ジオラマカードの撮影


rodder-diorama1.jpg

前回の記事で作りました背景を使って
ミニカーを撮影してみようと思います☆
(背景の制作過程は→こちら

でもチョロQには、デュースとか
そういったホットロッド的な車種が無いので、
今回は他のミニカーで代用したいと思います。
(いつかこういう車もチョロQで作ってみたいですけどね)

rodder-diorama2.jpg

↑まずは普通の照明の下で撮ったもの。
1/64サイズに合うように作られているので、
建物とのバランスなどは、ちょうどいい感じですね。

rodder-diorama3.jpg

この絵柄は屋外だけじゃなくて、整備工場の中とか
屋内という設定でも使えそうな絵柄ですね☆

rodder-diorama4.jpg

照明を少し赤みの強い電球に変えて撮ってみました。
ちょっとレトロな雰囲気になるかなと。

rodder-diorama5.jpg

フレアーとスキャロップのラインがカッコイイですね☆
背景の看板のレトロな絵柄とも合っていると思います。

rodder-diorama6.jpg

少し照明を暗くして、夜の雰囲気みたいにしても合うかなと。
本当は三脚とか立てて撮ったほうが綺麗かと思いますが。。。

rodder-diorama7.jpg

今回の中ではこれが一番お気に入りですかね↑
紙に描かれた平面の背景とはバレにくいかなと(^ ^)

rodder-diorama8.jpg

ハイボーイいいですねぇ~
また機会があればチョロQで作ってみたいです♪

rodder-diorama9.jpg

あと、ホットロッドじゃなくても↑ワーゲンとか、

rodder-diorama10.jpg

ちょっとアメリカンテイストもあるような
国産の旧車とかも似合うかなと思います☆

とまあ、そんな感じで、今回はジオラマカードで作った背景を
照明の色や明るさを変えて撮ってみましたが、
私は特に技術もなく、いいカメラを使っているわけでもないので
まあこんな程度なんですがw
腕のある方が ちゃんとしたカメラで撮影されたら
もっとステキな写真が撮れるのではないかなと思います☆
まあ、ジオラマカードのご参考程度ということで。(^ ^;)ノ


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

背景の制作

hotrod-diorama14.jpg

今日はRod☆(ロッドスター)の撮影の際に
背景に使ったセットの制作過程と
パーツをご紹介したいと思います。

hotrod-diorama1.jpg

基本、できるだけリサイクルを心掛けていますのでw
土台となる材料は↑こちらの文明堂のかすてらと
揖保乃糸の空き箱を使おうと思います☆(^ ^)

hotrod-diorama2.jpg

そしてそれらを↑しっかりとネジで固定して、

hotrod-diorama3.jpg

↑このような台が出来上がりました♪
そしてこの台に↓こちらのシートを貼ります☆

hotrod-diorama4.jpg

で、これが何かといいますと、ダイキャストカー専門店の
Calooksさんが販売されているミニカーコレクションケースの
ウェーブ TケースMという商品に付いている
Calooksさんオリジナルの、おまけジオラマカードです。

このシリーズには いろいろな絵柄がありますが、
私が購入したものは「ビンテージ・ガレージ」という絵柄で、
サイズ的には1/64スケール相当のイメージだそうです。

hotrod-diorama16.jpeg

通常は↑このような感じで、
展示ケースの背景として使うものです。

Calooksさんのサイトは↓こちらです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/calooks/

そしてその中のコレクションケースのページが↓こちらです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/calooks/a5b3a5eca5.html

これが「おまけ」と言いながら、とても良く出来ていまして
平面なのに凄く立体的に見えるように建物等が描かれており
壁に貼ったポスターなど、細部まで凝った絵柄になっています☆
絵柄の各所を拡大しましたので↓ご覧くださいませ。

hotrod-diorama5.jpg

↑これは左端の部分ですが、レンガの壁面も立体感があり、
古くて汚れている感じなども上手く表現されています。

hotrod-diorama6.jpg

↑こちらは真ん中の部分ですが、窓ガラスが経年で劣化して
曇ったり割れたりしている様子がリアルに描写されています。
平面なのに立体的に見えるのが不思議ですよね~☆

hotrod-diorama7.jpg

↑こちらは右端の部分。
シャッターに描かれたイラストもカッコイイです。
そしてそれが擦れて剥げてきている感じや
錆なども上手く表現されていて凝っていますね☆

ところで、このシャッターの絵柄もステキですが、
各所に貼ってあるポスター?の絵柄も
よく見るとカッコイイんですよね☆

hotrod-diorama8.jpg

昔の整備工場に貼っていそうな、自動車関連のものが多くて、

hotrod-diorama9.jpg

描かれている車たちも、
1930年代あたりの車をベースにしたホットロッドで、
今回の作品の背景にピッタリだと思いました!

hotrod-diorama10.jpg

特にこのHot Rodと書かれたポスターは
色合いも赤と白と黒で、今回の作品の色と同じですし、
しかも低い位置にあるので、横に車を並べることができるので
バッチリだと思いました♪(^o^)

hotrod-diorama11.jpg

そして壁面に目が行きがちですが↑何気に地面もいい感じで
この罅割れた感じとかもリアルでいいなあと思いました♪

hotrod-diorama13.jpg

で、この紙をカラーコピーして、
前述の台に貼り付けたものが↑こちらです☆

背面だけでもいいのですが、側面もあったほうが
撮影する時に角度の幅が広がりますから、
今回は右側の壁も造ることにしました。

ちなみに木箱の上に貼って高さを確保しているのは、

hotrod-diorama13-2.jpg

↑このような下から見上げたような写真を撮る際に
カメラを地面より低い位置から構えるため
下にスペースがあったほうが撮り易いからです♪

hotrod-diorama15.jpg

というわけで、ただカードを貼っただけですがw
こんな感じのセットが出来上がりました(^ ^)

まあ、こういうのが1つあると、ちょっと何かを撮影する時に
いちいち背景を考えなくていいから便利ですよね☆

おまけカードの絵柄は、これ以外にもいろいろあって、
どれもリアルでステキなので、また機会があれば
増やしていこうかなと思っています☆


| コメント:2 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター6)

Rod☆の制作過程の続きですが、

rodstar52.jpg

↑こちらはコインホルダーを付けるための
ベースになるパーツを、後部に取り付けた様子です。
1000番くらいで表面を削った黒いプラバンを使用しています。

コインホルダーは、通常のサイズだと少し背が高すぎて
ロードスターの後部の緩やかなラインが隠れてしまうので、

shodai-28.jpg

こちらの↑初代チョロQ(バハバグ)のものを使うことにしました。
これはちょうどマフラー?も一体になっていて便利ですし、

rodstar69.jpg

そのマフラーをフェンダーの終わりの位置に合わせると、
通常より少し下の位置にコインホルダーをマウントできるので
高さを出したくない今回にはピッタリだと思いました☆

そしてシールは、とりあえず仮で貼ってみたTEXACOの
昔のシールが、この車の雰囲気に合っていましたのでw
そのまま使うことにしました♪(^ ^)

rodstar70.jpg

そして最後にウインドウですが、
もともとベース車には窓ガラスが入っていなかったので
今回は↑こちらを窓ガラスとして流用することにしました☆

rodstar71.jpg

これは以前にイオンで見つけた透明の青い下敷きなんですが、
チョロQサイズで見ると、厚みや色の濃さが
ちょうどいい感じだったので、買っておいたものです。

Rod-window.jpg

窓枠サイズに切ってはめると↑こんな感じになりました。
まあまあ窓ガラスっぽくなったかなと思うのですが、どうでしょうか。

以上で、今回の制作物は全て完成しました☆
そして出来上がった車を↓こちらのセットにて撮影しました。

hotrod-diorama14.jpg

ジオラマと呼べるほど たいしたものではありませんが(^ ^;)
これの制作過程はまた次回に載せたいと思います☆


| コメント:0 | BACK TO TOP |

Rod☆ (ロッドスター5)

ふと、ブログのカレンダーを見ていて、
8月末からカスタムレポートを書いていないことに気づきました!
というわけで本日はロッド☆の制作過程の続きです。

rodstar55.jpg

↑こちらは缶コーヒーWANDAのおまけの
1933年型キャデラックです。
ライトも欠損してピラーも折れているジャンク品です。
なので部品取り車として使わせていただこうと思います。

rodstar56.jpg

そして上記のキャデラックからエンジンフードを切り取りました。
実車ならフードを外すだけですが、一体成型のミニカーの場合は
その形通りに切り取らないといけないので面倒ですね(^ ^;)

で、今回作ろうとしているのが、1932年あたりの
ロードスターなので、年代的にも同時期ということで
デザインも合うかなと思っていたのですが、
なんとサイズ的にも(幅などが)偶然にもピッタリで!
これは上手くいきそうな期待が持てました♪(^o^)

rodstar57.jpg

↑さっそくグリルなど余分な部分を切り取り、
今回のロードスターのボディに収まるような形に加工して、

rodstar58.jpg

↑裏側も、ネジ受けなどが付いていたので削り取って
ロードスターのエンジン部分などに干渉しないように、
フードの内側を削って内部空間を確保しました。

rodstar59.jpg

↑ロードスターのボディの前端も少し削り取って、
そこにキャデラックのフードの後端部分を切断して接着。
隙間を溶きパテで埋めて一体感が出るように形を整えて
ボディ側は完成しました。そこへフードを入れると↓

rodstar60.jpg

↑こんな感じで綺麗に収まりました♪
上記のように、フードの後ろ部分を切断して
ボディ側に接着してあるので、
フードとボディが違和感なく繋がったかなと思います☆

rodstar64.jpg

↑こちらはメッキのフロントグリルの縁になるパーツです。
これはグリルの形に合わせて黒いプラバンで作りました。

rodstar61.jpg

続きまして、インテリアですが、
シートは↑こちらのマジョレットですかね?
のミニカーから頂くことにしました。

これは以前、蚤の市で買ったものですが、
これも完品であれば、そこそこ珍しいミニカーだと思いますが
まあ、この状態ですのでね。(^ ^;)

rodstar62.jpg

↑シートのパーツを取り出して、

rodstar63.jpg

↑シート部分だけを切り取りました。
今回はこれの後部座席の、背凭れの部分だけを使用します。

rodstar65.jpg

↑この車は赤いモーターを使っていますので、
その上に赤い背凭れを載せると、
ちょうどいい感じでシートみたいに見えました☆

rodstar66.jpg

シートはゼンマイの部分だけ削って凹ませて
回転に干渉しないようにしています。

ハンドルはまた別のジャンクパーツの中から
レトロな雰囲気のものを選び取り付けました。
車が可愛く見えるように少し大きめのものを選んでいます。

rodstar67.jpg

屋根を切断した際に、幌の形に残しておいた部分を
クリーム色に塗って完成です。シートの赤との相性も良くて
形的にもシートと上手く合ったかなと思います♪

rodstar68.jpg

今回はホットロッドということで、モーターもRSマグナムを入れて
隠さずに敢えて見せるというプランにしましたので、
どうせ見えるなら、座席の一部として使おうと思いました。
全体的にも、黒と赤と白で、上手くまとまったかなと思います☆


| コメント:2 | BACK TO TOP |

ネットの諸々

こんばんわ。最近、ネット関係で
新しく追加したことがいくつかありますので、
この機会にまとめてご報告したいと思います。

まずは先日、アメブロのIDを取得しました。
これはアメブロを開設するためではなく、
アメブロを使っている方に「いいね」を
するためです☆(^o^)

チョロQ改造コンテストをはじめ、
以前から拝見しているいくつかのブログが
アメブロを使われているのですが、
記事に「いいね」を押したくても
アメブロのIDを持っていないと押せないので
この度、登録することにしました。

名前はchoroqcustomで、
アイコンは以前作りましたムーンウッディ
(VWのヴァリアントのウッディ仕様)の
画像を使っています。また皆様のブログなどに
お邪魔させていただくことがあるかと思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

続きましてヤフーですが、
これは今年の夏頃に取得したのですが、

名前はArataと表示されると思います。
当初、アイコンの画像はありませんでしたが
本日、同じくムーンウッディにしておきました☆

ところで余談ですが、ヤフーのIDを取得したら
ヤフオクに参加できると思っていたのですが、
いざ見てみると、多くの出品者の方が
「新規の方、評価の悪い方はお断り」となっていて
いや、これじゃあ最初の1歩が踏み出せないじゃん!
ってなりました(笑)

というわけで、一度、出品者に質問をしてみただけで
まだオークションには参加できていません(涙)

ま、皆様から見れば「今さら何を言ってるんだ」
って感じのことだとは思いますが。。。
本当にネット関係に疎いもんで。(^ ^;)

さて、話を戻しまして、他のSNS関係では
以前もお知らせしていたと思いますが
インスタグラムにもチョロQの画像を載せています。
名前は同じくchoroqcustomです。
https://www.instagram.com/choroqcustom/

これはブログだと、私のカスタム作品を見ようと思うと
制作過程なども載せていますので、
いちいち全て遡らなければいけないので、
完成品を一覧で見たいという意見が多かったため、
インスタでは完成した状態の写真だけを載せています。
(一部、購入履歴的にプルバックカーなども載せていますが)

なお、フォローはどなたでも自由にしていただけますが、
私からのフォローは0にしています。
これは以前やっていたSNSで、いろいろと面倒なことがあり(>_<)
例えばAさんとBさんはフォローしたのに、
たまたまCさんだけフォローするのを忘れていたところ
Cさんが自分は嫌われているのだと勘違いされたりとか、
相手の記事をこちらが全て読んでいることを前提に
話してくる人がいたりとか(^ ^;)
とにかくSNSは面倒なイメージしかなかったのでw
そういったモメゴトに巻き込まれないためにも
申し訳ないですが、フォローは0にさせていただいています☆

あと、フェイスブックやラインもやっていますが、
これらはチョロQとは全く関係ない内容で、
同級生とか同僚とかの、ごく身内だけで
連絡を取り合うためにしていますので、
それ以外では非公開とさせていただいております。

ただ、フェイスブックのコミュニティの
チョロQタイランドには参加しています☆
メンバーも2千人以上いて、なかなか活発なコミュニティです。
現在は先日、国王が亡くなられたので少し自粛ムードですが、
普段は多い時では1日20件以上の投稿があるなどして
カスタムやジオラマなど、凝った作品が多数アップされています。
海外からでも誰でも参加できますので、お薦めです☆
Choro-Q Thailand (非公開グループなので申請が必要)

最後に、よく聞かれる質問で「なぜFC2ブログなんですか?」
というのがあるのですが、特に意味はありません。
2013年頃まで、相方の人と一緒にやっていたブログがFC2で
当時、たくさんの画像をアップするのが使い易かったので、
(上記のようにネットに疎い私は)新しくやり方を覚えるのも
面倒だったので、使い慣れているFC2で始めることにしました。

それと、仕事で書いていた雑誌のブログについては、
今年の春、その雑誌社のホームページのリニューアルに伴い
閉鎖されることになりました。まあ、ちょうど10年目だったので
私もキリがいいかなと思って終了することにしました。
そのブログの内容は、チョロQとは全く関係ありませんので
このブログでは紹介していません。

以上が、私の周りのネット環境アレコレです☆
チョロQに関しましては、前述のとおり、こことインスタのみで
両者の内容はほぼ同じですので
どちらかを見ていただければ十分かなと思っています。
とまあ、そんな感じなのですが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆ m(_ _)m


| コメント:0 | BACK TO TOP |

どっちカーⅡ 特集3

前回に引き続きまして、今回もトミー製のプルバックカー
「どっちカー」の特集です☆

前回のトミカのカタログによって、そのオモチャの名前が
「どっちカー」だということが分かりましたので、
ネットで「どっちカー」を検索してみましたところ
↓このような商品が出てきました☆

docchi-car-siryou1-crop.jpg

この画像はオークションに出品されていたもので、
出品されていた埼玉リユースセンター様の画像を
お借りして掲載しています。

箱のイラストには「どっちカーⅡ」と書かれています☆
ということは、これは前回の「どっちカー」の
続編ということでしょうか。

docchi-car-siryou2.jpg

↑そして中には車がギッシリと詰まっています☆
2車種×3色×6台の計36台入りのようですね。

docchi-car-siryou7.jpg

形を見るかぎり、フロントの大きなバンパーや
ボディサイドに出ている円形のロールバーなど、
特徴が前回のバハバグに似ていますので、
おそらく同じシリーズで間違いないかと思います。

docchi-car-siryou8.jpg

もちろんメーカーはトミーです。
そしてこの時代としては珍しく?
自動車メーカーの承認を得ているようです。

箱にはTOMYのロゴの他に、
Design approved by HONDA
の文字が記載されています。
シティがモチーフになっているからですかね。

docchicar2-hako4.jpg

なお、箱は↑このように折り曲げると
ディスプレイとして使えるみたいです。
おそらくこの箱は一般向けではなく、
販売店向けのものだったのではないかと
思いますが、どうでしょうか。

前回ご紹介しましたバハバグタイプの「どっちカー」は
カタログに6色と書いてありましたので
1車種×6色ということが分かりましたが、
「どっちカーⅡ」は(この箱の内容を見るかぎりでは
シティとバンタイプの2車種×各3色のようですが)
他にも車種があったのか?や、他の色もあるのか?は
この資料だけでは分かりません。

ただ、ネットで検索していると、
オークションに↓このような写真もありましたので、

docchicar2-green3.jpg

これがカスタム品でなければ、
このような(成型色のグリーンに星条旗のシール)
バージョンもあるようなので、
もっと他にもカラバリが存在しているかもしれません。

また「どっちカーⅢ」など、続編があったのかも気になるところです。
そのあたりも含め、もしこのシリーズについて情報をお持ちの方や
詳しい方がおられましたら、ぜひ教えていただけたらと思います☆





※なお、今回の件を説明するにあたって、
画像の一部をオークションサイトなどから
引用させていただいておりますが、上記の画像の所有者の方で
もし問題がある場合はお手数ですがご連絡くださいませ。
| コメント:0 | BACK TO TOP |

どっちカー 特集2

先日も少し書きましたが、今月はトミーの
「どっちカー」をご紹介しようと思います☆

私がこのオモチャと出会ったのは小学生の時でした。
その経緯などについては、2014年の3月31日の記事で
詳しく書いていますので、そちらをご覧くださいませ。

2014年の3月31日の記事
http://choroqcustom.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

で、この記事を書いたのが2年半前になりますが、
その後、皆さんからいろんな情報をいただきまして、
このオモチャについての詳細が分かってきました☆

まず最初に教えてもらったのが
「1984年のトミカのカタログに似たような車が載っていたよ!」
という情報でした。

ということで、早速そのカタログを取り寄せて
見てみることにしました☆

tomica1984catalog1.jpg

あー、そうそう、こんな感じでしたね!
当時、私も持っていたような気がします。

tomica1984catalog2.jpg

↑そして表紙には「アクションビークル」の文字があります!
きっとこれでしょうね☆

tomica1984catalog3.jpg

中を見ていくと↑懐かしいトミカがいっぱい☆
1984年と言えば、私は小学校の
3~4年あたりだったと思いますので、
まさにリアルタイムでこれらのトミカで遊んでいましたので
ここに載っている車たちは本当に懐かしいです♪

tomica1984catalog4.jpg

で、どこだどこだ?と探していくと↑最後のページに
アクションビークル特集がありました☆

tomica1984catalog5.jpg

そしてその中に↑どっちカーを発見!

どっちカー 障害物もなんのその!!
すばやく走るミニワーゲン 各¥300(6色)

と書かれています。
また2つのイラストの中には、

障害物にぶつかると方向転換
もち上げるとゼンマイがストップ

という解説も書かれています。

文中でも「ミニワーゲン」と表現されていますので
ビートルのバハバグがモチーフで間違いないでしょうね。
そして価格は300円で、全6色あったことが分かります。

この写真では、赤と黄にだけボンネットに
チェッカー模様がありますが、実際に発売された商品には
どの色にもチェッカー模様が入っていたようです。

tomica1984catalog6.jpg

この車は↑私が小学生の当時から持っているものですが
カタログの写真と並べてみると同じであることが分かります。

2年半前には、トミーのプルバックカーということしか
分かりませんでしたが、皆様のおかげでいろいろと情報が集まり
発売年や商品名、そして当時の価格やカラバリなども分かって
さらにこの車への愛着が沸きました♪

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました☆ m(_ _)m


| コメント:0 | BACK TO TOP |

zero新作

さて先日、ホビーショーでzeroの新作が発表されたそうですね☆

インスタグラムなどでも画像がアップされているのを見かけました。
中には外国の人がチョロQの画像をアップしているものもあって
海外からもチョロQが注目されているというのは、嬉しいことだなあ
と思いました♪

ちなみに次回がルノーのシリーズで、
その次がまた西部警察ですか?(^ ^;)

トミカでもチョロQでも、こんなにも西部警察の車両が
ラインナップに入るのは、やはり西部警察のファンも多いので
それなりに数が売れるのでしょうね。

ただ、前回のマシンRSは、あまりにも高額だったので
私は買わないことにしました。(小さな反抗です)笑

それにスカイラインのデフォルメも
あまり好きな感じではなかったですしね。
後部が長すぎて、ちょっとエルカミーノみたいに見えましたw

20161010-3.jpg

というのは冗談ですが、(^ ^)

次回のZはロングノーズで、リアもトランク部分が無いので
そんな心配は無さそうですね☆

そして個人的に興味があるのはシビリアンですかね。
やはりチョロQは過去の歴史を見ても、バスやトラックや
働く車系は多くラインナップされてきましたので、
zeroでも、こういった車たちをぜひたくさん出してほしいですね。

中でも特にシビリアンの石原裕次郎仕様は
どんな感じになるのか楽しみです♪
もともとキャンパー好きということもありますが、
70~80年代のカルチャーも個人的に好きなので、
この車のデザインには、そういった要素が
たくさん入っていて、車以外の視点からも
ちょっと興味があります☆(^o^)

そしてもう1つ、忘れてはいけないのがケンメリですね!
しかも待望のヨンメリです☆

2ドアも もちろんカッコいいんですけどね。。。
でもやっぱり族車世代の私にはヨンメリですw

画像で見るかぎり、マスクとかも造形が細かくて
かなりいい感じっぽいですが、どうでしょうか。
ただ、リアフェンダーのサーフラインが気になりますね。

VWのデリバンの時もそうでしたが、
実車はリアのフェンダーアーチがフロントより低いのですが
前輪が小さくて後輪が大きいチョロQの特徴上、
どうしてもリアのフェンダーアーチが大きくなってしまいます。
ワーゲンバスの場合は、それほど違和感が無かったですが、
ケンメリは、やはりあのリアのサーフラインが特徴的ですから
そのラインを無視して上にフェンダーアーチが広がると
果たしてどうだろうか?というのが心配ですね。

個人的には、2代目シルビアの時のように
フェンダーアーチの形を最優先して、タイヤは車軸をナロードして
フェンダー内に収めてくれたらいいのになあと思っています(^ ^)
(まあ、たぶん そうはならないだろうけどw)

いずれにしましても、私も西部警察は好きですし
(リアルタイムで見ていましたしね☆)
好きな年代の車が次々とリリースされるのは嬉しいかぎりです♪

長くなったので、ルノーのシリーズについては
またの機会に書きますね☆


| コメント:4 | BACK TO TOP |

どっちカー 特集1

10月になって気候もずいぶんと涼しくなってきましたね☆

私はロードスター2台を作り終えて、ホッと一息
少しのんびり すごしております。(^ ^)

さて、8月はボンのチームボーイ関連の車たちを、
そして9月はDILとその関連の車たちを特集してきましたが、
10月は何にしようかな?と考えていたところ、
こちらの↓「どっちカー」にしようかなと思います☆

20161010-1.jpg

ご存知ですかね?トミーの「どっちカー」。
手前のバハバグっぽい車が1984年に発売された「どっちカー」で
奥のバンタイプの車は「どっちカーⅡ」の中のものです。

しかしボディのどこにも「どっちカー」の文字は無いので
この車たちの名前が「どっちカー」だということは
あまり知られていないかもしれません。

むしろネットなどでは「ロックンロールカー」と
書かれていることが多いような気がします。
これはシャーシに「Reck'n Roll car」という文字が
記載されているためだと思われますが、
これもよく見るとRockではなくReckなんですよね。

20161010-2.jpg

まあそんな感じで、これまた謎多きオモチャですがw
その少しばかりをご紹介できればと思っています♪


| コメント:0 | BACK TO TOP |

赤と黒

今月の1台

ND-roadster-blog1.jpg

本日は写真のみで、詳細はまた制作過程で
書きたいと思います☆

ND-roadster-blog2.jpg
ND-roadster-blog3.jpg


ND-roadster-blog4.jpg
ND-roadster-blog5.jpg


ND-roadster-blog6.jpg
ND-roadster-blog7.jpg


ND-roadster-blog8.jpg
ND-roadster-blog9.jpg


ND-roadster-blog10.jpg
ND-roadster-blog11.jpg


| コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (21)
日々のこと (114)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (59)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (9)
ルノー関係 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR