カウルの開閉 その2

前回(カウルの開閉 その1)の続きです。

stratos-alitalia-SHG9.jpg

↑シャーシに加工した可動パーツを取り付けます。

stratos-alitalia-SHG10.jpg

後ろ側から見ると↑こんな感じです。

今回のフロントカウルは、ただ開閉すればいいだけなので
ダンスベッドの時のような球体関節は使わずに(→こちらの記事
シンプルに蝶番的なパーツで繋ぎました。
(フロントの内部のスペースも狭いですしね)

stratos-alitalia-SHG14.jpg

で、そこに前回作っておいた↑フロントカウルを取り付けます。

stratos-alitalia-SHG16.jpg

矢印の部分は、蝶番パーツの裏側なのですが
この部分が斜めになっているのもお気に入りのポイントです。

stratos-alitalia-SHG17.jpg

斜めになっているおかげで↑カウルを開いた時に
わりと深くまで開くことができるからです♪

stratos-alitalia-SHG18.jpg

ダンスベッドの時は、裏側から見ると
いろんな可動パーツが剥き出しになっていましたが、
今回は裏側から見ても、まあまあスッキリ
綺麗に出来たほうではないでしょうか。(^ ^)

stratos-alitalia-SHG13.jpg
stratos-alitalia-SHG11.jpg
stratos-alitalia-SHG12.jpg

これでフロントカウルは完成です☆
カウルのボディの厚みを薄く削っておいたので
開いた時に見た目にも軽くて(重さ的にも軽い)
シャープなラインで良いのではないかなと思います♪


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

サンドマット

ストラトスの制作過程の途中ですが、
今日、ペット用品店にて、
ちょっと気になったものがありましたので
備忘録としてアップしておこうと思います。

(以下の画像はクリックで拡大します)
jiorama-tsuchi1.jpg

それが↑こちらなんですが、
SAND MATという商品で

jiorama-tsuchi2.jpg

↑こういう動物を飼ったりする際に
砂地の代わりに地面に敷いて使うもの?のようです。

jiorama-tsuchi3.jpg

↑このようなロール状になっていて
広げて使うのだと思いますが
地面の感じがなかなかリアルです。

で、これ、ジオラマや撮影などに使えないかなと。
例えばラリーカーが砂漠を走っているようなジオラマを作る時とか
あるいは四駆をワイルドな雰囲気で撮影したい時に下に敷くとか。

庭など、実際の土の上で撮影しようと思うと
石ころなどのスケールがチョロQと合わなかったり
生えている雑草がチョロQには大きすぎたりして
リアルな地面の雰囲気が、逆に出せなかったりしますが
(あと、地面に這い蹲って撮らないといけなかったりw)

これなら石の大きさも均一ですし、使いたい時にサッと広げて
しかも室内で机の上とかでも、お手軽に地面を再現できるので
もしかすると便利なのではないかなと思いました。
スケールもチョロQに合いそうですしね☆
(※あくまで私の想像ですが)

とはいえ、私はラリーカーとかあまり作らないですし、
土が似合うような四駆系の車種を撮る機会もないので、
とりあえず今は要らないかなと思いまして、
また必要な時が来たら購入してみようと思いました☆

こんな感じで日常の中には、チョロQに流用できそうな物が
意外なところにあったりしますね。日頃からジャンルを越えて
幅広くいろんな物を見ておくと、何かを作る時に
良いアイデアとして活きてくるのではないかなと思います☆

あ、でも私はジオラマとかも詳しくないので、
もしかすると、もう既に皆さん使っておられるのかもしれませんし
あるいは、もっと便利なものがあったりするのかもしれませんが
私は今日、初めてこれを見て、
ちょっと気になったので取り上げてみました。(^ ^)


| コメント:0 | BACK TO TOP |

カウルの開閉 その1

先日、ちょこっと弄ったストラトスのカウルについて
忘れないうちに制作過程を書いておこうと思います。
(いつもついついアップが後回しになってしまうので)

stratos-alitalia-SHG1.jpg

こちら↑ストラトスのボディをシャーシから外して
裏返したところです。

stratos-alitalia-SHG2.jpg

窓のパーツの赤で囲んだ部分は
今回の改造では邪魔になるので切り取ります。

青丸の部分は折れやすいので
窓を外す際には注意が必要です☆

そしてリアカウルの部分をエッチングソーで切断します。

stratos-alitalia-SHG2-2.jpg

すると↑こんな感じになります。

stratos-alitalia-SHG2-3.jpg

切断してみて思ったのですが、窓のパーツに
ちゃんとリアウインドーの部分があるのが↑有り難いですね♪

stratos-alitalia-SHG3.jpg

続いてフロントカウルも切断します。
そしてそのままだと分厚すぎるので
この画像のように↑内側を削って
ボディの厚みを薄くします。

リューターで削りましたが、けっこう滑らかに
綺麗に削れたのではないかなと♪

というか、このストラトスのボディは凄く加工がしやすいです。
シャーシもボディも以前のzeroより切ったり削ったりが
やりやすくなりました。素材が少し柔らかくなったような気がします。
(私の気のせいでしょうか?)

以前の記事で「第7弾になってから、シャーシやボディの素材が
少し軽くなったような気がする」みたいなことを書きましたが
もしかすると素材が変わったのですかね?

stratos-alitalia-SHG5.jpg

まあ、それはさておき、
シャーシから前後のバンパー部分を切り取って
それぞれカウル側に接着します↑

↓これで前後のカウルが独立した状態になりました。

stratos-alitalia-SHG6.jpg

すると前輪が固定できなくなりますので、前輪の車軸の上に
↑このようなプラ板を取り付けて、上から前輪を押さえます。

stratos-alitalia-SHG7.jpg

↑リアカウルは開閉した際に裏側が少し見えますので
いちおう簡単にですが、ルーバーの部分っぽい雰囲気を
カウルの内側にも作っておきます(^ ^)

stratos-alitalia-SHG8.jpg

↑こんな感じで少々ザツな作りですが(^ ^;)
↓塗ってしまえばそんなに気にはならないかなと♪

stratos-alitalia-SHG8-2.jpg

1/18のスケールモデルを参考にして
ボディの内側は黒色に塗りました。
ルーバーの部分は濃いシルバーにしています。

stratos-alitalia-SHG8-3.jpg

いちおう給油口の部分は実車と同じように穴を空けました。
カウルが開いた際に、給油口が付いたままだと変ですしねw

では次回はこれらのパーツをシャーシに取り付けていきます☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

テーマが発表されました!

アップするのが遅くなりましたが、
先日、昨年度の第16回チョロQ改造コンテストの賞状が届きました♪

2014-shoujou.jpg

一昨年は1枚だけでしたが今年は4枚!
(もちろん↑この1枚はディテールアップの金賞でしたので
凄くビックリして嬉しかったですが。)

今回受賞した中では、モデリングでの銀賞は特に嬉しいですね☆
スワンボートはずっと温めていたアイデアですし、
制作もパテとかあまり自信がない中、試行錯誤して作ったので
この作品にはけっこう思い入れがありますので
皆さんに良い評価をしていただけて嬉しかったですね♪

ちなみに賞品の4台のチョロQは、
今回はオフ会の景品として提供させていただくことにしました。
といいますのも、私はチョロQ学園さんが開催されている
いろいろなイベントに、以前から興味があったのですが、
体調などの関係でなかなか参加することができませんので
今回、景品提供というだけでも参加できたらいいなと思ったからです。

まあ、そもそも私はただの改造屋で、コレクターではありませんので、
貴重なチョロQをいただいても宝(タカラ)の持ち腐れになってしまいますので、
それならば価値の分かる方々に貰っていただいたほうが
有意義なのではないかなと思いました。

それに初心者で新参者の私なんかが、賞をいただけただけでも
十分すぎるぐらい名誉なことですしね。

さて、早いもので3月ももう終わりに近づきつつあります。
そんな時期ですので、今年も4月から始まる(2015年度の)
第17回チョロQ改造コンテストのテーマが発表されました☆

第一期(4~6月)は鉄道
第二期(7~9月)はワーゲン
第三期(10月~12月)はQート(キュート)

ということで、やはりワーゲンきましたね~!
今年はチョロQの実質の35周年の年であり
それを記念するかのように、チョロQとも縁のある
ワーゲンのシリーズがzero第8弾として発売になります。
となると、ワーゲンがテーマになるのは当然でしょう☆

今回もどんな作品が集まるのか今から楽しみですね~☆
私もまたどこかに参加できたらいいなと思います♪


| コメント:2 | BACK TO TOP |

予約受付開始!

私は以前、tamtamというホビーショップで買い物をした際に
会員登録をしたのですが、するとその後、
新商品の予約の案内などがメールで送られて来るようになりました。

で、先日届いたメールには、なんともうzero第8弾の予約案内が!
発売は8月頃と聞いていましたが、もう予約が始まっているんですね☆
早いなぁ~。いや、でも、そんなこと言ってる間に
すぐに8月なんて来そうですね。(最近時間が経つのが早いのでw)

ちなみに、そのメールによると
第8弾は↓こんな感じとのこと。

=チョロQzero=
・Z-31aチョロQ zero VWタイプI (白)
・Z-31b チョロQ zero VWタイプI (赤)
・Z-32aチョロQ zero VWタイプIII ヴァリアント(青)
・Z-32bチョロQ zero VWタイプIII ヴァリアント(緑)
・Z-33a チョロQ zero VWデリバリーバン(橙)
・Z-33bチョロQ zero VWデリバリーバン(青)
・Z-34a チョロQ zero VW ゴルフI (黄色)
・Z-34b チョロQ zero VWゴルフI (茶色)
・Z-35aチョロQ zero VWマイクロバス(赤/白)
・Z-35bチョロQ zero VWマイクロバス(緑/白)

私はまだ実物の画像を見てないので想像ですけど
ビートルの赤白は定番ですよね☆

バリアントの青と緑はどんな感じなんだろ?
ヨーロッパっぽいノリなら濃いめの色ですかね。

デリバリーバンのオレンジと青は
明るめだと個人的には嬉しいですね。
青も水色っぽい感じとか。

ゴルフは黄色と茶色ということで
茶色が気になりますね☆
渋くてカッコイイ感じだといいなあ。
個人的には白も似合うと思いますが。
(仕様替えバージョンで希望!)

マイクロバスは赤白はすぐに想像できますね。
緑はこれも濃いか薄いかで印象が変わりますね。

豪華版はイタ車と同じくポリスカーだったらいいのになと思います♪
ドイツのポリスカー仕様、好きなんですよね☆
銀色と緑じゃなくて、昔ながらの?白と緑のほうでお願いしたいです。

ちなみに今回のラインナップで、カスタム屋としては
最初から窓が埋まっているデリバンタイプがあるのは
窓を埋めなくていいから有り難いですよね☆

あとバリアントのフロントのナンバープレートが
ボディ側じゃなくてバンパー側についていてくれたら
改造する時にナンバープレートを削り取らなくていいから
楽なんですけどね。そのあたりがどうなっているのか気になります。

しかし、カスタムを前提に話してますけど、
そもそもカスタムベースにできる値段なのかという問題も。(^ ^;)

第8弾もイタ車に続いて5種類のラインナップで
今回は合計10台。単純に1台1700円くらいとして
全て買ったら17000円!!!

マジかっ!

豪華版はさらに高くなるでしょうし、
仕様替えバージョンも出るとなると
う~ん今すぐに合計額が出せない(出したくないw)

これは今からチョロQ貯金をしないといけませんね。
特に我々カスタマイザーにとっては1台入魂というか
失敗してもいいように3台くらい買っておこうか、
なんてことが躊躇してしまう価格になってきましたね(^ ^;)

先日、ストラトスの豪華版にメスを入れましたけど
めちゃくちゃ緊張しましたしねw
失敗したら2千円パーかぁ...って思いながら。(>_<;)

こんな感じでどんどん値段が上がってますけど
いつかフェラーリとかが出る頃には
1台3千円とかになってたりして...(・_・;)
いや、ありえない話ではないですよね。このままいけば。

私の中ではもう仕方ないと諦めているんですけど、
先日、イタ車の豪華版を、チョロQとかに興味のない友人に見せたところ
「ええ!なんでこんな小さいのが2千円もするん!?」
って、凄くビックリされまして、(^ ^;)
まあ、確かに、冷静に客観的に見たらそうなんですけどもね...

チョロQへの愛が深すぎて、もう冷静に判断できなくなっている
私たちのようなファンの愛情によって
成り立っている価格(市場)だと言えますねw

まあ、そんなわけで、zeroの第8弾の発売を
頑張って貯金をしながらw
楽しみに待ちたいと思います♪(^ ^)


| コメント:2 | BACK TO TOP |

豪華版 残りの2台

zero第7弾の豪華版の残りの2台が届きました~!

500F-stratos3.jpg

いや~、やはりどちらも良い出来ですね~!

このzeroの500Fは造形が素晴らしいので
豪華版になると、さらに可愛くて良いですね~!
ポリスカールックがとっても似合っています♪

そしてストラトスはと言うと...
ライトが全て開いた状態になったのと
印刷が数箇所増えたくらいでしょうか。

う~ん、これだけで2千円超えとは...

と思いきや、なんと!

stratos-alitalia-DU9.jpg

stratos-alitalia-DU19.jpg

フロントとリアのカウルが開くじゃないですかぁ~!
さすが豪華版☆

.....。

嘘です。(笑)

開くように改造しました♪

豪華版ならこれぐらいはやってほしかったなー!という
希望も込めてカスタムしてみましたw

ちなみに、こんな感じで開きます↓(^ ^)

stratos-alitalia-DU1.jpg

stratos-alitalia-DU2.jpg

stratos-alitalia-DU3.jpg

stratos-alitalia-DU4.jpg

stratos-alitalia-DU13.jpg

制作方法は先日載せていたダットラと基本的には同じ感じです☆
→こちらの記事

stratos-alitalia-DU22.jpg

でもこうやって開いた状態で見ると↑
内部がちょっと寂しいですね。また時間がある時にでも
ちょこちょこ中身も作っていこうかなと思います☆




| コメント:2 | BACK TO TOP |

zero第7弾 豪華版

zero第7弾の豪華版を買ってきました。

7dan-du1.jpg

が、しかし。ご覧のように購入できたのは3台だけで
アリタリアと500Fのポリスカーは完売していました。

大型量販店やホビーショップやミニカーショップなど
いろいろ回ったのですが、どこも売り切れていました(>_<)

アマゾンとかのネットでも、発売後すぐに
一時入荷待ち状態になっていたと聞きました。
第7弾のイタ車の人気、すごいですね☆

私が回った店に関して言えば、
上記の2台はもちろん完売状態ですが、
次に人気なのは(残っていた数が少なかったのは)
ジュリアのポリスカーで(これはまあ納得ですよね☆)
そしてその次は500Cのポリスカー、
そしてどこのお店でも大量に残っていたのが
ブルーのストラトスでした。(・_・;)

少しスモーキーな絶妙な青色がいい感じで
そして青と白と黄色の組み合わせも爽やかで
私は好きですけどね~。

某量販店のミニカー売り場の店員さんで
会うといつもチョロQの話をしている人が
「おそらく今回の第7弾の中で、
これが一番売れ残るんじゃないかな~」
と予想していました。

彼曰く、今回のシリーズはお値段もけっこうするので
アリタリアを買ったらブルーはもういいか、
となる人が多いのではないかと分析していました。

なるほど、そうかもしれないですね!
でもふと私は30年前のことを思い出しました。

当時、私の住んでいた街は地方都市の
さらにローカルなエリアでしたので(^ ^;)
チョロQを売っているお店も少なく
売っていたとしても数台ずつしか入荷していなくて、
人気のある車種や色は、あっという間に売り切れてしまい
私がお小遣いを貯めて買いに行った頃には
人気のないものしか残っていないということが多々ありました。

で、やはり車のオモチャですから、買いに来るのは男の子が多く
男の子に人気のない色と言えば(当時は)ピンク色で
(ピンク色は女子の色というイメージが強かったですからね)
そんなわけでピンク色しか残っていないのでそれを買ったら
30年後、ピンク色がレアだと羨ましがられるようになった、
みたいな(^ ^)
まあこれは私の周りだけの話かもしれませんけどね。。。
そんな経験を思い出しました。

つまり何が言いたいかと言いますと、
もしそれと同じ現象が将来起こるとするならば
30年後、一番レアな存在になっているのが
このブルーのストラトスなのではないかなと☆(^ ^)

とはいえ、30年後は私はもうおじいちゃんなのでw
そんなことはべつにどーでもいいですけどね(^ ^)
というか今でさえレアとか価値とかには興味ないですけどね。
選ぶ基準は、オークションなどの価格ではなく
自分が好きか嫌いかではないかなと☆

まあそんなわけで、話がそれましたが
残りの2台は入荷待ちの状態です。
来週中には入るようなので楽しみです♪


| コメント:0 | BACK TO TOP |

第16回改造コンテスト表彰式

先日、チョロQ学園さんの第16回改造コンテストの
結果が発表されました。

表彰式のページは↓こちら。
http://www11.atpages.jp/choroq/c16/result.html

私の昨年度の目標は、自分のスキルアップのためにも
できるだけたくさんのジャンルに応募することでしたので
ジオラマ部門以外の(←間に合いませんでしたw)
5部門に計7台の作品を応募させていただきました。

なにぶんチョロQのカスタムを始めて
まだ1年も経っておりませんでしたので、
筆によるボディへの模様のペイントも
可動ギミックの制作や、モーターの改造も
全てが初めての体験で、試行錯誤しながらの制作でした。

ですが、なんとその中で4台も
賞をいただくことができました!(゜o゜;)

私のような初心者が、しかもまだ
コンテストに参加し始めたばかりの新参者が、
このような名誉な賞をいただきまして
とてもとても恐縮なのですが、

しかし目の肥えたチョロQファンの皆様に
私の作品が選んでいただけたということは素直に嬉しく
たいへん光栄に思っております。投票してくださいました皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

またこのコンテストを主催されています
すみや様にもこの場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。

この受賞を励みに今後も良い作品が作れますよう
精進していきたいと思います。
そして今年度もまた皆様に楽しんでいただけるような
作品が作れたらいいなと思います♪


以下、受賞させていただいた車へのリンクです。

ノンカテゴリークラス
モデリング部門 銀賞
タイトル「スワンボート」
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

特別クラス
1期(超こだわり) 銀賞
タイトル「ローレル(龍仕様)」
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-category-10.html

2期(ギミック) 銅賞
タイトル「ダンスベッド2」
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

3期(走りの改造) 金賞
タイトル「ツインモーター」
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-category-12.html


| コメント:2 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (112)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (49)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DILL-BuddyL (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR