鉄道

genbi-shinkansen.jpg

現美新幹線。
本日より運行が開始された世界最速の「走る美術館」です☆

漆黒の新幹線、カッコイイですね☆
これのチョロQも出してほしいですね♪(^ ^)

外観は演出家・映画監督の蜷川幸雄さんの娘さんで
写真家・映画監督の蜷川実花さんの写真で覆われており、
内部は7名の現代美術のアーティストが手掛けています。

ちなみに先頭車両を手掛けている松 本尚さんは私の同級生で
中学、高校、大学が一緒で、さらに部活も絵の予備校も同じでしたw
大学では彼女はデザイン科で、私は修復のほうに行きましたが。

私は鉄道には全く興味が無いのですが
知り合いが関わっているということで
今回の現美新幹線は ちょっと楽しみにしていました♪
(それに外観もカッコイイですしね☆)
これのチョロQが出たら買うかもしれません(^ ^)

今日から上越新幹線の区間で運行開始とのことで
テレビのニュースなどでも話題になっていますね☆

現美新幹線のホームページは↓こちら。
http://www.jreast.co.jp/genbi/

それと今日は京都鉄道博物館もオープンしましたね!
私は職場が京都なので、ここの噂もよく耳にしていました。
http://www.kyotorailwaymuseum.jp/
こちらは国内最大規模の鉄道の博物館だそうで
今日は鉄道ファンにとっては話題の多い日になりましたね☆

あ、鉄道と言えば、先日、四天王寺の骨董市で手に入れた
チビコロの電車です↓

chibikoro-densha2.jpg

古い物なので、さすがにあちこち汚れていますが、
まあ、100円なのでね。ぜんぜんアリですよね☆
私にとっては、なかなか巡り会えない希少な物なので
ゆっくり時間をかけて丁寧にレストアしたいなと思います。


スポンサーサイト
| コメント:6 | BACK TO TOP |

謎のタイヤ

さて、前回の記事ではダイシンのカーボーイや
ホビーダックスのダッシュQピットについて触れましたが、
今日はそれらが履いているタイヤについての疑問です。

Q-pit-tire1.jpg

↑これは私が持っているダッシュQピットの画像ですが
ピレリの刻印のあるラジアル風タイヤが付いていました。
(ストラトスの作品でも使いましたが、→こちら
けっこうワイドで私は好きなんですよね~☆)

このタイヤは今までにも時々話題に挙がっていて
多くの方がブログ等に書いておられますが、
ダッシュQピット以外にも、いろいろな車が
このタイヤを履いている画像を見かけます。

daishin-porsche1.jpg

↑こちらはオークションに出ていた
ダイシンのポルシェの画像から抜粋しました。

cosmos-hilux2.jpg

↑こちらはコスモスのハイラックスです。
コスモスのハイラックスやランクルは
他のホイールを履いている例もあります。

cosmos-sensha1.jpg

↑同じくコスモスの戦車?です。

もちろんこれらは中古品なので、
後からタイヤを付け替えられた可能性もありますが、
この戦車のホイールを見ると、
ボディと同じオリーブドラブ色の成型色っぽいので
おそらく出荷時から履いていたものではないかと思いました。

今のところ、私が見かけただけでも
ダッシュQピット
チビQダッシュ
ダイシン カーボーイ
コスモスの一部の車両
などが、このホイールとタイヤを履いていました。

教えていただいた話ではアリイ製が良質とのことですが。
複数のメーカーがこのホイールとタイヤを作っていたのか?
あるいはどこか1社が作っていたものが流用されたのか?
はたまたどこかがどこかの真似をして増えていったのか?

昔からよく見かけるタイヤ&ホイールですが、
ネット等で調べても、はっきりとした正体は不明なので
この機会に皆様に聞いてみたいなと思いました(^ ^)

もし何かご存知の方がおられましたら
ぜひ教えていただけると嬉しいです♪



※なお、本文の説明のために、一部画像を
オークションサイトなどから流用させていただきました。
画像の所有者の方で、もし問題がある場合はご連絡くださいませ。
| コメント:2 | BACK TO TOP |

同じですか?

昨日はミツワのチビコロについての疑問を書きましたが(^ ^)
質問の流れで、この機会に詳しい方にお聞きしたいことがあります。
もしご存知の方がおられましたら教えていただけると有り難いです。

それは、以下の3つのシリーズについてなのですが、
とりあえず箱絵の車種を書き出してみましたので、
ご覧いただければと思います。

dashQpit-hako7-crop.jpg

↑こちらは、私も持っているホビーダックスの
ダッシュQピットというシリーズです。
これは、おまけでコンバットタイプの
改造パーツが付属しているのが特徴ですかね。

そしてこれの箱に記載されている車種は全10種で、

1.ポルシェ
2.ランドクルーザー
3.ハイラックス
4.フォルクスワーゲン・バギー
5.フェアレディ280Z
6.フェラーリ380GTB
7.ファイヤーバード・トランザム
8.コルベットスティングレー
9.セリカXX
10.レンジローバー
※フェラーリは308ではなく380と記載されている。

となっています。


で、続きまして、有井製作所のPUTA(ぴゅー太)ですが、
画像は昨年末にチョロQ研究序説さんで
カタログの絵が紹介されていましたので
そちらでご確認いただければと思います↓
http://ameblo.jp/choroq/entry-12109451000.html

そしてそこに記載されている車種は全10種で、

1.フェアレディ280Z
2.セリカXX280GT
3.ハイラックス4WD
4.ワーゲンバギー
5.ランドクルーザー
6.トランザム
7.スティングレー
8.ポルシェ930ターボ
9.フェラーリ308GTB
10.ローバーレンジャー

となっています。

ぴゅー太はこれ以外にも
ラジカセ型のキーを差し込んで走る
モーターの無いバージョンもあったり、
プラモ形式のパステルカーというのもあったり
バリエーション?がいろいろあるみたいですね。


続きましてダイシンのカーボーイですが、

daishin-kaigai1.jpg

この商品はカーボーイの海外版でしょうか。
(適当なものが無かったのでネットの画像から切り取らせていただきました)
中身の車のシャーシにはcarboyの刻印があります。

この箱絵の記載も全10種?で

1.
2.LAND CRUISER
3.HILUX
4.VOLKSWAGEN BUGGY
5.DATSUN 280Z
6.
7.FIREBIRD TRANSAM
8.CORVETTE STINGRAY
9.CELICA XX
10.RANGE ROVER

となっています。

daishin-kaigai2.jpg

この箱は6.のFERRARI 380GTBのものです。
(やはりこれも308ではなく380と記載されていますね)

というわけで、1.が抜けていますが、
おそらくここはポルシェではないでしょうか?


さて、上記の3つのシリーズを比較してみると
車名の表記に若干の違いはありますが、
車種的には全く同じということが分かります。

私は1つ目のダッシュQピットしか持っていないので
これらの3つのシリーズの、実際のボディ形状を
比較して検証することはできないのですが、
ネットの画像などを見るかぎり、とてもよく似ているので
もしかして同じ型なのかな?と思いました。
10車種が全く同じというのも、偶然にしては
ちょっと揃いすぎかなとも思いますしね。
逆に本当に偶然なら凄いですけど(゜_゜;)

というわけで、これらは同じものなのでしょうか?
まあ、取るに足らないような疑問かもしれませんが
箱絵を見ていて、ふと気になったもので。(^ ^;)
もしこのことについて知っている方がおられましたら
ぜひ教えていただけると嬉しいです♪


| コメント:2 | BACK TO TOP |

mitsuwaとkutsuwa

今日は最近私が謎に思っていることについて
考察を書きたいと思います。
そしてもしそれについてご存知の方がおられましたら、
ぜひ教えていただければ有り難いです☆
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

それは、ハル衛門さんも先日ブログにアップされていましたが
シャーシにKUTSUWAと刻印のあるプルバックカーについてです。

kutsuwa-bajabug0.jpg

↑こちらはebayでオランダの方?が出品されていたものですが
ハル衛門さんが入手されたものと、とてもよく似ています。
そしてルーフ上の赤いパーツには、鉛筆を挿す穴が開いています。

kutsuwa-bajabug10.jpg

↑コインホルダーのシールにはPEN SHARPENERの文字。

kutsuwa-bajabug11.jpg

↑シャーシにはKUTSUWAの刻印があり、

ハル衛門さんバハバグ2

↑ハル衛門さんの画像と見比べてもよく似ています。

少し調べてみると、鉛筆削りを収集されている方のサイトに
文具メーカーのクツワ製のプルバックカーとして
紹介されていましたので、おそらくそれで間違いないと思いますが、
(クツワは現在もある文房具の会社ですよね)

私が気になったのは、この車のシャーシやタイヤやホイールが
ミツワのチビコロに、とてもよく似ているということです。

で、ふと、以前入手した自分のチビコロを見てみると、

chibicoro-datsun4WD-2-crop.jpg

↑荷台の赤いパーツの後部の
割れて欠損していると思っていた部分が
実は鉛筆削りの穴の部分だったのではないかと推測しました。

で、ネットで検索してみると、
同じダットサントラックの画像を見つけました。

chibicoro-datsun-pen-sharpener2.jpg

それが右の写真なのですが(すみません、この説明をするにあたって
画像があったほうが分かりやすいので画像を拝借いたしました)

chibicoro-datsun-pen-sharpener1.jpg

すると荷台のパーツの後部に穴が確認できて↑
しかもこの車のシャーシにはKUTSUWAの刻印が入っていたので
これもクツワ製の鉛筆削りであることが分かりました。

しかし、私のダットラのシャーシにはKUTSUWAの刻印がありません。
そして丸いシールで鉛筆の穴を塞いでいた感じもあります。
ということは、私のは何なのでしょうか?

さらにネットで調べると、同じくルーフ上や荷台に
大きなパーツを付けたチビコロの画像をいくつか発見しました。

チビコロ鉛筆削り7

チビコロ鉛筆削り8

チビコロ鉛筆削り9

しかしこれらはチビコロとして発売されたもののようです。

でもゴルフのルーフ上のヘルメットとか、
明らかに大きすぎるというか、バランスが変ですよねw
もしかしてこれらにも、もともと鉛筆削りが入っていて
それが欠損したのかな?とも思いましたが、
いかんせん小さな画像だけでは何も分かりませんでした。

ところが先日、友人がデッドストックのチビコロを入手しまして
それを見せてくれたのですが、
これによって上記の謎が解けたような感じがしました♪

chibikoro-golf10.jpg

それがこちらなのですが↑コインホルダーのシールには
クツワ製と同じPEN SHARPENERの文字があります。

しかしルーフのヘルメットを開いてみると、
中には鉛筆削りは入っていません。

ブリスター未開封の新品だったので、
鉛筆削りを取り出した形跡はないとのこと。

chibikoro-golf12-2.jpg

↑さらに、内側には鉛筆を挿す穴も確認。

chibikoro-golf11.jpg

そしてその穴の外側は↑
シールで塞がれています。

chibikoro-golf14.jpg

↑シャーシのKUTSUWAの刻印の部分も
塞がれたみたいになっています。

つまりこの商品は、
ペンシャープナーと書かれているけど
鉛筆削りは入っていなくて、
ミツワのチビコロとして販売されたもの
だと思われます。

同様に考えると、私のダットラもこれと同じで、
クツワのペンシャープナーのダットラと同じパーツですが
中に鉛筆削りは入っていなくて、穴がシールで塞がれている
ミツワ製のバージョンなのかなと。

以上のようなことをまとめると、

クツワ製→鉛筆削り入りでシャーシの刻印はKUTSUWA。
ミツワ製→鉛筆削り無しでシャーシの刻印はチビコロ、もしくは記載なし。

こんな感じで同じ形をしていても
2通りの商品があったのではないかと思いました。

で、以下は私の全くの想像ですが
上記のようなことから仮定すると、

「チョロQのケズリダンプなどの文具シリーズにヒントを得た文具メーカーのクツワが、同様の商品を企画して、チョロQと同じようなプルバックカーを作っていたミツワにボディ制作を依頼、そしてクツワの製品として発売したのがクツワの刻印のある鉛筆削り付きのチビコロで、後にミツワも、せっかく型があるわけですから、鉛筆削りが入っていないバージョンを、穴をシールで塞いで、通常のチビコロとして販売した。」

というのが、私の勝手な推測なのですが
どうでしょうか?(^ ^;)

もし詳しい方や、真実をご存知の方がおられましたら
ぜひ教えていただければと思います☆
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m



※なお、本文の説明のために、一部画像を
オークションサイトなどから流用させていただきました。
画像の所有者の方で、もし問題がある場合はご連絡くださいませ。
| コメント:6 | BACK TO TOP |

フリマ その4

IMG_20160423_190742.jpg

前回の続きで、午後からはメリケンパークで開催されている
こうべリサイクルマーケットへ。http://www.koberm.com/

IMG_20160423_190734.jpg

いちおう100店舗ほど出店しているとのことでしたが、
(私の印象としては)この日は50店舗くらいの感じでした。

IMG_20160423_190725.jpg

午前中に行った六甲アイランドのフリマと比べて
こちらはプロっぽい感じの人が多く出店していました。
(あくまで私の個人的な印象ですが)

IMG_20160423_190553-crop.jpg

私は↑こちらのお店にて↓以下の8台を購入しました☆

20160423-2.jpg

どれも1台100円で、合計800円でした(^ ^)

チョロQプロの黄色いポルシェは、フロントのシールが欠損していますが
それ以外は特に問題なかったので、これが100円ならお得かなと♪

個人的にはその隣の赤い924?のモドQがツボでしたけどねw

タミヤのモンスタートラックはタイヤ狙いで、青いミニトラベラーは
このシリーズを1台も持ってなかったので買っておこうかなと。
けっこう塗装とかも綺麗で、細部まで凝っていますしね☆
同じくS2000も塗装や印刷が綺麗なので買うことにしました。

ミニミニのトラックは、タイヤの状態が良かったので
スペアタイヤ用として買っておきました。
ミニミニは中古だと けっこうタイヤが割れていることが多いので、
そんな時に履き替えさせようと思います☆
同じくミニミニのGT-RとZも状態が良かったので買うことにしました。

IMG_20160423_190715.jpg

余談ですが、この土日はメリケンパークで年に一度の
ミニ鉄道フェスタも開催されていました☆

IMG_20160423_190529.jpg

線路がメリケンパーク内に(かなり長距離に渡って)敷かれており
ミニサイズの列車に乗って回れるというイベントです。

IMG_20160423_190541.jpg

いろいろな種類の電車があって、
これは電車好きの子供には嬉しいでしょうね~!

IMG_20160423_190609.jpg

新幹線とかは電動で、SLとかは
ちゃんと石炭を燃やして走っています!
(なので会場はかなり煙たいw)

IMG_20160423_190626.jpg

子供の時にこんな体験をしたら、きっと鉄道好きな人になるでしょうね~。

IMG_20160423_190756.jpg

以上、メリケンパークのフリマとイベントのリポートでした♪(^ ^)


| コメント:2 | BACK TO TOP |

フリマ その3

土曜日は朝から六甲アイランド フリーバザールへ行ってきました。
そして午後からはメリケンパークで開催されている
こうべリサイクルマーケットへ行ってきました。

では、まずは六甲アイランド フリーバザールの収穫品たちです。
業者が出店している蚤の市とは違って、ここは一般の方が
子供が使わなくなったオモチャとかを出品されている感じですので、
古いものとか特別なものはそんなにありませんでした。

20160423-1.jpg

↑左のバスだけ300円で、あとは2台で100円でした。
バスはこのホイールを作品に使いたかったので買いました。

同じく後ろのタンクローリーも、タンクの部分が
また何か作る時に使えそうだなと。

ルノーのバンはVolvicのプルバックカーコレクションでしたっけ?
買いそびれていたので、この機会に。

ちびっ子サイズの黄色いスクールバスは、数合わせで買ったのですが
印刷とかも わりと綺麗で、よく見てみると けっこう可愛いなと♪
ボディは金属製で、裏側を見るとMIDORIという刻印がありました。

そしてアドバンカラーのTAISANポルシェは、
リアウイングが欠損していますが、
他の部分は特に傷とかもなく綺麗ですし
50円ならいいかなと(^ ^)

会場へは、JR住吉駅から六甲ライナーに乗って、
人工島である六甲アイランドへ。

IMG_20160423_190006.jpg

アイランドセンター駅で降りると↑
既にたくさんの人で賑わっていました。

IMG_20160423_190027.jpg

100店舗ほど出店していると聞いていましたが
半分くらいがキッチンカーとか飲食のお店で、
物販は20ブースくらいでした。

IMG_20160423_190112.jpg

場所柄か客層は小さいお子さんがいるファミリーが多くて
お店もスーパーボールすくいとか、子供向けのアトラクションが多めでした。

IMG_20160423_190216.jpg

フリマに出店している人たちも、仲の良いママ友で集まって
出店されているという感じで、のんびりとした雰囲気でした。
なので小さいお子さんがおられるご家庭は
家族みんなで遊びに行ったら楽しいのではないかと思います♪

六甲アイランド フリーバザール
http://www.newsdust.com/fleabazar/


| コメント:2 | BACK TO TOP |

フリマ その2

今日は(もう日付が変わりましたが)四天王寺の骨董市に行ってきました。
これはプロの業者の方々が出店されていますのでフリマではないですが、
チョロQも含めて昔のオモチャを探せる場所としてご紹介したいと思います。

IMG_20160422_165347.jpg

この骨董市は毎月21日と22日に開催されていますが、
昨日はあいにくの雨だったため、本日行くことにしました。
そんな天候の理由もあってか、いつもより出店数が
少ないような感じがしました。

そして車のオモチャを売っているお店も
いつもはもっとたくさん(いろんなお店に)あるのですが、
今回は3~4店舗ほどしか見当たりませんでした。

IMG_20160422_165410.jpg

しかしながら↑こちらのお店でヒットが!
赤い丸で囲ったところが車のオモチャのコーナーでしたが、
その向かいの赤い矢印の所にも数台ミニカーが置いてあり
なんとその中に↓下の写真のチビコロ2台を発見!

IMG_20160422_195405.jpg

お店のお兄さんも、凄く感じの良い人で
「これいくらですか?」と尋ねると
少し悩んでから、ニコっと笑って「100円でいいです」と
1台100円で売ってくださいました♪

なので上の5台のミニカーは全て100円。
下のホットウィール2台は、また別のお店で買ったものですが
こちらも1台200円だったので、つまりこれ全てで900円でした♪

ミツワのチビコロの電車は、
先日ネットで見かけて気になっていたものだったので、
このような機会に偶然にも入手できて(しかも100円で!)
凄く嬉しかったです☆

同じくミツワのチビコロの緑の車(ルノーターボですよね?)も
持っていない色だったので嬉しいです♪

黒いデューンバギーはあちこち破損していますが、
カスタムの部品取り用なので全然OKです☆

同じくホットウィール2台も、部品などが
チョロQのカスタムに使えそうかなと。

そして今回唯一のチョロQ(というか会場全体で
チョロQはこの1台しか見つけられませんでした。
いつもはもっとたくさんあるんですけどねっっ)
は、ちびっ子の赤いロードスターです。

そしてこれもちょっと嬉しかった台車のプルバックカー。
このオモチャの存在は以前から知っていたのですが、
台車にゼンマイモーターを入れて走らせるという発想が面白いなと。(^ ^)
しかも未開封の新品だったので、綺麗なのがまた嬉しいです☆

個々にはまたあらためて撮影してご紹介したいと思いますが、
他にも野村トーイのター坊やポケットダッシュなども売っていて
やっぱりこういう骨董市はプロの業者さんが出店しているので
フリマなどではあまり見かけない商品と出会えたりするのが良いですね☆

IMG_20160422_165310.jpg

ちなみに毎月22日は、聖徳太子の月命日ということで、
「太子会(たいしえ)」 という縁日が行われていますが、
今日は特に毎年4月22日に行われる「聖霊会舞楽大法要」という
四天王寺の行事の中でも最も重要な舞楽法要が開催されていました。

ちょっと写真が逆光になってしまって暗いのですが、
カラフルで大規模な装飾がとても華やかでした☆
外国の方も多くて、骨董市+観光気分も味わえました♪

というわけで、お客さんの多くはそちらを観ておられたので
骨董市のほうはいつもより人が少なくて見やすかったです(^ ^)

なお四天王寺の行事や骨董市についての詳細は
四天王寺のホームページをご参照くださいませ。
http://www.shitennoji.or.jp/event/index.html

これからどんどん暖かくなって気候も良くなりますから
参拝も兼ねて骨董市へお宝探しに出かけてみるというのも
良いのではないでしょうか☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ドナルドシューズカー

日曜日はあいにくの雨で、行く予定だったフリマが
2つとも中止になりました。
というわけで今日は前々回に書いていましたように
マクドナルドのシューズカーのオモチャについて
感想を書こうと思います。(前々回の記事は→こちら

mcdonalds-red-shoes-car3.jpg

これはネジを巻いて走るタイプのオモチャで
チョロQでもなく、プルバックカーでもありませんが
マクドナルドのおまけ繋がりということで
この流れで載せておきたいと思います☆

mcdonalds-red-shoes-car30.jpg

ドナルドの赤い靴は、マクドナルドの象徴的なアイテムの1つ
とされているようで、海外では実際に人が乗れるサイズの
シューズカーを作ったり、普通の乗用車を改造して
シューズカーにしている人がいたりするようですね☆

mcdonalds-red-shoes-car32.jpg

ドナルドが運転している様子がシールで表現されています(^ ^)

左サイドにあるツマミを回してネジを巻く仕組みです。
駆動は後輪です。

mcdonalds-red-shoes-car31.jpg

真横から見ると、前が少し浮き上がっているのは、
↓このような仕組みになっているからなんですね。

mcdonalds-red-shoes-car20.jpg

前輪はダミーで、タイヤの形の所を黄色で塗装してあるだけです。
走行時は中央のコマが回転して、また進行方向を変えたりもします。

そしてマクドナルドのおまけと言えば定番の
安全を考慮した三角ネジで固定されています。

mcdonalds-red-shoes-car21.jpg

シャーシの刻印を見ると、1993年になっていますね。
同じく1993年あたりに出た、もう1つのタイプのシューズカーがあって、
そちらはシールではなく立体的なドナルドが乗っていて、
グリルとかも付いているのですが、ネットなどで見ていると
そちらのほうが有名で人気のようですね。

でもまあ私はこれをけっこう気に入っています♪
どちらかというと、これのほうが「靴」と分かりやすい形をしていますしね☆

それに見ようによってはタルボット・ラーゴとかトラージュなどの
往年の名車のようなデザインに見えなくもないかなと?(^ ^)
なんて言ったら怒られますかね(笑)

mcdonalds-red-shoes-car33.jpg

ちなみに大きさは↑こんな感じです☆
今回のマクドナルドのおまけQよりは小さいです。
どちらかと言うと通常のチョロQのサイズに近いかな。

以上、今日はシューズカーをご紹介しました。
マクドナルドのおまけは昔から車関係も多いので
集めると楽しいかもしれませんね☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

フリマ その1

気候も穏やかになりフリマのシーズンの到来です☆
中でもこの4月中旬からGWにかけては
例年あちこちでフリマが開催されていますので
チョロQのカスタム用のパーツの仕入れも兼ねて
そういったフリマも少し覗いてみようかなと思います♪

20160416-1.jpg

というわけで、今日は朝から地元である神戸の
サンシャインワーフのフリマに行ってきました☆
お天気は快晴で海沿いの風が気持ち良かったです♪

20160416-2.jpg

資料によると、140店舗くらいが出店されているようです。
ほとんどが一般の方っぽいですが、中には業者というか
プロっぽい感じの方のお店もいくつかありました。
そしてお天気が良いこともあってか、お客さんもとても多かったです。

20160416-3.jpg

収穫品はまた後日あらためてご紹介しますね☆

ちなみにこのサンシャインワーフでは、
今後以下のような日程でフリマが開催されるようです。
ご興味のある方はぜひ。
複合商業施設ですのでフリマ以外にも
いろいろなお店が入っていて楽しめますよ♪
詳しくは施設のサイトでご確認くださいませ。
こちら→http://www.sw-kobe.com/

4/20(水)
5/6(金)
5/18(水)
5/21(土)
6/1(水)
6/15(水)
6/18(土)

サンシャインワーフ神戸 サンシャインガーデン
兵庫県神戸市東灘区青木1丁目2-34

------------------------------------------------------------

余談ですが、前回ここのフリマに行った時に見かけた
ちょっと個性的なオジサンがまた出店していました(^ ^)

前回は食玩のおまけのプルバックカーを
「絶版のチョロQで珍しいものだよ」と言い切っていて
でもそう言うわりには1台300円で、2台買うと言ったら
いきなり1台200円に値引きしてくれるというw

今回は缶コーヒーのおまけのプルバックカーを
「これは大昔の非売品のものだから貴重だよ」
と言って販売していました(^ ^;)

私が「いやいや、これは数年前に出た缶コーヒーのおまけですよ」
と言っても、「いや、これは昔のものだよ!」と言い切っていましたw
確かに車種的には1950年代の車ですけどねw

まあ、こういういい加減な人でも出店できるのが
フリマの良いところでもあり悪いところでもありw

まあ、こちらもね、そんなにマジで仕入れに
行ってるわけではないので(^-^)
そんな会話もフリマの面白さの1つということでヽ(´ω`)丿

さぁ、明日もどこかのフリマに行ってみようかな♪


| コメント:0 | BACK TO TOP |

ハッピーセットのおまけ

前回の記事でマクドナルドのハッピーセットの
おまけのチョロQについて書きましたが、
今日はマクドナルドの今回のキャンペーンで
私がゲットしたチョロQについて書きたいと思います☆

実は私は普段そんなにマクドナルドに行かないので
今回のキャンペーンは初めから諦めていたのですが、
ふとFBで友人知人の皆さんにお願いしてみたところ、
たくさんの方が収集に協力してくださいました♪(^o^)

kandasan-choroQ.jpg

いつもお仕事でお世話になっている神田さんからは
マックフライポテトQをいただきました↑

takenakasan-choroQ.jpg

竹中さんはなんと毎日マクドナルドにかよって
1人でこんなにも↑集めてくださいました!

その他、友人の久美子さん、高梨さんも協力してくださり
全8台中、7台も集まるという嬉しい結果となりました♪

happyset201603-2.jpg

いつも周りの皆さんに助けられています。
ありがとうございます。本当に心から。

happyset2016Q-0.jpg

ちなみに唯一入手できなかったのは↑上記の
ドナルドマクドナルドシューズQです。
まあ、もともとそんなに興味は無い車種でしたので
ぜんぜん構わないのですが。

mcdonalds-red-shoes-car3.jpg

その代わりと言ってはなんですが↑
ドナルドマクドナルドシューズカーと言えば
こちらを持っていますので、私はこれで十分かなと♪
このおもちゃについてはまた次回にご紹介しますね☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

チョロQ タイランド

先日、インスタグラムを始めて、タイやインドネシアの人からの
フォローが多いという話を書いたと思いますが、
そんなタイ人のチョロQ好きの人から、フェイスブックの
「Choro-Q Thailand」という非公開グループに誘っていただき、
参加することにしたのですが、
これが毎日、多い日では20件以上も投稿があったりして、
チョロQカスタムの盛り上がり具合がうかがえました。

そのカスタムの多くは、ホイールとタイヤを他のおもちゃ?の
大径のものに交換するというパターンが多いようですが、
(そのほとんどは ただタイヤにボディを載せて撮影しているだけ)
しかし中にはちゃんとパテ等でボディを整形して、
塗装とかも綺麗に施している人もいたりして
見応えのある作品もたくさんあって面白いです☆

また背景のジオラマが凝っていたり、撮影技術が美しかったりと
日本とはまた違った盛り上がり方をしているのも参考になります。

そして何よりメンバーが2千人とかいて、
毎日たくさんの人が作品を投稿しているというのも
活気があっていいなと思います☆
その状況はちょっと羨ましいですね。

ところで、彼らの記事を見ていると
タイでもマクドナルドのチョロQのおまけが始まったみたいで
最近、頻繁に「マクドナルドに行ってきた!」という記事が
アップされて、ゲットしたチョロQの画像が貼られています。
タイ語は読めないので内容は分かりませんが、雰囲気的に
おそらく「欲しかったやつがゲットできた!」とか
「今回はかぶってしまった!」みたいな?感じで
ゲットしたチョロQに一喜一憂している様子が
日本の人たちと同じ感じなんだなと親近感が湧きましたw

thai-mac5.jpg

ちなみに画像でしか判断できないので よく分かりませんが
今のところ8種類のうち4台だけが配布されているようですね。
それぞれ1、3、5、7と数字が書かれていますので、
残りの2、4、6、8はまた後日配布されるのでしょうか。

マクドナルドの紙袋も、見た目は日本と同じですが
デザインが やはりタイっぽいというか独特で面白いですね。
(クネクネした湯気のイラストとかタイっぽくないですか?)

いずれにしてもマクドナルドのハッピーセットの日本のおまけが
海外でも配布されているとは知らなかったので面白かったです☆

あと、投稿者の中には
「チョロQを買いに日本に行ってきたよー!」みたいな感じで
日本へ旅行に行った写真をアップしている人もいたりして、
チョロQが日本に興味を持つキッカケの1つになっているのなら
それはとても嬉しいことだなと思いました♪

日本のチョロQシーンも、本家として負けていられませんね☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

映画の車

前回、前々回の記事で、チョロQの
映画に関する車をご紹介しましたが、
「BTTFのデロリアンを忘れているよ」
というご指摘をいただきました。

そう!そうなんです☆
実は今、私のデロリアンは未来に行っておりましてw
もうすぐ現代に帰ってくると思いますので、
近々、また皆様にお披露目できると思います☆(^ ^)

さて、今期の改造コンテストのテーマは「映画」
ということで、いろいろ考えていたのですが、
今までに見たチョロQのカスタム作品では、
過去にワイリーさんが作られたナイト財団のトレーラーと
特攻野郎AチームのGMCのバンは、とても素晴らしくて
当時感動したのを覚えていますね。

あと、(作者のお名前は覚えていないのですが)
マッドマックスのインターセプターや
スタスキー&ハッチのグラン・トリノ、
60セカンズのエレノアとかもありましたよね。

映画に登場する車は大好きなので、
作りたいものはたくさんあるのですが、
やはりカーアクション映画というとハリウッド映画が多く
ハリウッド映画というと、やはりアメ車が使われていることが多く
でもチョロQにはアメ車が少ないという難点もあって(;´Д`)
ベース車が無くてなかなか難しいですね。

ホットウィールだったら全く車種には困りませんが
なんでチョロQには昔からアメ車が少ないのでしょうね。
昨年はチョロQにチェロキーが出ると聞いて
楽しみにしていたのですが、これもボツりましたしね(>_<)

あと、缶コーヒーのおまけとかのプルバックカーには
わりとアメリカンなタイプの車が多かったりしますよね。
チョロQ zeroでも、今後アメリカ車が出てくれたら
いいなと思いますが、あまり出る気配はなさそう?ですよね。

チョロQで出してほしいアメリカ車については
また機会があれば車種を挙げて書いてみたいと思います☆

というわけで、好きな映画の車は
チョロQには無いことが多いので(>_<)
今回のコンテストには、ベタですがw
↓こちらを応募しようかなと思っています(^ ^)

zero-herbie13.jpg

また追々、製作過程をアップしますね☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

movie cars つづき

前回からの続きで(前回は→こちら
映画に登場する車両をモチーフにしたチョロQたちです。

movie-car6.jpg

左から人気海外ドラマ24の犯人のバン、
中央がディズニーのカーズの主人公マックイーン、
右はビギンズ?などに登場するバットモービルです。

movie-car7.jpg

タイアップ(コラボ?)物だからか
どれも凝った造りになっていますね☆

24のバンは後の扉が開き、内部も再現されています。
フロントガラスの銃弾の跡なども細かく表現されています。

マックイーンはナスカーっぽいオリジナルのホイールが良い感じです♪
こういった映像の中の世界の車を、3Dとして手に持つことができるのも
おもちゃの良いところですね☆

そしてバットモービルは、全体的に凝った造りですが、
特に後部はコインホルダーが無い代わりに
噴射口のような部分の作り込みが凄いです☆

こういった映画とのタイアップ物とか宣伝物は
予算もあるのか、作りが凝っていて良いですね☆
先日のアマゾンの記念Qとか、マクドナルドのおまけもそうですが
そういった企画にチョロQを起用していただけると、
新しい金型(車種)も増えるので、我々チョロQファンにとっても
それは嬉しいことだと思いますので、今後も他企業のいろいろな企画に
チョロQが良い感じで採用されることを願います☆


おまけ↓

24Q-01.jpg

ところで、上記の24のバンは
↑こちらのシリーズに入っていたものでした。

これが発売された当時、私は確か20代とかだったかな?
警察車両は好きなので、本当は12種類全て欲しかったのですが
あんまりお金が無かったので、1台だけ買うことにしました。

もちろん中身はどれが入っているか分からないのですが
まあ、どれが当たっても警察車両なので、いいやと思っていたのですが、、、

家に帰って箱を開けてみると、どう見ても警察車両では無さそうな
↓こちらのバンが入っているではありませんか!(゜o゜;)

24noVAN.jpg

しかもパッケージの写真には無い車です。
「あれれ!?なんだこれ?」と思って箱をよく見てみると、

24Q-08.jpg

なんと!よりによって唯一警察車両ではない
シークレットが当たってしまったという!ヽ( ̄д ̄;)ノ
運が良いのか悪いのか(笑)

まあ、そんな複雑な心境で手に入れたチョロQなんですが
今となってはこのエピソードも含めて良い思い出です(^ ^)♪


| コメント:0 | BACK TO TOP |

movie cars

さて、4月になり、今年も改造コンテストの募集期間が始まりました。
4月~6月のテーマは「映画」ということで、
映画に出てくる車両や、シーンを再現したジオラマなど
楽しい作品が集まりそうで、今からとても楽しみです♪

movie-car2.jpg

そう言えばチョロQには映画関係の車もいろいろあったなと
とりあえず今思いつくものを出してきました☆

movie-car3.jpg

これらは洋画ですが、邦画だと三丁目の夕日シリーズや
踊る大捜査線シリーズなど、こちらもいろいろありそうです。

写真は前列左からラブバッグのハービー、
007のパロディの2000GT、
ハリーポッターのアングリア、
後列左から24の犯人のバン、
カーズのマックイーン、
バットマンのタンブラー?です。

いちおう映画関係ということで
カーズのDVDプレーヤーの上に並べてみました(^ ^)

movie-car4.jpg

ハービーのビートルは以前にも紹介しましたので(→こちら
今回はレポートは省きまして、お隣の2000GTから。
これはボンドカーのパロディで、確か実車はオープン仕様でしたね。

movie-car9.jpg

パロディなので↑007ではなく、QQ7になっています!(≧∀≦)
やっぱりA品番のシャレは今見ても面白いなあと思います♪
これを80年代にやっていたのが凄いですよね!
しかもシールのデザインは本家並みにカッコイイですしね☆

movie-car5.jpg

続きまして、アングリア。これは本当に映画のオフィシャル。
乗車しているキャストは写真のシールで再現されています。
クリフカットでお馴染みの後姿も上手く表現してあります☆

チョロQには珍しい車種なので、カスタムベースとしても
いろいろと可能性がありそうで有り難いですね。
最近、なぜかフリマとかでよく見かけるのですが、
魔法がとけた子供たちが手放しているのでしょうかw
そんなわけで私はカスタム用に何台か保有しています(^ ^)

あとの3台を書いていると長くなるので続きはまた次回に☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

2CV いろいろ

前回の記事では↓こちらの2CVの消しゴムカーをご紹介しましたが、

mizube-citroen2cv-11.jpg

この車の詳細は前回をご覧いただくとして(→前回の記事
今日は私が持っているその他の2CVのプルバックカーを
(特に珍しいものではありませんが)ご紹介したいと思います。

mizube-citroen2cv-12.jpg

まず↑こちらは前回、比較するために登場させた
チョロQのA-16の2CVです。

mizube-citroen2cv-7.jpg

コインホルダーに書かれた「もぐりダイバー」と
サイドの女性ダイバーのイラストでお馴染みですね☆(^ ^)

mizube-citroen2cv-5.jpg

ルーフ上のボートの中をよく見てみると、
水中メガネ、シュノーケル、酸素ボンベ、フィンなど
ダイビングのセットが、細部までしっかりと造形されています☆
今思うとA品番はこういった脇役パーツたちのクオリティも
とても素晴らしかったですよね♪

mizube-citroen2cv-9.jpg

続いてはmaistoの2CVです。
zee toyやMC toys時代からも含めると
チョロQと同じくらいの歴史を持つシリーズです☆

この車は蛍光っぽいオレンジ色のボディに
紫色のカラータイヤを履いています。
そしてホイールは黄色で、とてもカラフルです(^ ^)

slickers2014-coupe5.jpg

ちなみに青いほうは2014年?バージョンです↑
細かい違いはあれど、80年代から現在まで
ほぼ同じ形で生産されているのが凄いですよね!

チョロQで例えるなら、A品番のデザインを
ずっとリニューアルしながら販売している感じですよね。
(バハバグは「初代チョロQ」として復刻されましたが)

slickersについては、特集すると言ったまま
全然実現していませんが(>o<;)
またそれぞれの時代ごとに検証&考察して
ちゃんと書きたいなと思っています!

mizube-citroen2cv-10.jpg

続きまして↑こちらもお馴染みのkin toy製のプルバックカーです。
チョロQよりも一回り大きなサイズで、ボディは金属で
バンパーや幌などの各部のパーツはプラスチックとなっています。

これのビートルは、フリマとかでも本当によく見かけるので
このブログにも何度も登場していますがw
それに比べると2CVはあまり見かけないですね。
(このシリーズは他にイセッタとかもありますね)

kintoy-2cv3.jpg

ビートルと同じく↑こちらもseikokenの
フラットエンジンを積んでいます☆
とはいえ、ボディも大きくて金属製で重いですから、
走行スピードはチョロQに比べるとゆっくりです(^ ^)

ボディカラーはビートルと同じく何パターンもありますが
私はこのクリーム色とオレンジ色の組み合わせが
一番フランスっぽくて?小洒落ていて好きです♪

以上、普通のものばかりですが私が持っている2CVたちでした。


| コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (21)
日々のこと (110)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (59)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (8)
ルノー関係 (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR