30年を経て知ること。

私は30年以上前からリアルタイムでチョロQを買ってきましたが
しかしコレクターというわけではないので、
実はチョロQについてあまり詳しく知らないことが多いです。

また模型の雑誌とかも買ったことがなく
チョロQの本も過去に1、2冊買った程度なので、
初期のものがA品番と呼ばれているとか
珍しいものにプレミアがついているとか
そういったことは、わりと最近になってから知りました。

そんな私にとって、とても参考にさせていただいているのが
チョロQ学園を運営されている
すみやさんの「チョロQ研究序説」というブログです。

例えば↓こちらは一昨日の記事ですが
http://ameblo.jp/choroq/entry-11833571420.html

フェラーリ512についての解説が載っていました。

choroQ-Ferrari1.jpg

このフェラーリはリアが開閉するのは知っていたのですが
黄色が先に発売されましたので、その時にリアを開けたので
後に青が発売された時には、リアを開けませんでした。
なのでエンジンも、ちゃんと塗装されていることを
今日まで知りませんでした。勿体無い~。

choroQ-Ferrari2.jpg

↑そして、すみやさんの解説通り
ボディサイドのシールは磨耗して剥げています(>o<)
あと30年早く、すみやさんのブログを知っておきたかったです(笑)

choroQ-Ferrari3.jpg

ちなみに黄色はこんな感じで↑エンジンは塗装されていません。
当時、このレモンイエローみたいな黄色が
綺麗だなあと思って買った記憶があります。

しかしこの青と金のメタリックは、
色合いも華やかですが、塗装自体も綺麗ですよね~!
この時代のオモチャとしては かなり美しい塗装ではないでしょうか。

ちなみにこの車、あるサイトで5万円以上の
値段がついていてビックリしました!何故!?
買った時は350円だったのにねw


そしてそして↓このチョロQについても!

choroQ-Stratos1.jpg

こちらも子供の頃に買ったチョロQですが
後ろの2台とかは、よく見かけるのですが
真ん中の赤はあまり同じのを見かけたことがなく
本やネットとかで調べても全然情報がなくて謎だったのですが
この車についてもすみやさんのブログに掲載されていました!

こちら↓
http://ameblo.jp/choroq/entry-11745333159.html

どうやら薬品メーカーの(タイアップ物!?)チョロQだそうで
コインホルダーに書かれている「二フラン」が名前のようです。

choroQ-Stratos3.jpg

フロントのステッカーにも「NIFLAN」の文字。
二フランというのがお薬の名前なんですかね。
スピーディー二フランと書かれていますので
「早く効く二フラン!」みたいな感じの広告なのかな(^ ^)
「NIFLAN」で検索してみましたが、いろいろなお薬が
あるみたいなので、どれかよく分からないですね。

choroQ-Stratos2.jpg

その下にはYOSHITOMIという表記があるので
発注したのは吉富薬品さんですかね?
今でこそ企業広告のチョロQはたくさんありますが、
この時代としては珍しい商品なのではないでしょうか。

これを入手した当時の私は、そんなことは分かるはずもなく、
ただこのカラーリングがカッコイイなと思っていました。
子供の頃から赤や黄色やオレンジが好きだったなあと思います。
だたこの車をどこでどこのように手に入れたのかは覚えていません。

まあこれがレアであろうと無かろうと
私にとって子供時代の大切な思い出であることに変わりありません。

そんなわけで、購入から30年近く経って
すみやさんのブログのおかげで
いろいろな謎が解決しました♪感謝☆

スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

夜道の表現

diorama-asphalt35.jpg

今日はジオラマ(と言うほど大袈裟なものではありませんが)
を作る際のアイデアを1つアップしておこうと思います。
(今回の写真は全てクリックで拡大します)

私は模型とかの世界は全く無知ですので、もしかしたら
「そんなことは当たり前で、みんなやってるよ!」
という内容かもしれませんが、ふと思いついたので
自分への備忘録的に書いておきたいと思います(^ ^)

さて、チョロQを撮影する上で気になるのが背景の処理ですが
アップで撮ってしまえば、後ろの景色はある程度は誤魔化せますが
なかなか誤魔化せないのが地面です。
私はいつも普通の机で撮っていますので「何か味気ないな」と感じていました。
というわけで今回、アスファルトの地面を作ってみることにしました。

diorama-asphalt1.jpg

というかホームセンターで↑この紙ヤスリを見ていて
なんかアスファルトっぽいなと思ったのでした(^ ^)

いろんな番号を試してみましたが、私の好みとしては
この240番が一番、チョロQのサイズに合わせた時に
アスファルトっぽく見えるかなと思いました。

ポイントとしては、この表面の色合いと
光が当たった時の粒の細かさですね。

ちなみに今回作りたいのは夜の風景で、
外灯がアスファルトに反射してキラキラ光っている、
あの感じを出したいなと思っています。
なので昼間のアスファルトだと、
この240番は少し光りすぎかもしれません。

diorama-asphalt2.jpg

で、まず↑この紙ヤスリを厚紙に貼り付けます。

そして道路っぽく見せるために
ワンポイントというかアクセントというか
いちおう白線を書いておきます(^ ^)

diorama-asphalt3.jpg

白線の幅はチョロQのサイズ感に合わせて
↑こんな感じでマスキングが完了。

次に色ですが、「白線」という名前ですが
実際、白色なのは舗装後1ヶ月程度でw
私たちが道で見かけるほとんどの白線は
汚れたり剥げたりして黒ずんでいます。
なので、そんなリアルな感じを出すために
今回は白色ではなくグレーで描きました。

diorama-asphalt4.jpg

そしてラインは陰影の効果を考えて、中央は明るく
端にいくにつれて暗くなっていくように影をつけます。

diorama-asphalt5.jpg

影は↑このようにドライブラシ風に筆を使って
道路の汚れをイメージして描いていきます。
これが後で良い効果になってくれることを期待しますw

diorama-asphalt6.jpg

↑マスキングを剥がして出来あがり♪

diorama-asphalt7.jpg

次に↑適当なダンボール箱を用意して
中は全て艶消しの黒い紙を貼ります。

diorama-asphalt8.jpg

↑そして先程のお手製アスファルトを敷きます。

diorama-asphalt9.jpg

で、天井に穴を開けて↑その上に懐中電灯をセットします。
今回は白っぽい光と、ある程度の光量が欲しいので
LEDのライトを使っています。
そして中にチョロQを置き、前から撮影すると

diorama-asphalt14.jpg

↑こんな感じになります♪

どうでしょうか。
夜のアスファルトの感じが少しは出せたかなと。

今回はとりあえず作ってみただけですので
箱のサイズも小さく簡易なものとなっていますが
また天井の穴も適当に開けたので、
ちゃんとした丸ではないので光がぼやけていますが、
ちゃんとした円形の穴を開けて、且つ地面とライトの距離なども
しっかり調整すれば、かなりスポットライトみたいな感じに
出来るのではないかなと思います☆

diorama-asphalt10.jpg

ちなみにライトの前に↑このような色付きのセロハンを置いて
オレンジ色の外灯の雰囲気も作ってみました↓

diorama-asphalt25.jpg

diorama-asphalt29.jpg

よく高速道路とかトンネルの中にある外灯のイメージなんですが
どうでしょうか。

diorama-asphalt37.jpg

そして先程の白線も良いアクセントになっているかなと。
↑汚れ具合もいい感じにリアル感が出たかなと。

diorama-asphalt28-2.jpg

白線が無ければ車が闇に浮かんでいる感じになりますが
白線があることによって、より道路の雰囲気が出ますし
しっかり見えなくても、暗闇の中に地面があり
道が奥へ繋がっている感じが出るかなと思います。

上にも書きましたが、私は夜の地面に外灯が反射して
キラキラ光っている、あの感じがとても好きなんですよね~☆
そんな雰囲気が少しでも出せたらいいなと思います。

diorama-asphalt21.jpg

ジオラマとしては↑夜のストリートの雰囲気の演出や

diorama-asphalt18.jpg

↑ナイトレースの雰囲気にも使えるかもしれません。
もう少し大きな規模で作れば(ライトの数も増やすなどして)
夜のル・マンみたいな雰囲気も出せるのではないかなと思います。
ちなみにこの写真は↑三脚を付けてセルフタイマーで撮影したもので

diorama-asphalt17.jpg

こちらは↑普通に手持ちで撮ったもの。
こういう写真は、ピントが合っているよりも
多少、手ブレがあるほうが、臨場感があっていいかもですね!?

私は普通のデジカメで撮っていますので、
良いカメラをお持ちの方は(あるいは腕の良い方は)
もっと綺麗に撮れるだろうなと思います。
私はカメラも全く素人ですので、まあこんな感じで精一杯ですw

以上、紙ヤスリを使った夜のアスファルトの表現でした☆


尚、上記のアイデアは、私が試してみた過程を紹介しているだけですので
もし実践される場合は自己責任でお願いいたします。
| コメント:0 | BACK TO TOP |

ホイールのカスタム(ムーンディスク編)

実車のカスタムでは、車高とホイールが決まれば
あとは何とかなるのではないか?なんて思っているほどw
私はホイールというアイテムを重要に思っているのですが、
チョロQではそのホイールの種類が実車に比べると少ないので
カスタムする際にイメージ通りのホイールが無くて困ることがあります。

しかし無いものは仕方ないので、工夫とアイデアで
なんとかイメージに近いものを作れないかな、と思うのですが
今回はそんなホイールカスタムのメジャーパーツ
ムーンディスクについてのアイデアを書いてみたいと思います。

choroQ-moondisc1.jpg

さて、ムーンディスクと言えば↑こちらのサニトラが履いている
ムーンアイズさんの代名詞のようなホイールキャップなわけですが
(ホイールキャップという言い方で合ってますかね?)

choroQ-moondisc2.jpg

実際はビレットというかポリッシュというかアルミ色というか
ここまで鏡面な感じではないですが、チョロQではいちおう
↑これがムーンディスクということになっています。

で、このムーンディスクを他の車に履かせたい時に
いちいちムーン仕様のサニトラや箱スカバンを買っていたのでは大変ですので
今日はお手軽にムーンディスクっぽいホイールを作る
カスタムアイデアを載せておこうと思います☆

choroQ-moondisc4.jpg

↑こちらはメタルスタッズ6mmという商品で
アイロンなどで布に付けたりできるので
もともとは手芸パーツなのだと思いますが
最近では、携帯電話をデコったり、ネイルアートに使われたりと
いろいろなシーンで活用されているようです。
お値段は、ネットなどを見ていると様々ですが、
数十個~数百個入りで数百円程度で売られています。

choroQ-moondisc5.jpg

そしてこれを単体で形を見てみると↑
表面のラウンド具合といい、側面に回り込む厚みの感じといい、
まさにムーンディスクな形をしていると思いました☆

choroQ-moondisc6-2.jpg

裏面は↑このようになっており、
アイロンでなくても普通に接着剤も使えますので
これをチョロQのホイールに被せます。

choroQ-moondisc6.jpg

で、被せるホイールですが、ホイールによっては
上手く合うものと合わないものがあるようです。

写真の左のは昔の5スターホイールで
右のは最近の5スターホイールなんですが、
最近のほうには、付けれないことはないのですが
ちゃんと収まっていない感じがありました(・_・;)
そして昔のだと、少しリムが深いからか

choroQ-moondisc7.jpg

↑こんな感じでジャストサイズに収まりました♪(^o^)
ホイールのメッキのリムが少し見えているのも
実車と同じ仕組みなので、リアルでいいかなと思います。
(実車の場合もホイールにディスクを被せていますので)

choroQ-moondisc17.jpg

試しにビートルに履かせてみました♪
ボディが黄色だからかもしれませんがw
やはりビートルにムーンディスクは似合いますね☆

※(このビートルはローダウンしてないので
この画像はタイヤにボディを被せているだけです)


choroQ-moondisc8.jpg

ちなみにこのメタルスタッズには、いろいろなサイズがあります。
↑画像のは左から6mm、4mm、3mm、2mmです。

choroQ-moondisc9.jpg

4mmのものをzeroのスピードスター風ホイールに合わせると
choroQ-moondisc10.jpg

リムが深いので↑こんな感じになって
ちょっとベビームーンぽい雰囲気になります。(^ ^)

choroQ-moondisc11.jpg

前輪、後輪、並べると↑こんな感じです。

choroQ-moondisc12.jpg

斜めから見た時に↑
ムーンディスクよりもリムの厚みが強調されます。

choroQ-moondisc18.jpg

同じくビートルに履かせてみました。
これはこれで可愛いかなと♪
※(これもタイヤにボディを被せただけです)

choroQ-moondisc13.jpg

あるいはこの2種類を組み合わせても面白いかもしれません。
↑こちらは前をムーンディスク、後ろをベビームーンにした様子。
ドラッグレーサーなど、後輪の厚みを強調したい時に有効かもしれませんね☆

choroQ-moondisc14.jpg

そして↑前をベビームーン、後ろをムーンディスクにした様子。
こちらは後輪の大きさを強調したい時に良いかもしれません。

choroQ-moondisc15.jpg

↑余談ですが、3mmのものを鉄っちんホイールに合わせると

choroQ-moondisc16-2.jpg

↑こんな感じで、鉄っちんにハブキャップみたいな雰囲気になります。
鉄っちんに色を塗れば、さらに雰囲気が出るかなと思います。
これは日本の旧車やヨーロッパの旧車などにも似合うかもしれませんね。

choroQ-moondisc19.jpg

その他、デコパーツには↑このようなものもあって、
私はいろいろなサイズや形や色のものを集めているのですが
また追々、これらを使ったアイデアも載せていきたいなと思います。


尚、上記のカスタムアイデアは、
私が試してみた過程を紹介しているだけですので
もし実践される場合は自己責任でお願いいたします。

| コメント:0 | BACK TO TOP |

プレジデント青

プレジデントの青を買ってきました。
シルバーもそうでしたが、思っていたよりも少し濃いですね。
まあ、このブルーメタリックも渋くて良いですが。

純正のスターホイールも似合っていると思いますが
この車をネットの画像で見た時から
このホイール↓が似合うのではないかなと思っていました。

president-blue1.jpg

president-blue2.jpg

というわけで付け替えてみました。
このホイールは、タルガさんの24hシリーズの
パトカーについていたものですが、
高級感のあるプレジデントに、メッキのワイヤーが
いい感じなのではないかなと思います♪

president-blue3.jpg

ゼロのモーターとSTDのモーターの車軸の位置の違いも
この車の場合、そんなに気にはならないかなと思います。

president-blue4.jpg

president-blue5.jpg

↑この画像は、タイヤにボディ被せただけですが
こんなふうに、少し車高を落としてもカッコイイかもしれません。

で、イメージとしては、マイアミバイスなど昔のアメリカ映画に出てくる
富豪の車、もしくはマフィアのボスの車、みたいな?感じで
ルーフの部分(DU版のレザートップの部分)を白とかに塗装すると
より雰囲気が出るのではないかなと思ったりしています(^ ^)

フォーマルな感じのプレジデントもステキですが、
アメリカンテイストも感じられる顔立ちなので、
キャディラックをイメージしたようなカスタムも
似合うのではないかなと思います☆

| コメント:0 | BACK TO TOP |

不人気!?

今日は久しぶりに某量販店へ
買いそびれていたzeroのプレジデントと
ジムニーの新色を買いに行ってきました。

で、チョロQの売り場を見て、ふと気になったのが、
ローレルのSGXが異常にたくさん並んでいたこと。

もしかしてローレルが凄い人気なのかと
通りかかった店員さんに尋ねてみると、
答えはその逆で(^ ^;)
このお店では、どうやらあまり人気がないようで
売れ残ってしまっているのだとか。

その中でも特に4番目のシルバーは不人気だそうで、
その店員さんの分析によると、ダットラなどは4番目に
ある意味、鉄板ネタ的な?サービスカーカラーをもってきていたので
店頭に並ぶとすぐに完売してしまったそうですが、
ローレルは3番目のDU版が、ホイールが凝っていたり
ウィンドウに「ゆっくり走ろう」というステッカーがあったりと
とてもマニア心をくすぐるものだったのに対して、
4番目はシルバーにシルバーの色差しで色味が少なく
ちょっと地味に見えてしまったのかも!?とのことでした。

ちなみにその店員さんは、偶然にもチョロQを担当している人で
個人的にもチョロQが好きだそうで、チョロQへの思い入れを
熱く語ってくださいました。
販売店にこういう店員さんがいてくれるのは嬉しいことですね☆

そして私も趣味でチョロQを改造していることを話すと、
「ぜひローレルのチョロQの人気が出るようなカスタムをしてください!」
とお願いされました。

と言われても、カスタム初心者の私にそんな大役は無理ですが(^ ^;)
でも私も元々SGXという車が好きで、そしてチョロQになったSGXも
凄く特徴を捉えていてカッコイイと思いますので、
このカッコ良さを皆さんにも分かってもらいたいなぁと思いました。

そんなわけで、店員さんと話が盛り上がったこともあって、
「人気がないなら私が買いましょう!」なんて、いいかっこをしてしまってw
カスタム用も含め、シルバーを2台買ってしまいました。(>o<)

まあ、いつになるかは分かりませんが
また時間がある時にでも改造してみようと思います☆

SGX-RYU1.jpg

| コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (112)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (49)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DILL-BuddyL (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR