ドラゴンハース その3

さて、今回はチョロQの宮型霊柩車の
お宮の部分の制作過程をご紹介したいと思います。

dragon-hearse01_20140131215721f96.jpg

多くのパーツを↑こちらの建物の模型から流用しました。
ちなみにお宮の屋根のメイン部分は、赤丸のパーツを使います。

dragon-hearse02.jpg

そして屋根の破風と呼ばれる部分ですかね?は、
この大きな屋根の↑赤丸の部分を切り取って使うことに。

dragon-hearse03.jpg

側面は↑こちらのパーツを使用して
赤いラインのように両サイドを切り取って使います。

dragon-hearse04.jpg

そしてお宮の後ろの扉は↑こちらのパーツから。
サイズ的に余分な部分(赤いラインの部分)を切り取ります。

dragon-hearse05.jpg

このパーツは↑お宮の外側にある手摺の部分に使います。

dragon-hearse21.jpg

そしてパーツ(左)に曲面追従シート(右)の金色を貼っていきます。

本当は中央から順に外へ伸ばすように貼っていくのだと思いますが
なにせパーツが小さいのと、私が不器用ということもあって
右を貼れば左が浮いて、左を押さえたらまた右が浮いて、
みたいな状態で(苦笑)なかなか上手く貼れないので、
とりあえず全体的に柔らかく貼って、まず周囲を固めて
ある程度固定できてから細部を出していく、というやり方で貼りました。

dragon-hearse22.jpg

↑まず全体的にフワッと貼って、

dragon-hearse23.jpg

↑周囲と主だった部分を貼って、

dragon-hearse24.jpg

↑爪楊枝などで細部を貼っていく、みたいな感じです。

dragon-hearse31.jpg

やり方として間違っているかもしれませんが、
この追従シートは凄く伸びますので
今回のような小さなパーツでは、このやり方でも
十分に細部まで行き届いてくれました☆

dragon-hearse28.jpg

で、プラ棒で作った柱(左のパーツ)と組み合わせます。
壁と柱で変化をつけるために、柱にはシートを貼らずに
金色の塗料で塗りました。

dragon-hearse29.jpg

そして出来上がったのが↑こちら。
これがお宮の側面になります。

dragon-hearse26.jpg dragon-hearse27.jpg

↑後ろの扉にも同様にシートを貼りました。
けっこう思いのほか模様が細部まで出てくれました♪


次回につづく

スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

ドラゴンハース その2

2013年の秋に発売されたプレジデントのチョロQ。
今回はこれをベースに宮型霊柩車を作っていきます。

dragon-hearse0.jpg

まず↓この金メッキソアラのホイールをはかせます。

dragon-hearse1.jpg

すると↓こんな感じに☆

dragon-hearse2.jpg

バブルの頃、夜の街に行くと、
こんな感じのプレジデントを見かけたようなw

dragon-hearse3.jpg

ま、それはさておき↑後ろをバッサリとカット。

dragon-hearse13.jpg

↑これは厚紙で荷台になる部分の型をとっているところ。
右に写っているのはお宮の屋根になる部分ですが、
お宮についてはまた後で製作過程を載せたいと思います。

dragon-hearse9.jpg

次にプラ棒で柱を作ってシャーシに接着↑
この上にはプラ板で作った荷台が載ります。

dragon-hearse11.jpg

最終的に↑このような状態になって
プラ板の荷台をプラ棒の柱が支える構造ですが
この2つのパーツは接着せず、
柱はシャーシに、荷台はボディに接着します。

dragon-hearse10.jpg

真横から見ると↑こんな感じです。

dragon-hearse6.jpg

↑細かいことですが、(ボディを被せてみると)
プラ棒の白い柱がタイヤハウスの隙間から見えて
ちょっと気になったので、側面を黒色に塗っておきました。

dragon-hearse7.jpg

↑屋根を半分切ったので、ボディの強度を考えて
いちおう背板(青い矢印の部分)をプラ板で作って付けてみました。

荷台を載せるにあたって、赤い矢印の部分を平らにカットしました。
この部分も荷台を支える役割りになります。

dragon-hearse17.jpg

で、荷台を金色に塗装して載せました↑
上に載るお宮が木目なので、それに合わせて
この金色は筆を使って木目調に塗ってみました。

また、切りっぱなしだったキャビンには、
ボディの強度を考えて、プラ版で背板を作ってみました。
この状態で見るとプレジデントのピックアップみたいですねw

さて、これで下の部分は完成です☆
次回は上に載るお宮の製作過程をご紹介したいと思います。

| コメント:0 | BACK TO TOP |

ドラゴンハース その1

久々の更新です。
あ、そう言えば今年になってから初めての投稿ですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

チョロQのカスタムの近況を報告しますと、
シェビーバンのキャンパーは、カスタム以前に
思いのほかレストア箇所が多くて止まっている状態です(>_<)

620のダブルピックは、やっと屋根の加工が終わりました。
よりダブルピックのルーフに近い形にしようと、こだわっていたら
なかなか作業が進みません。また近々ルーフをお見せできると思います。

で、そんないろいろ途中の状態ですが
友人に頼まれまして、霊柩車のチョロQを作ってみましたので
(コンテストをご覧の方は既にご存知かもしれませんが)
とりあえず先に、その完成品をアップしておきたいと思います☆

(以下の3つの画像はクリックで拡大します)
choroQ-hearse1.jpg

宮型霊柩車ということで、改造コンテストには
「宮型霊Q車」というタイトルで応募しましたが
ここでは今後も宮型霊柩車を作ることを想定して
「ドラゴンハース」という表記にさせていただきます。

さて、まずボディですが、ちょうどZEROから
プレジデントが発売されましたので、それをベース車にして、
実際のプレジデントの霊柩車を参考にして制作しました。

チョロQ霊柩車

お宮の部分はお城などの模型のパーツを組み合わせて作りました。
龍は小さなドラゴンのフィギュアを加工して取り付けました。
ホイールはDU版が出たら取り替える予定ですが、
とりあえず金色に合わせて金メッキのソアラのものを履かせています。

choroq-reikyuusha.jpg

日本では霊柩車のオモチャはタブーという風潮がありますが、
これは葬儀社に勤める友人にプレゼントするために制作したものですので、
決して不謹慎な気持ちで作ったのではないことをご理解いただけると幸いです。

なお、次回からこれの制作工程の様子をご紹介しようと思います。

| コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (21)
日々のこと (114)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (59)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (9)
ルノー関係 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR