露雨麗流(ローレル)4

前回までは主に車高の話が中心でしたので、
今回はボディ側の工程を載せたいと思います。

今から5年くらい前ですかね、
知人のお寺にある↓この絵を拝見しまして

Laurel3-45.jpg

凄くカッコイイなと感動したのですが
ふと、もし族車にこんな絵が入っていたら
凄い迫力が出るんじゃないかな?
なんてことを思いつきました(^ ^)
その当時はヨンメリをイメージしていたんですけどね。

それから数年経って、そんな記憶も薄れかけていた頃、
宮型霊Q車を作ることになって(→こちらの記事
龍のオブジェを使ったのですが、その際に
龍の造形がカッコイイことにまたあらためて気づきまして
次はペイントで龍を表現した車を作りたい!と思い
数年前に思い描いたカスタムと結びつきました☆

そして偶然にもチョロQzeroが誕生したのも辰年ということで
zeroの発展も願って、勢いのある龍を描いてみようと思いました。

しかし一言で龍のペイントと言いましても
どんなふうに龍を描くか、どのように龍の形を入れるかで
出来上がるイメージはずいぶんと変わってくると思います。

というわけで↓イメージスケッチを描き
いろいろな模様のパターンを考えました。

Laurel3-39.jpg

また、平面で考えているだけでは
立体的なボディに描いた時のイメージは分かりませんので
チョロQに透明のフィルムを貼って、その上からペンで模様を描き
模様の大きさや、どんなふうに模様が繋がると良いか?など
実際にボディに描きながらイメージを膨らませました。

で、模様の構図が決定すると、それを一旦撮影して
フィルムを剥がします。そして撮影した画像を見ながら
いよいよボディに直接、下絵を描いていきます。

Laurel3-40.jpg

↑まずは輪郭線から。
今回はボディの銀色を活かすというのが
テーマの1つでもありますので(→こちらの記事参照
剥離などはせずに、銀色の上から描いていきます。
(それにボディが薄すぎて剥離なんて無理ですしねw)

Laurel3-41.jpg

↑続いてベースの銀色より少し明るめの銀色で
ハイライトの部分を塗っていきます。
細部は後から修正できますので、まずは大まかな形、
そして全体のラインの繋がりを重視して描いていきます。
(ラインは龍のウネリを意識しながら描きました)

Laurel3-42.jpg

Laurel3-43.jpg

↑続いて鱗を描いていきます。

Laurel3-44.jpg

↑まずは左半分の模様の下絵が完成しました。
(この写真はクリックで拡大します)

Laurel3-46.jpg

↑続いて右側。
左側と同じようにラインを描いて、

Laurel3-47.jpg

↑鱗を描いて、

Laurel3-48.jpg

↑細部の陰影をつけていきます。

Laurel3-49.jpg

↑SGXは抑揚のあるボディ形状をしていますから
その形を活かすような感じで模様を描いていきます。
特にこの車はブタケツの愛称もあるくらいですから、
この盛り上がったリアのフェンダー周囲は
模様でさらに形が強調されるように心掛けました。

Laurel3-56.jpg

↑いちおう画龍点晴を信じていますので(^ ^)
最後に龍の目を入れて、ペイントが完成です~☆

写真では小さくて分かり辛いかもしれませんが、龍の目は赤色で
これは下地に銀色を塗って、上からクリヤーの赤を塗ることで
赤色の発色を良くして、目が少し光るような感じにしています。

Laurel3-57.jpg

↑フロント部分のアップです。(この写真はクリックで拡大します)
鱗1枚1枚にも陰影をつけていますが
龍の体全体としても陰影をつけて、端に行くにつれて暗くなるようにするなど
龍が暗闇に浮かび上がるようなイメージで着色しています。

Laurel3-51.jpg

↑いちおうフロントからリアにかけて
そしてリアで折り返しルーフへと
龍の模様が繋がっているように描いています。

Laurel3-52.jpg

↑ルーフの角の部分とかフェンダーの上の部分とか
デカールなどでは表現しにくい(私の技術的にw)3Dな部分にも
模様が入れられるのが、ペイントならではかなと思います。

Laurel3-53-2.jpg

↑視覚的な効果(というほど大袈裟なものではありませんがw)を考え
ルーフの後端に少し模様を見せています。(青い矢印の部分)
まあ、微々たる効果ですが、こうすることによって
ルーフが少し低く見えるのと、赤い線で描いた形のように
SGXの四角い屋根が、クーペのように少しなめらかに見えることを期待して
ここにこのような形で模様が入るようにしています。

ボディサイドなども、前から後ろに行くにつれて
龍のウネリが大きくなるようにしていたりと
いろいろな部分で、いろいろな角度から見て
SGXの抑揚のあるボディラインを最大限に活かせるように
模様の入れ方にも工夫をしてみました。(^ ^)

Laurel3-50.jpg

↑これはトップコートを何重にもかけているところです。
後ろの龍たちも応援してくれているような気がしますw

今回、模様の塗膜に結構な厚みが出てしまいましたので
クリヤーを塗ってはペーパーで磨き、という作業を何回も繰り返し
表面ができるだけ平坦になるようにしました。
(乾き待ちもあるので、この作業に一番時間がかかったような気がしますw)

また普通よりもトップコートの厚みを分厚くすることで、前述のように
黒い海の中を、あるいは夜の闇の中を、龍が泳いでいるような
そんな雰囲気が出せればいいなぁと思いました(^ ^)

Laurel3-54.jpg

Laurel3-55.jpg

↑塗装が完成したところです。
いい感じに黒の艶が出たのではないかなと思います♪
今回は全体を黒、銀、赤、の3色に絞りたかったので
ウインカー類はオレンジにせずに銀色にしています。

完成した様子はまた後日、
いろいろな角度から撮影したものを掲載したいと思います。

次は、前後のウイング、そして窓の表現、
あとダミークーラーの制作過程などを
順にアップしていきたいと思います☆

スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

露雨麗流(ローレル)3

前回の記事で書いていましたように
フロントの車高を少し上げることにしました。

Laurel3-27.jpg

0.5ミリのプラ板をネジの左右に挟みます。
これでフロントが0.5ミリ上がることになります。

再びボディをかぶせてみると
↓こんな感じになりました。

Laurel3-30.jpg

Laurel3-29.jpg

Laurel3-32.jpg

微妙な変化かもしれませんがw
前回よりは少し後ろに仰け反った感じになりました。
いちおう車高はこれで決定ということにしたいと思います。

が、しかし。

ここで問題が発生しました。(*o*;)

今までちゃんと回転していた後輪(左)が回転しません!
どうやらボディ(ピラーの下あたり?)が干渉しているようです。
あれれ!?そこはクリアしていたはずなのに、なぜでしょう?

おそらくですが、先程フロントに板を咬ませた時に
接着剤の厚みか何かの0.0何ミリといった肉眼では分からないような差が
後方へ行くにつれて傾きが大きくなって
左後輪にボディが接触しているものと思われます。

Laurel3-35.jpg

というわけで、そこを悩んでも仕方ないので
0.3ミリのプラ板を(さらに削って厚みを微調整して)
左後方に取り付けました↑

なんだかサロンパスをいっぱい貼ってるみたいで(笑)
ちょっと痛々しく見えたりしますが(^ ^;)
まあ、補修しまくりですが、ベストな車高を求めると
こういった微調整は止むを得ないのかなと思います。

あと、微調整と言えば、フロントを固定しているネジも
↓このように削って短くしました。
(右がノーマルで、左が短くしたもの)

Laurel3-38.jpg

今回、かなり車高を落としていますので
ボディのネジ受けの部分もかなり削って短くなっています。
ですので、通常のネジだと長すぎてボディを貫通してしまうのでw
このような加工が必要になりました。

さて、ひとまずシャーシ側はこのぐらいで置いといて
次回はボディ側についてレポートしたいと思います☆

| コメント:0 | BACK TO TOP |

露雨麗流(ローレル)2

ローダウンのカスタム中のローレルSGXですが
前回はシャーシの改造が終わりましたので
今回はボディをいじっていきたいと思います☆

といいましても、毎回やっていることは同じですのでw
今回は作業内容は省かせていただきますね。

Laurel3-14.jpg

というわけで、内側をリューターで削って
内部が広くなったボディです↑
(作業については→こちらの記事をご参照ください)

Laurel3-16.jpg

↑今回はフェンダーの内側をかなり薄くしました。

Laurel3-17.jpg

↑リアタイヤの上の部分も、タイヤが干渉しないように
サイドウィンドウの下ギリギリまで削りあげています。
(もちろんウィンドウパーツの下部も少し削ります)

Laurel3-19.jpg

↑同じくフロントタイヤの上の部分(フロントフードの裏側にあたる部分)も
前輪が干渉しないように、タイヤの形に合わせて掘っています。

このような感じで、ローダウン化によって干渉しそうなボディの内側の部分は
削り取ったり、薄く加工したりします。今回は特にタイヤとボディの位置を
ギリギリまで近づけたいので、フェンダーの内側の部分などは
光が透けて裏側から塗膜がうっすら見えている状態です(^ ^)

ちなみにここまでボディを薄く削ると、
通常、チョロQのボディを机の上などに置くと
「コツン」といった音がしますが、
このボディは「カランカラン」という高音が響きますw

しかしあまりに薄いのは心配なので
多少の補強の意味も込めて内側を黒に塗りました(^ ^)

Laurel3-21.jpg

Laurel3-22.jpg

あと、中を黒く塗るのにはもう1つ意味がありまして、
ローダウンによってタイヤとフェンダーの間に隙間ができますので
そこから内側が見えても目立たないようにする効果もあります。

さて、このボディを前回完成したシャーシにかぶせてみます☆

Laurel3-25.jpg

Laurel3-24.jpg

Laurel3-26.jpg

おぉ~!車高はバッチリ下がりましたが、
そしてこの状態でちゃんと走行もできるのですが、
うーん... ちょっと低すぎかな!?(^ ^;)

これはこれでカッコイイと思うのですが
ちょっとアメリカンカスタムみたいというか
カスタムロッダーみたいな感じに見えるかなと。。。

一般的に車は前傾姿勢になると、スポーティな印象になりがちですよね。
この車にスポーティぽさは要らなくて(^ ^)
やはりオッサン車らしく、何か踏ん反り返ったような
ふてぶてしい感じ(もちろんいい意味でw)も欲しいので
次回、フロントを少しだけ上げようかなと思います☆

| コメント:0 | BACK TO TOP |

露雨麗流(ローレル)1

少し前の記事で、ローレルのシルバーを使ったカスタムを作りたい
という話を書きましたが(→こちらの記事)今回から数回に分けて
そのカスタムの様子を掲載したいと思います☆

Laurel3-7.jpg

何はともあれまずはシャーシの改造から始めます。
↑車高を落とす際に邪魔になる赤い矢印の部分を削り取りました。

ここまでは以前作ったSGXと同じです。
ローレルSGXの車高の落とし方の詳細は
→こちらの記事をご参照くださいませ。

そして前回のカスタムの反省点として、
リアのシャーシとボディの接合部分について
ボディ側を削ると、テールライトも削ることになるので
せっかくの横長でカッコいいSGXのテールライトを削るのは勿体無いので
今回はボディ側は削らずに、シャーシ側を一番下まで削ることにしました。
それが上の写真の青い矢印の部分です。

choroQ-laurelSGX-kansei8.jpg

↑こちらが前回のSGXですが、このクルマの場合は
コインホルダーを通常の位置(高さ)に残すことによって
ボディが下がったことを強調しようという意図があったので
これはこれでいいのですが、今回はできるだけ全体的に低く見せたいので
コインホルダーは一旦切断して、車高が決定された後に
バランスを見ながら一番良い位置に付けたいと思います。

Laurel3-2.jpg

↑こちらフロントですが、ローダウンによって車軸が上に上がりますので
補足する部分をプラ板などでパーツを作って取り付けます。
なぜこのようなパーツが必要なのかは「車高を下げる」をご参照ください。

Laurel3-4.jpg

そして↑こんな感じに車軸がはまります。

Laurel3-6.jpg

↑モーター側にも同じように補足のパーツを取り付けます。

つづいて後輪ですが、今回はボディを削らずに車高を落としたいので
しかしコインホルダーの下の部分を削るだけでは十分に落ちないので
「さらに車高を落とす」でご紹介しましたモーターの位置を上げる方法も
併用したいと思います。詳細は→「さらに車高を下げる」をご覧ください。

Laurel3-8.jpg

ただ、今回新しく追加したのが↑このパーツです。
前回のダットサン620では、段差がジャストサイズだったので
このようなパーツは要りませんでしたが、
今回のSGXでは少し隙間があるため、僅かなことですが
このようなパーツをモーターの下に敷いて高さを調整します。

Laurel3-9.jpg

で、ここにモーターを載せると↑

Laurel3-10.jpg

このように高さが揃いました↑
あとは620の時と同じように
上からこのモーターを押さえるだけですが、

Laurel3-11.jpg

たまたま他のオモチャを分解している時に
↑このようなパーツを発見しました。
そのオモチャでは窓か何かのパーツを留めてあったものなのですが
ネジの長さも板の大きさもここにピッタリです☆
しかもネジの頭には羽も付いていて、しっかり押さえてくれそうな形をしています♪
(色が初めから黒なのも、シャーシと同色なので有難いですね☆)

Laurel3-12.jpg

ネジのパーツに合わせて位置を決めて、シャーシに穴を開けます↑

Laurel3-13.jpg

↑モーターとシャーシを固定して完成です☆

| コメント:0 | BACK TO TOP |

coming soon

kari-up1.jpg

kari-up2.jpg

kari-up3.jpg

coming soon...




| コメント:0 | BACK TO TOP |

昔の本

GWは実家に帰り、いろいろな物を整理してきました。
その中で大量に出てきたのが車関係の雑誌や本など。

zasshi1.jpg

子供の頃から、何故かクルマの本だけは捨てれなかったので
約40年間分の蓄積が相当な量(1000冊くらい?)になっていました。汗

そんな本たちを整理しつつ、パラパラと中を見ていると
当時の感覚や思い出が蘇り、楽しい時間をすごすことができました。

zasshi5ゴクミと斉藤ゆき

1985年~86年あたりの「くるまにあ」です。
↑これは後藤久美子さんと斉藤由貴さんですよね?
30年近く前なので、さすがに若いですね~!

zasshi4.jpg

↑こんなものも出てきました☆
「よろしくメカドック」の塗り絵です。
これは中も面白かったので
また機会があればご紹介したいと思います。

zasshi2.jpg

そして↑こちらはストリートレーサー。
この号は族車と、トランザムやカマロなどのアメ車、
またそれらに影響を受けた和製ホットロッドなどが
バランス良く掲載されていました。

zasshi3.jpg

そして私が小学3~4年生の頃に
最も気に入って購読していた雑誌が
↑この月刊Autoマキシマム チューニングカーです(^ ^)

前述のメカドックとかもそうですが、
「チューニングカー」という言葉が流行った時代の本ですね。

いわゆるチバラギ仕様といった族車定番のカスタムから
クレスタ、マークⅡ、チェイサーに代表される
白いボディに白いフルエアロなカスタムが登場した時期の
族車にいろいろなスタイルが生まれた濃い時代の雑誌ですね☆

ちょうどそんな時代に多感な時期をすごしましたので
族車文化も私のカスタムのルーツの1つなのかなと思います。
(もちろんそれだけではないですが)

さて、こういう本を見ていると、チョロQでも族車が作りたくなってきました♪
ちょうど先日ブタケツも買ったことですし、またカスタムしてみようかなと思います。

| コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (21)
日々のこと (110)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (59)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (8)
ルノー関係 (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR