたが、この黒のサフェーサーは
質感とか光沢具合がいい感じで気に入っています☆
ZEROのシャーシに少し似た雰囲気に仕上がるかなと思います。

rodstar12.jpg

で、そのシャーシに↑またモーターを搭載するわけですが、
ここでまた問題が発生。このモーターは初期のF1に
積んであったものなので、車軸が凄く細いんですよね。

rodstar7.jpg

今回使おうと思っているタイヤが↑
BTTF3のデローリアンのレトロタイプのホイールなので
車軸に挿してみるとスッカスカで。(^ ^;)

なので↑ZEROのモーター(左)の車軸と
交換することにしました。

rodstar8.jpg

パンサーエンジンとは、よく交換していますが
マグナムエンジンと交換するのは初めてでしたが、
基本的には同じサイズなので、無事に交換終了!

rodstar10-2.jpg

↑車軸が太くなった分、穴も広げてあります。
青い丸で囲んだ部分です。右側と比較してください☆

rodstar9.jpg

↑左が今回交換したモーターで、右が通常品です↑

rodstar11.jpg

では次回はいよいよ組み立て開始です。
今作は赤と黒を基調に構成しようと思っています☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (21)
日々のこと (114)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (59)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (9)
ルノー関係 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR