フリマにて

神戸の海沿いにある商業施設
サンシャインワーフに行ってきました。

pato-isshiki0-1.jpg

私はここからの眺めが好きで、時々訪れるのですが、
ここの広場では週末などに定期的にフリマが開催されています☆

pato-isshiki0-2.jpg

で、時刻は16時半ということで、どのお店も
そろそろお片付けモードなタイミングでした。

というわけで、値切るには もってこいの時間(^ ^)

pato-isshiki0-3.jpg

ダンボール箱に入った↑こちらのチョロQたちを見つけて
お値段を見ると1台100円とのこと。

「おばちゃん、この箱ごと買ったらいくらにしてくれる?」
と尋ねると、

おばちゃんは「箱ごと!?」っていう驚いた顔をしてから
「何台入ってるかな?」と逆に聞いてきたので、
私が数をかぞえて「17台」と答えると
「あ、じゃあ千円でいいよ」と言ってくれました。

pato-isshiki0-4.jpg

まあ、ご覧のとおりで↑
いろいろ壊れてたり欠品したりしているので
1台あたり数十円でも高い気はしますが(^ ^;)
私は今年、消防車やパトカーをいろいろ作りたいと思っているので
それらのパーツをたくさん入手できたと考えれば
ぜんぜんアリな価格かなと思いました♪

でもおばちゃんからすれば、閉店間際に
壊れている商品を箱ごと全部買ってくれたので
よほど嬉しかったのか、「お兄さん、ほんとありがとうね!」と
私がその場を立ち去るまで、何度もお礼を言ってくれました。
まあ、そんなわけで、お互いにとって良い売買だったかなと♪

pato-isshiki1.jpg

で、帰宅して整理してみると↑
なぜか2台ずつあるものが多くて謎でしたが(^ ^)

pato-isshiki2.jpg

このタルガのバンは↑何かのカスタムに使いたくて
ずっとベース車を探していたので、3台も入手できて嬉しいです♪

pato-isshiki3.jpg

この消防指令車も持ってなかったので嬉しいです♪

pato-isshiki4.jpg

↑奥のポリスカーは、手持ちのを去年
ローライダーのベースに使ってしまったので、
今回また入手できて良かったです♪

手前のは何のパーツかは分かりませんが、
もし警察署のジオラマとかを作ることがあれば
使えるのではないかなと。

pato-isshiki5.jpg

この警察のワンボックスも↑今回初めて入手しましたが
よく見るとフラットエンジンで、室内空間も確保されていて
後ろの扉も開くという作りで、凝っているなと思いました☆

カスタムベースとしては、中にウーハーとかを入れて
バニングにする?ぐらいしか思いつきませんがw
いずれにしてもベースとして面白い構造の車だなと思います。
ホイールも何かに流用できそうですしね☆

pato-isshiki7.jpg

で、フラットエンジンの車両と言えば↑このとおり
たくさん含まれていたので、これも嬉しいですね☆
(ゼンマイやギアが欠損しているのもありましたがw)

pato-isshiki8.jpg

そして1台だけチョロQではないものも混ざっていましたがw
これもアメ車のバンなので全然好みの範囲内ですし、
これのグリルはまた何かのカスタムにも使えそうかなと☆

zero9-3.jpg

最後に、せっかくサンシャインワーフまで来たので
この施設の中にあるホビーショップTamTamに寄りました。

するとチョロQzeroが定価よりは安く売っていたので
この機会に買って帰ることにしました♪
まあ、15%オフくらいですかね?
通常仕様のセドリック230もなかなか良い感じですね☆

とまあ、そんな感じで
私にとっては良い収穫のあった1日でした♪


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

ガゼールとシルビア!?

silvia-patcar10.jpg

今日もガゼールの感想です♪
昔発売されていた西部警察セットのガゼールは
造形があまり気に入ってなかったのですが、
今回のzeroのガゼールは結構気に入っています♪(^o^)

フロントウィンドウの色の濃さとかも、濃すぎず
透けている感じがちょうどいいなあと☆
あと、窓パーツの艶とかも綺麗ですね。

そして綺麗と言えば、もちろん塗装の質感や
細かなグラフィックのディテールも素晴らしいです☆

silvia-patcar14.jpg

80年代の角ばった形の車でオープンカーを作ると
ともすれば単調なスタイルになったりしますが、
この車はそんなオープンカーを上手く
チョロQらしいスタイリングにまとめてありますね☆

silvia-patcar22.jpg

薄いボディに対して、高さのあるフロントウィンドウも
チョロQらしいスタイルで良いのではないでしょうか♪

silvia-patcar23.jpg

そして前回も書きましたが、フラットエンジン採用で実現した
車内の再現や、厚みが超薄いボディは秀逸ですね!
特に、この真横からのショットはスポーティでカッコイイです☆



さてさて、後方に写っている車ですが...
ガゼールの姉妹車のシルビアS110型、

silvia-patcar24.jpg

ではなくw

今回のガゼールを改造したものですが
将来的には那智徹仕様のシルビアにしたいなと。(^ ^)
また追々経過を載せますね☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

チョロQライト的な...

前回の記事で、フラットエンジンが他のモーターのように
単独でシャーシに固定できたらいいのに、と書きましたが
文章で説明するのが難しいので以下の写真で解説します(^ ^)

flatmotor160128-1.jpg

↑これは余計な部分を取り払ったシャーシと
リバース仕様にしたフラットエンジンです。
(フラットエンジンのリバース化については
→こちらの記事をご参照くださいませ)

仮にこの状態で固定できると想定して
※(今回は両面テープでエンジンを固定しています)

flatmotor160128-2.jpg

↑裏返しにして上下をクルッと入れ替えます。
リバースにしているので、この状態で正転です。

flatmotor160128-3.jpg

それを、例えばこのような↑
非常にボディの厚みが薄い車に搭載します。

flatmotor160128-4.jpg

真横から見ると↑とても地上高が低いのが分かります。

flatmotor160128-5.jpg

で、この裏返しのシャーシをボディに接着すれば
ちょっと例えに語弊があるかもしれませんが
かつてのチョロQライトのような感じで、
直接、エンジンをボディに固定するような状態になります。
するとエンジンの下のシャーシの厚みが要らないので
ギリギリまで車高を落とした車が作れるというわけです。

まあ、これはあくまで仮定の話ですが。
またいつか機会があれば、実際に制作して
試してみたいなと思います☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ガゼール(^ ^)

画像、無事にアップできるようになりました♪(^ ^;)

silvia-patcar1.jpg

さて、前回クイズにしていたガゼールの表記について。
答えは内部にありまして、ガゼールの綴りはgazelleですが
↓こちらは...

silvia-patcar3.jpg

「ZAZEL」になっています(^ ^)

silvia-patcar2.jpg

↑場所としては座席のパーツの裏側になります。
ちなみにシャーシの表記も「GAZEL」ですね(^ ^)

まあ、工場の人がガゼールだと分かればいいので
べつに綴りとかは関係ないのでしょうね。(^ ^)

ところで、フロントバンパー(というかFスポ?)が↑
別パーツでシャーシに溶着されているのが凝っていますね☆

silvia-patcar4.jpg

前から見ると↑こんな感じです。こだわりですかね♪

silvia-patcar6.jpg

車体の仕組み的には、シャーシ、そしてフラットエンジン、
(公式サイトでは「フラットゼンマイ」と書いてありましたね。
フラットエンジンかフラットモーターの呼び名で慣れてきたので、
フラットゼンマイという響きに少し違和感を感じたりw)

そしてフラットエンジンを押さえる形で座席のパーツがあり、
それをさらに上からボディで押さえて固定する感じです。

昔から思ってたんですが、なんでフラットエンジンって
単独では固定できないんでしょうね。
他のモーターのようにシャーシに単独で固定できたら
もっと便利なのになぁと思います。(カスタム的にね)

silvia-patcar5.jpg

それにしても、さすがフラットエンジンを採用しただけあって
今回のボディは厚さが薄いですね~!後輪の上の部分とか、
ここだけでドア以降とトランク部分が繋がっているので、
ボディを外す際に折ってしまいそうでヒヤヒヤしました(^ ^;)

まあいずれにしても、薄くてカッコイイ車体だと思いました♪



※個人的な都合で、ホイールは交換してあります。
| コメント:0 | BACK TO TOP |

クイズ的な その2

最近「~で何十万儲ける方法」みたいな
宣伝コメントが増えてきたので、
セキュリティを強にしたところ、
何故か画像のアップができなくなりました。
ただいま不具合を復旧中です(;´Д`)

なので今日は画像が無くても書ける
クイズ的なものにしようと思います(^^)

では、先日発売されたzero第9弾のガゼールですが、
車体のどこかの表記が
ZAZELになっているところがあります。
それはどこでしょう?という問題です(^^)

(まあ、ガゼールと書こうとしたのかどうかは不明ですが)
| コメント:0 | BACK TO TOP |

ディッシュホイール☆

seibu-ced1.jpg seibu-ced2.jpg

いよいよ西部警察シリーズのzero第9弾が発売になりましたね♪
パッケージの台紙もエンディングの名シーンの画像になっていますね。
この風景を見ると、自動的に頭の中にあの曲が流れる人は
(もちろん私もそうですが)そういう世代の人ですよねw

そして裏面も「燃えている」感じで↑
派手な爆破シーンで有名な西部警察らしくてイイですね☆

seibu-ced3.jpg

で、ふと目にとまったのが↑こちら。(^ ^;)
なんと今回は「2点」になっています!

しかしこの点数を集めて何年にもなりますが
いっこうにキャンペーンとかも無いので
「やった!今回は2点だ!」っていうほどは
テンションは上がらないですよね(苦笑)

もうここまできたら「100点集めたら
もれなく記念Qが貰える!」とかにしてほしいな。。。
抽選とかだったら集め甲斐がないですね。(´_`)

choroQ-mag-dish1.jpg

さてさて、本題です。
今回のzero9弾で一番楽しみにしていたのは
実は↑こちらのホイール☆
もちろんセドリック230も楽しみでしたが
カスタム屋としては他にも応用のきく
このホイールはとても魅力的でした♪

で、実際に実物を見ると↑予想以上に
とてもいい感じで大満足です♪(^o^)
メッキに近い美しい光沢の銀色の塗装や
深いリムにディッシュらしい曲面、
ボルト1本1本までしっかりと形を表現した造形など
ディッシュホイールの雰囲気を見事に捉えていると思います☆

choroQ-mag-dish2.jpg

そして何より、今回のこのホイールは
穴がちゃんと貫通しているのが素晴らしいですよね☆

私はチョロQにそんなに詳しくないので定かではありませんが
穴がちゃんと抜いてあるホイールって、チョロQでは初ではないですか?
過去にありましたっけ?

choroQ-mag-dish10.jpg

620好きとしては↑まずはこれに履かせますよね~☆
日産サービスカーでも似合うでしょうね♪

choroQ-mag-dish9.jpg

続きまして↑これはチョロQではないですが
こんな感じの70年代のアメリカ車には
間違いなく似合いますよね♪

choroQ-mag-dish6.jpg

しかし、やはり一番似合うのは↑これではないでしょうか!

choroQ-mag-dish7.jpg

もしかして純正!?って思ってしまうほど
しっくりきていると思うのは私だけでしょうか(^ ^)

choroQ-mag-dish8.jpg

サイドのマフラーとも↑まるでセットのようですし、
銀色のフレイムスやラインとも合っていると思います☆

もちろんこのボディカラーでも凄くいい感じですが
先日発売されたzero8弾のT2マイクロバスの
シャンパーニュエディションⅡのような
ブラウン地に3本ストライプみたいな
ああいうカラーリングにしても、きっと渋くていいでしょうね~☆

ちなみに...

seibu-ced6.jpg

逆にキャラバンのバハを230に履かせてみました(^ ^)

seibu-ced7.jpg

まあ、予想通りというか、普通に似合いますね。

私は西部警察の俄かファンなので(^ ^)
あまりハッキリとは覚えていないのですが、
西部警察の車両のホイールは
確かエンケイが提供していましたよね?
エンドロールにも「エンケイアルミホイール」の
文字があったような...

劇中の230は今回のマグディッシュや鉄ッチンの他に
バハも履いていたような記憶があります。
なので似合うのは当然と言えば当然ですよね。

マグディッシュは、チョロQだと他に
箱スカのバンやサニートラック、ジープ系、バギー系、
ビートルのドラッグタイプとかにも似合いそうな気がします☆
まあ、zeroとSTDでは車軸の太さが違うので
履かせるには何らかの加工は必要だと思いますが。
また追々、いろいろな車に試してみようと思います♪

いずれにせよホイールの種類が乏しいチョロQなので、
こういった過去の名作を再現してくれるのは
カスタム屋としてはとても有り難く嬉しいかぎりです☆


| コメント:3 | BACK TO TOP |

モーターホーム

big-motorhome-1.jpg

↑これは私のお気に入りの本なのですが
(以前にも紹介したことがあるかもしれませんが)
この本には昔のいろいろなキャンピングカーの資料が
掲載されています。

その中で、チョロQでも作りたいなと思ったのが
牽引するタイプの大きな車両です。
表紙のイラストのトレーラーもそうですが↑

big-motorhome-2.jpg

例えば↑こういったものや、

big-motorhome-3.jpg

こちらは↑友人が見せてくれた資料ですが、
こういう感じの車両などです。

日本では道路事情や保管場所の問題などもあり
あまり大きなキャンピングトレーラーは見かけませんが、
海外では住居として使っている方もいたりするなど
日常の風景の中にそれを見かけることができます。

で、私はこれをチョロQの特殊警察車両のトレーラーを使って
作ることができないかなと以前から考えていました。

big-motorhome-4.jpg

そして去年の春に描いたのが↑こちらのイメージスケッチで
これはzeroのビートルが発売されることを想定して
こういう感じで組み合わせるという案だったのですが、
実際zeroからビートルが発売されて並べてみると
思っていたよりもビートルが大きくてw
この絵のようには ならなかったので(>o<;)
この案は諦めて別の牽引車両を探すことにしました。

しかし4月から改造コンテストが始まったりして
チームミニやハイドロポリスカーを作り始めたので
なかなかこれに着手することができず
気づけば1年近く放置した状態になっていました。

big-motorhome-5.jpg

というわけで、約1年ぶりに動き出してみたのですが
まずは牽引車両探しということで、
トレーラーのサイズ感に合う車を探していたところ
そもそもチョロQに古いアメリカ車が少ないうえ(常に悩みです)
通常サイズでは大きすぎて、ちびっ子では小さすぎるという
微妙なサイズ感なので、なかなかピッタリの車が見つからず、
結局、いろいろ悩んだ末、モドQですが缶コーヒーのおまけの
↑こちらの1955年型のベルエアにすることにしました☆

big-motorhome-6.jpg

実際に組み合わせてみると↑こんな感じで、
幅もちょうどよく、サイズ感もピッタリかなと♪

big-motorhome-12.jpg

ちなみにトレーラーの下側は↑こんな感じになっていて
この窪んでいる部分の穴に、牽引車両の突起を差し込む仕組みです。

big-motorhome-9.jpg

↑そして何より2台の高さが合っているのが
この車を選んだ一番のポイントです☆

車高などを調整しなくても、トレーラーの前部が
上手く自然な感じでベルエアのトランクに乗っかります(^ ^)♪
傾きなどもほとんどなく、ほぼ水平にラインが揃います。

big-motorhome-7.jpg

スケール感も合っていますし、

big-motorhome-8.jpg

レトロな感じも、作りたい雰囲気と合っていますので、

big-motorhome-10.jpg

うん、この組み合わせに決定しようと思います☆(^o^)

あとは外装を弄って、できるだけ雰囲気を
上記の本の車たちに近づけていくかですね。

今回の作業で、なんとなく完成形も想像できましたので
これからゆっくり楽しみながらカスタムしていきたいと思います♪


| コメント:2 | BACK TO TOP |

バハバグ プチカスタム

shodai-6.jpg

本日ご紹介するのは↑こちらの「初代チョロQ」。
チョロQに詳しい方は当然ご存知のことですが、
初代という名前がつけられている、言わば復刻版です。
なので、わりと中古市場に出回っている数も多く、
気軽にカスタムできますよね☆

ちなみにチョロQに於けるバハバグは
最初に発売された4車種のうちの1つなので
チョロQを代表する存在と言っても過言ではないでしょう。

(余談ですが私のバハバグの思い出は→こちらに書いています)

shodai-13.jpg

ところで、もともとは↑こちらのホイールを履いていました。
A品番型のメッキ仕様ですね。これも全然悪くはないのですが、
バハバグはバギー的な要素のある車なので
もう少し幅の広いタイヤを履かせたいなと思い、

shodai-15.jpg

↑こちらのストックから(トミーのチビヨンですかね?)
タイヤとホイールを拝借して、手持ちの適当な
チョロQモーターと組み合わせました(↑右の写真)

shodai-11.jpg

チョロQのタイヤより径が少し大きいので、
当初は履けるかな?と心配していましたが、
フェンダーに干渉することもなく無事に収まりました♪(^o^)

shodai-14.jpg

ボディの赤色とも合っていて、
なかなかいい感じに馴染んだかなと♪

shodai-16.jpg

バハバグはフェンダーの前後がカットされていますので
特に前から見るとタイヤが見える面積が大きいので、
幅の広いタイヤを履かせると視覚的に迫力が増しますね☆
またワイドでどっしりとした後姿も魅力的です♪

で、ここまでが去年に手をつけた内容です。
今年は引き続いて、もう少しカスタムしたいなと思っています☆

shodai-12.jpg

私は↑後ろに見えるダッシュQピットの
箱絵のカラーリングが好きなので、
これを真似た感じにしたいなと思います。

しかしこの絵の車は黄色ベースですが
今回の車は赤色のボディなので、
カラーを反転させたパターンにしようかなと思っています。

進展したらまた追々レポートしますね☆


| BACK TO TOP |

Q-ueen(キュウィーン)

zeroのステップバンをベースにしたカスタム
Q-ueenが完成しました。以下はその詳細です☆

caplio 046

2015年度最後のチョロQ改造コンテストのテーマは
Qート(キュート)でしたので、Q繋がりということで
トランプのQ(クイーン)の模様でチョロQをラッピングしてみました。

実車のカスタムでは、このような車を作る際は
フィルムを使ったりするのが昨今流行っていますが、
チョロQサイズではいろいろと難しそうなので(^ ^;)
ボディの模様は普通に筆で描きました。

側面の窓は埋めてハート型のポト窓を作りました。
(制作過程は→こちらの記事をご参照くださいませ)
左側面は大きなハート型の窓が1個で、
右側面は大小2つのハート型の窓となっています。

caplio 052

後部の窓にはK、Q、J、10の4枚のトランプが貼ってあり、
コインホルダーのエースと合わせると、ポーカーで最強な
ロイヤルストレートフラッシュになるようにしています☆

Q-ueen25.jpg

↑ちなみにコインホルダーに貼ってあるトランプは
こちらのメッセージシールのものが、サイズ的にも
ちょうどピッタリだったので、流用することにしました♪

Q-ueen-toukou3.jpg

ホイールは中を赤に塗ってハブキャップ仕様に。
(制作過程は→こちら

この作品タイトルは、チョロQの走っていくイメージから
Queen(クイーン)を捩って
Q-ueen(キュウィーン)と名付けてみました♪(^ ^)



おまけ↓(絵柄について)

ちなみにこの車のボディの模様は
トランプのハートのQの絵柄をアレンジしたものですが、
天井の面では、クイーンの顔の横にQ♡がくるように描いており
これはトランプらしさを出すためでもありますが、
Q♡は「チョロQラブ」という意味もあるので、
クイーンがチョロQを好きと言っているようにも見えるかなと思いw
このような構図にしてみました♪(^ ^)

そして側面ですが、
左側の面はクイーンが左手に花を持っている絵柄で
これはトランプの絵柄ほぼそのままなのですが、
右側の面はトランプの絵柄に右手は描かれていないため
私がアレンジしたものとなっています。

ハートのクイーンは左手に花を持っていることから、
右手は剣を手放している様子にしてみました。
(本来のクイーンの絵柄の解釈とは異なりますが)

これは、昨年は近隣諸国との緊張感やフランスでのテロなど、
武器を手にすることを想像してしまうようなニュースが多かったので、
今年は武器を捨てて、代わりに花を持てるような
そんな平和な世の中であることを願って、この絵柄にしてみました。

2016年は世界とチョロQが平和でありますように☆


| コメント:2 | BACK TO TOP |

Q-ueen 制作過程

zeroのステップバンをベースにしたカスタム
「Q-ueen」の制作過程の続きです。

今回は下周りから。

Q-ueen14.jpg

zeroのステップバンに標準装備されていた
スピードスターマークⅠ風のホイールですが、
まず中を赤に塗装しました↑

Q-ueen15.jpg

↑続いて、メタルスタッズの半球型のものを用意して
前輪には2ミリ、後輪には3ミリのものを中央に貼り付けます。
スタッズのサイズを変えているのは
前後輪の大きさの違いを強調するためです。

Q-ueen16.jpg

すると↑こんな感じになり
リムとハブキャップがメッキのホイールになります。

アメリカの古い車とかが履いている
ホイールの雰囲気に似てますね☆

Q-ueen18.jpg

続きましてボディですが↑
トランプを見ながら絵柄を描いていきます。

描く面積が小さいので、今回はクレオスのガンプラ専用
スミ入れペンという0.3ミリのペンを使って下書きしました。

Q-ueen19.jpg

その線を黒でなぞって、色を着けていきます。
そして最後にまた黒で線を整えて完成です。

Q-ueen20.jpg

雰囲気、色合いともに↑まあまあ似た感じにはなったかなと。

Q-ueen23.jpg

これは模様を描く時に役に立ったダイソーの万力で、
軽すぎて今まであまり使う機会が無かったのですが
今回はボディ全面に絵柄を描くということで
ボディを手で持ちながらの作業が出来なかったので
こんな感じで↑ボディを固定するのに使いました♪


| コメント:0 | BACK TO TOP |

応募作品一覧

前回の記事の続きですが、2015年度に私が制作して
コンテストに応募した作品を以下にまとめてみました(^ ^)♪

team-mini-2.jpg

↑TEAM-MINI
ミニの牽引車両

police-hydraulics2.jpg

↑ポリスカー(ハイドロリクス風)
ローライダー仕様

volkswagenT2-moon2.jpg

↑MOON仕様
デリバリーバンのムーンアイズ仕様

parody-rolls-1.jpg

↑現代版パロディロールス
ニュービートルのロールスマスク

moon-woody1.jpg

↑MQQN WQQDY
ヴァリアントのサーファー仕様

blog-pirelli-7.jpg
zero-stratos-3.jpg

↑シークレットと超豪華版
ストラトスのピレリ仕様とギミック仕様

caplio 046

↑Q-ueen(キュウィーン)
ステップバンのトランプのQ絵柄

以上の7作品でした☆

今年(2016年度)は、マイペースに楽しみながら
制作していけたらいいなと思います♪


| コメント:0 | BACK TO TOP |

第17回改造コンテスト 投票

前回の記事ではQ・オブ・ザ・イヤーの
投票のことを書かせていただきましたが、
同じくチョロQ学園さんが開催されている
改造コンテストの投票期間も始まりました☆

2015年度は合計58台の応募があったそうで
その中から各テーマごとの優秀作品を
それぞれ一般投票などを基に決定されます。

私は自分自身も作品を応募していますので、
コンテストの投票は控えさせていただこうと思いますが、
ぜひ多くの方にご参加いただけたらいいなと思います。

詳細は↓こちらの記事をご参照くださいませ。
http://ameblo.jp/qkaizo11/entry-12112596646.html

投票ページは↓こちらです☆
http://www2.tokai.or.jp/sumiya/choroq/touhyou17.html

ちなみに私は一昨年は7台応募しましたが、
去年は8台応募することができました♪
(ただしストラトスの2台はセットなので
応募回数としては7回になりますが)

いちおう去年の目標として、
月1台くらいのペースで制作したいと思っていましたので
コンテスト募集期間の4月~12月で8台ということで、
ほぼほぼ目標は達成できたかなと満足しています(^-^)

そして一昨年は、なんと4つの部門で賞をいただけましたが
(前回の受賞内容は→こちらの記事をご参照ください)
それはたまたま応募した部門のエントリー数が少なかったからで
私のような初心者が賞をいただくのはまだまだ早いかなと思います。
あのような場で皆さんに見ていただけるだけで十分ですよね☆

実際、もっと上手な方はたくさんおられますし、
私の作品はたまに細かいと褒めてもらえることがありますが、
細かさで言えば、船の模型や鉄道模型を作っている方などは
もっと細かい作業をされていますし、塗装面や造形面でも
自作ルアーやフィギュアを作っている方など、他のジャンルには
遥かに高精度な技術を持った方がたくさんおられるわけで、
もしそういう方々が本気でチョロQカスタムに参入したら
私なんてあっという間に圏外になるだろうなと思います。

なので周りから褒めていただけるのは有り難いことですが
それに自惚れずに、謙虚な姿勢でこれからも
チョロQカスタムに向き合っていきたいなと思いました。
そんな2016年の始まり。今年もどうぞよろしくお願いいたします♪


| コメント:0 | BACK TO TOP |

Q・オブ・ザ・イヤーの投票

チョロQ学園さんで毎年開催されている
Q・オブ・ザ・イヤーの投票が始まりました!

これは昨年(2015年)に発売されたチョロQの中から
一般投票によってベストな1台を選出するという企画です。

詳細は↓こちらをご参照くださいませ。
http://ameblo.jp/choroq/entry-12112082448.html

この記事によりますと、昨年発売されたチョロQ
(キュートランスフォーマーも含む)は
なんと125種もあったんですね!
思っていたより多くてビックリしました!

昨年はzeroでイタリア車シリーズの後半戦と、
なんと言ってもワーゲンシリーズの発売もありましたから、
きっとこのあたりが人気上位を占めるのではないでしょうか。

中でもデリバンのNGK仕様などは人気が高そうですね☆
しかしMIXにもユニークな車両が多数発売されましたし、
スカイラインシルエットのHG版なども出ていますから
一覧の隅々まで侮れない内容になっていると思います。

私も早速投票を済ませましたよ☆(^o^)
ちなみに私の1位は、やはりこれで↓

ND-Roadster.jpg

Q-14 マツダロードスターND型(レッド)です!
zeroの造形や完成度に比べ、やはりどうしても
見劣りしてしまう感のあったSTDの中で、
この車はzeroとも堂々と勝負できそうな造形の良さと
美しい塗装で、久々に「おっ!」と思える1台でした♪

またチョロQらしいディフォルメと
超低い車高もカッコ良かったですね☆
そして何よりこのクオリティでワンコインほどのお値段
というのが素晴らしいなと☆

もちろん、ディテールのクオリティなどで言えば
zeroの豪華版などには敵わないのですが、
どんどん上昇するzeroの価格に対する抗議的な意味も込めて
敢えて1位はこのワンコインで頑張っている
STDのNDロードスターに贈りたいなと思います☆(^-^)b

そしてzeroの中ではというと、

beetle-fiat500-1.jpg
beetle-fiat500-2.jpg
beetle-fiat500-3.jpg

↑やはりこの2台で迷いました。

チョロQの代名詞的なビートルですから、
その復活は本当に記念すべきことなので
ここはビートルを選びたいところなのですが、
造形の面では、より完璧な(←私の主観ですが)
ディフォルメなのは、このFIAT500かなと思いますので、
この非の打ち所のないディフォルメ造形に1票でしょうか。

ビートルも凄くいいディフォルメ造形なのですが、
何箇所か「うーん」と思うところもありますのでね。

ちなみにどちらも豪華版を選ばなかったのは
豪華版はどれも素晴らしくて甲乙付け難かったからです。

それに、FIAT500には、やっぱり白が一番似合うかなと
個人的に思いますので、この車を選ぶことにしました☆

さて、皆さんはどうでしょうか?
何台でも投票できますので、ぜひ!

チョロQ学園さんの投票ページは↓こちらです。
http://www2.tokai.or.jp/sumiya/choroq/201501qofyear.html


| コメント:0 | BACK TO TOP |

新年

新年あけましておめでとうございます♪

年末ギリギリまでカスタムに追われておりましたのでw
ホッと一息、穏やかなお正月をすごしております(^o^)

早いものでこのブログを始めて2年が経ちました。
同時にチョロQカスタムも3年目に突入です☆

当初は腰痛の治療期間の暇つぶし的な感じでしたので
まあ、2年くらいやったら辞めようかな?と思っていましたが、
けっこうあっという間に時間が過ぎまして、
そしてまだまだ作りたいプランもありますので
もうしばらくは続けようかなと思っております。

そして2年経ったとは言え、
チョロQのカスタムではまだまだ初心者ですし
新参者感は拭えませんがw
チョロQ界の先輩方のブログや作品をお手本にして
これからも日々精進していきたいなと思います☆

というわけで、こんなワタクシですが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします~。


| コメント:2 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (119)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (33)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR