白いZ 完成

white-z20.jpg

前回、制作過程を載せておりました(→こちらの記事
白いZが完成しました☆

white-z25.jpg

白バックで撮ると見えにくいですかね(^ ^;)

white-z27.jpg

今回はほとんどのパーツを白で統一して
要所に赤系の色をアクセントに入れています。
コインホルダーのシールは日産セットのもの。

white-z28.jpg

今回のカスタムは、このチョロQがもともと持っている
白の成型色のツルンとした質感と、プレーンなイメージを
さらに強調した感じに仕上げられたらいいなと思いました。

white-z19.jpg

前輪はチョロQデッキシステムのプラホイールで
後輪はミニクリーナー(文房具)のゴムタイヤを流用。
ローラーバンパーは購入時から付いていたものです。

エンジンはRSマグナムに換えて、色合いと走りの
両方のアップを考えました。

white-z32.jpg

↑昔リアルタイムで買った同型のZと比較してみました。

white-z33.jpg

私はこの型のZのボディカラーは赤色のイメージがあります。
このチョロQが発売された当時は、メタリック塗装のような
キラキラの粒が見える樹脂が使われる例が多くありました。
私はこの質感はけっこう好きでした。

white-z30.jpg

そしてこのZのディフォルメも、ベタっとした雰囲気が出ていて
けっこう好きですね☆

white-z31.jpg

リアは本来は赤いZのように、パネル部分を黒に塗って
ライト類は無着色なのですが、今回は逆にしてみました。
塗装する部分の違いによって、わりと印象が変わりますね。


以上、ふと思いついたZのプチカスタムでした♪


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

白いZ

white-z1.jpg

昔、おまけか何かで手に入れた↑こちらのチョロQ。
真っ白でシンプルな中にも、成型色のツルンとした質感と
有機的な美しさを感じるフォルムが合っていて、
落書きやシールを貼ったりするのが大好きな私も
これはこのままの状態が綺麗だと思い、弄らずに保存していました。

そして真っ白だけど、ちゃんと窓ガラスは別パーツになっていて透明で、
フロントのライトだけ銀色に塗られているのも面白いなと思いました。
白いローラーバンパーも購入時から付いていました。

white-z3.jpg

そして先日、アダムスキーさんで
たまたま↑こちらのパーツを見つけまして
この白いプラホイールを前輪に履かせたら
似合うのではないかなと思いました☆

white-z2.jpg

後輪は↑いろいろ集めているストックの中から
お馴染みミニクリーナー(文房具)の白いタイヤをチョイス。

white-z4.jpg

白い車体をさらに真っ白にしたいと思います♪(^ ^)

white-z5.jpg

で、エンジンは↑こちらもアダムスキーさんで買った
改造パーツから、RSマグナムエンジンを載せることに。

white-z6.jpg

スレンダータイヤとスパイクタイヤがセットされていましたが
これらはまた何かの機会で使うために保存しまして、
今回は上記の白いタイヤを履かせることにしました。

white-z7.jpg

ミニクリーナーのタイヤは、径はほぼチョロQと同じサイズですが、
車軸の穴が細いので、いつもはドリルで穴を広げる作業が必要でした。
しかし今回は昔のエンジンということで?車軸が細かったおかげで
穴を広げる作業は不要で車軸を挿すことができました☆(^o^)
しかもちょうど良い弾力があって、これは接着剤無しでもいけそうです♪

white-z8.jpg

樹脂の優しい赤色と 白いゴムの質感が、柔らかい印象で
いい色合いのモーターが出来上がりました♪

white-z10.jpg

↑シャーシに搭載した様子です。

white-z11.jpg

↑で、ボディを被せた様子です。

真っ白な中に、ガラス越しに見えるモーターの赤色が
アクセントになっています。また色合いだけでなく、
前輪はカスタムパーツのプラホイールですし、
後輪のミニクリーナーのタイヤは凄くグリップがありますので
走り重視の理に適った仕様になったかなと思います。

white-z17.jpg white-z18.jpg

このZのディフォルメもいい感じで、曲線が綺麗ですよね~☆
そして裏側から見ても真っ白ですね(^ ^)

white-z12.jpg

ちなみにコインホルダーのシールは
もともと貼ってあるものも赤色なので、これでも問題は無いのですが、
車の全体の雰囲気に合わせて、もう少しシンプルにしたいなと思い
以前に保存しておいた日産セットのシールを貼ることにしました☆

white-z24.jpg

そしてそれだけでは少しリアが寂しいので、
ライト類を↑この画像のように赤、橙、銀色で色挿ししました。

次回へつづく。


| コメント:0 | BACK TO TOP |

タカラトミーの話

昨晩放映されていた「ガイアの夜明け」という番組で
タカラトミーが取り上げられていました。

takara-tomy2.jpg

今回は「プロ経営者は会社を変えるか?」というテーマ。

最近は経営不振や後継者などの問題で
社長を外部から招いて、経営のプロに
会社の運営を任せる会社が増えている
という特集の中の1つの例として
タカラトミーを取材していました。

takara-tomy1.jpg

タカラトミーになって、もう10年近く経つんですね~。
「宝」と「富」の合併って、字で見ると凄く豪華ですねw

さて、番組のサイトからの引用ですが(詳細は→こちら
ここ数年はヒット商品が生み出せず、売上げが低迷して
創業家3代目として社長を務めてきた富山幹太郎さんは
頭を悩ませていたそうです。

takara-tomy6.jpg

そこで外部から招いたプロ経営者が、
オランダ人のハロルド・ジョージ・メイさん(51歳)。
メイさんはハイネケンの日本支社や、ユニリーバ・ジャパン、
サンスターで勤務し、日本コカコーラでは副社長も務めた人物。

takara-tomy4.jpg

メイさんはさっそく組織の合理化と管理職の若返りなどを行い
若手社員たちが自由にアイデアを出せる環境を作られています。

と、まあ番組の内容はそんな感じだったのですが、

takara-tomy3.jpg

人気商品として↑トミカは取り上げられていましたが
残念ながらチョロQは全く映りませんでした。(´Д`;)

社長室にもたくさんのオモチャが飾られていましたが
トミカは数台目につきましたが、チョロQは(もしかしたら
あるのかもしれませんが)私は発見できませんでした。

う~ん、チョロQもっと頑張ってほしいですね☆
いつか社長のデスクの上に飾られるくらいに
なってほしいものですが...(^ ^)

takara-tomy5.jpg

でもこの外国人の新社長は、テレビの映像を見るかぎり
なかなか情熱的で積極的な感じで、いい人っぽいので、
今後チョロQも含めてオモチャが盛り上がるといいなと思いました。
そしてぜひチョロQにも力を注いでいただけると有り難いですね☆
期待しています!


| コメント:0 | BACK TO TOP |

誤字脱字w

最近、更新頻度が増えているこのブログですが
実は私はもう1本お仕事でブログを書いておりまして、
そちらはチョロQではなく、とある雑誌のブログなのですが、
もう10年くらい書いているのでネタ薄になってきたこともあり
最近はチョロQが楽しくて、こちらばかり更新しているのですが
そろそろ編集部の人に怒られるのではないかと
ビビりながらこのブログを書いています(^ ^;)

ちなみにこのブログは完全なる個人ブログですので
誤字脱字があろうと、文章がおかしかろうと
全く気にしなくていいですが(←それもどうかと思いますがw)
お仕事のブログはいろいろと気をつかわなくてはいけないので
気合いを入れないとなかなか書く気になれないんですよね~。

私はもともと物書きではないので、文章は得意ではないんですよね。
ちなみに私がよく書き間違える言葉は「意外」と「以外」ですね。
「意外にも」という時に「以外」を使っていたりします。

また「基調」と「貴重」も よく打ち間違えます。
「赤を基調に」といった場合に使いますが、
基(ベース)になる色、あるいは基本的な色調
という意味ですから、ここは「基調」が正解です。

それからレアなチョロQの値段が高い場合などに
「高嶺の花」という言葉を使ったりしますが、
これもよく「高値」と打ってしまったりします。
値段が高いというイメージから「高値」を連想しますが
「高嶺の花」は、取りに行くのが難しいような
高い山の上にある花→なかなか手に入れられない
という意味ですので「高値」ではなく「高嶺」が正解です。

あと発音では、ロールケージをロールゲージと言ってしまいます。
頭では檻(cage)だと分かっているのですが、
「ロールゲージ」のほうが発音しやすいのか
ついついそう言ってしまっていることがよくあります。
で、意識して「ロールケージ」と言おうとすると
「ロールケーキ」みたいな発音になってしまうんですよねw
まあロールケーキでは事故から命を守れませんし。(^ ^)

あとカスタマイザーも長くて言い辛いですね。
カスタムする人ってことで、カスタマーと言いがちですが、
カスタマーだと「お客さん」になってしまいますので
言い辛いけどやっぱりカスタマイザーが正解ですね。

こんな感じで、これからもきっとこのブログには
誤字脱字が溢れていることと思いますが(^ ^;)
(あと名称の間違いとかね)どうかどうかお広い心で
温かく見守っていただけると有り難いですm(_ _)m

というわけで、今日はお仕事のほうのブログを
書いてしまおうと思いますので、このへんで。

今日の1台です↓
white-z13.jpg
詳細はまた後日☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ハスラーを考える


fire-nosekae7.jpg

ハスラーの新色(オレンジ)を買ってきました。
これでイメージカラーの3色が揃いましたね。

fire-nosekae8.jpg

ただ、今回のはハズレだったようで(>_<)
塗装がかなり悪い状態でした。

fire-nosekae9.jpg

特にサイドのフェンダーアーチと接する部分や
サイドステップの上の部分などは、
前々回の青と比べても↑ちょっと酷い感じです。

fire-nosekae10.jpg

ガタガタですね↑(涙)
これなら初心者の私でも、もうちょっと上手く塗れそうですが。。。

オレンジ色は好きな色なので
期待していただけに少し残念です。

ところで、このハスラーのチョロQのデザインは
チョロQファンの皆様にはあまり人気がないようで
(鳥山先生のイラストが素晴らしすぎたのかなw)
なんとかカスタムで良くできないかなとか思ったり。

fire-nosekae19.jpg

ちなみに前回のビッグフットのシャーシにも載せてみました(^ ^)
ホイールベース的にはOKそうな感じですね。
あとはもう少しボディを下げることができれば
似合いそうな気もしますね。

ただ、こうするとモーターがチョロQではなくなってしまうので
それはどうなのかなというのはありますが。

ところで、ハスラーのシャーシを外したついでに
前回の1955 CHEVYのプルバックカーを載せてみました。

fire-nosekae17.jpg

普通のチョロQのシャーシだと↑こんな感じで
ホイールベースが全く合わないのですが、
ハスラーはロングホイールベースなので
こんな感じで↓

fire-nosekae18.jpg

おっ!これはこれでいいのではないかなと☆
ボディとシャーシの接合方法が異なりますので
そのあたりの加工は必要ですが、
幅とか長さのサイズ感は ちょうどいい感じ?なので
このシリーズとハスラーのシャーシのマッチングは
いいかもしれませんね☆

チョロQにはアメリカ車が少ないので
こういう缶コーヒーのおまけとかを上手く活用して
アメ車のチョロQを作るというのもアリかもしれませんねw


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ファイヤー

fire-nosekae1.jpg

この2台は別々の缶コーヒーのおまけですが
どちらも赤いボディに黄色とオレンジのフレアパターンで
雰囲気が似ているなぁと以前から思っていました。

fire-nosekae2.jpg

で、並べてみるとホイールベースも同じような感じなので
シャーシを入れ替えてみることにしました。

fire-nosekae3.jpg

こちらは↑シャーシの幅も広すぎますし
少しタイヤとフェンダーアーチの位置もズレますので、
もし載せるなら いろいろと加工しないと駄目な感じで
面倒そうですね(^ ^;)

fire-nosekae4.jpg

一方こちらは↑ただ載せただけですが
なかなかいい感じになりそうです♪

ボディとシャーシの接合方法は考えないといけませんが
ボディとタイヤのバランスは、幅や長さや大きさも
いい感じではないでしょうか。

これはちょっとちゃんと作ってみたいですね☆
なかなかそんな時間はありませんがw


| コメント:0 | BACK TO TOP |

黒で時短

最近、作りたいカスタム案はたくさんあるのに
1台を制作するのに時間がかかりすぎて
なかなか次の作品へ進めずイライラすることがよくあります。

もうちょっと要領よく作業をしなくてはいけないな、
と反省しているのですが、その改善策として、

1、作業スピードを速める。

2、作業の無駄を省く。

という2つを思いつきまして、
しかし1は技術が伴わないと無理なので
初心者の私にはちょっと難しいかなと思い、
2なら道具や材料などアイデアで
なんとかなるのではないかな?と思いまして
とりあえず作業の無駄を探してみました。

すると前々回のTEAM-MINIを作った際に
シャーシの制作に思いのほか時間が
かかったことを思い出しました。

↓以下の点線内は具体的な苦労話です。
本題を読みたい方は飛ばして先へ進んでください。

------------------------------------------------------------

TEAM-MINIのシャーシで苦労したこと。

あの作品ではシャーシのほとんどを自作したのですが、
作業としては、まず白のプラ板を切り出してパーツを作り
その表面にサンドペーパーをかけて艶消しの黒に塗装、
そして塗装が乾くのを数時間待ってから接着。

普通ならこれで完成ですが、作業中に削れたり傷がついたりして
塗装が剥げてしまった部分を、また黒に補修したりして
せっかく綺麗に塗っても二度手間三度手間といった感じでした。(>_<;)

また白のプラ板を黒に塗るのもいろいろと手間で
なかなか1回では綺麗なマットな黒になってくれなかったり
小さいパーツなどでは塗料の厚みが偏ってしまったりとか
あと、せっかくジャストサイズで作ったパーツなのに
塗装後に付けようとしたら、塗料の厚みが増えていて
うまくはまらなかったり。そしてまた削ったりとか。(>_<)

シャーシは完成すれば見えなくなる部分なのに
こんなに手間と時間をかけるのは何だか勿体無いなと。
でも黒に塗らなければ目立ってしまうし...

何だかこういう作業って無駄だなぁと感じることがよくあります。
ボディ表面の仕上げとかなら、時間をかける気にもなれますが
努力してもあまり効果が分からない部分は気分も萎えてしまいます。
でもそこで手を抜くわけにもいかないし、みたいな。

------------------------------------------------------------

というわけで、前置きが長くなってしまいましたがw
そんな無駄を改善すべく、今回購入してみたのが
こちらの↓黒のプラ板です☆

black-sheet1.jpg

いろいろなサイズがあったので、とりあえず普段よく使っている
0.3、0.5、1.0、1.5ミリという4種を買ってみました。

お値段も1枚200円台~600円台とそれほど高額でもなく
サイズはA4ですが、チョロQなのでパーツは小さいですから
A4あればかなり使えるので十分かなと。

black-sheet2.jpg

塗装の一連の手間がなく、切り出してすぐ使えるのも嬉しいですし
接着剤で色が剥がれたり、取り付けた後に何かが擦れて
色が剥がれたりすることもないので安心です。
※(傷がつくことはあります。また接着剤の種類によっては
白っぽく濁る場合もあります)

そして均一にマットブラックなので、見た目も綺麗ですし
塗装ではなく成型色の黒の質感も、手作り感が出なくていいかなと。
チョロQzeroのマットブラックのシャーシとも馴染むと思います。
また黒いプラの質感を活かして、ウイングやカナードなど
パーツの制作にも使えるのではないかなと思いました。

black-sheet3.jpg

↑あと、意外にも白いプラ板より
下書きの鉛筆の線が見えやすいかなと思いました。

この黒のプラ板は、先日アップしました
ローライダーのポリスカーの作品でも
トランクの床板の部分などに使ってみましたが、
前述の感想のとおりで、とても便利でした☆

dpc-body1.jpg

ちなみに上記の黒のプラ板の最薄が0.3ミリでしたので、
もう少し薄い板が必要な場合を考えて
こちらの商品も買ってみました↓

black-sheet5.jpg

手芸用?の0.2ミリの黒のプラ板です。

black-sheet4.jpg

解説書のとおり↑オーブンで焼いて
アクセサリーを作ったりする材料のようですが、
そのままでももちろん使用可なので購入しました。

これはまだ使っていないので感想は書けませんが
また機会があれば使ってみたいと思います。

あと、黒のプラ板用に黒の接着剤も買いました。

こちらもまだ使っていないので
また使用したら感想をレポートしたいと思います☆(^o^)



※なお、上記のレポートは私の個人的な感想です。
もし商品をご購入されて使用される場合は
自己責任でお願いいたします。
| コメント:0 | BACK TO TOP |

梅雨のあれこれ

このところ梅雨らしい天気が続いているせいで
塗装などの作業が滞っている今日この頃です。

どの塗料を見ても「湿気の多い日は避けてください」的な
文章が書いてありますもんね。
それはきっと避けたほうが無難なんでしょうね。
私の気のせいかもしれませんが、デカールも湿気の多い日は
なんとなく貼りにくい気がします。

そんなわけで残すところリアのデカール2枚と
クリヤー塗装だけとなっているピレリ君も
晴れの日を待っている状態となっています。

stratos20150706-2.jpg

ところで、話は変わりますが
先日、定期購読をしている本屋さんから
「ご定期のクルージンの発売が延期になっております」
という連絡がありました。

クルージンとは、私が創刊以来ずっと
定期購読をしている車の雑誌なのですが
まあ、イベントの取材の日程とかで
発売日が延期したりしているのかな?と
そんなには気にしていなかったのですが、
今日再び本屋さんから連絡があって、
「クルージンは休刊になりました」とのこと!

ええ!もうおそらく10年以上購読している本なのに!?
と、詳しく理由を聞こうとすると、
「出版社自体に連絡が取れない状態となっておりまして」
と言うではないですか。これを聞いてさらに「ええ!」と驚きました。
ということは、もう1冊購読しているLOWRIDAZも休刊ですかね!?
なんだか突然のことでビックリしています。(・_・;)

クルージンは主にアメリカ風のカスタムカーを紹介している本で
レトロなスタイルから最新のカスタムまで幅広い年代と
ホットロッドやローライダーなど様々なジャンルの車を扱い、
またアメ車と日本車のバランスも絶妙で、
私のような広く浅く(笑)の人間にとっては
ちょうどいい感じで有り難かったんですよね~。

最近は雑誌業界とはご無沙汰なので
休刊の理由とかは知りませんが、
できれば復活、あるいはリニューアルして
また発売してくれることを願います☆

cruizin.jpg

クルージンのサイト
http://www.cruisinmag.com/top.html


| コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (23)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR