Big Hustler(テールゲート 1)

前回、620のボディをビッグフットに載せてみて感じたのは
テールゲートのラインが、前から流れてきたデザインのラインを
最後にブツッと止めているようにも見え、
ベッドの四角い感じも強調されて、なんだか重そうだなぁと思いました。

で、昔のモンスタートラックの写真とかを見ていると
窓やテールゲートをネットにしている車をよく見かけます。
レーシーな雰囲気にもなりますし、見た目にも軽い感じなので
この案を採用しようと思いました。

まずはテールゲートを取り除きます。

choroQ-bigfoot-datsun94.jpg

↑切り離した状態。

実車だったら扉を取り外せばいいだけなのですが
チョロQの場合は全部が繋がっているので
(テールライトなどの部分は残して)
扉だけ切り離すという作業が大変です(>_<)っっ

choroQ-bigfoot-datsun94-2.jpg

↑シャーシに被せてみると
テールゲートが無くなったことによって
少し後ろがスッキリして
荷台の印象も軽くなりました。

choroQ-bigfoot-datsun95.jpg

しかし、後ろから見た状態では
荷台の床の部分が底上げになっているので
床とバンパーの間にこのような隙間があるというのも
このチョロQならではの構造です。
なので、この隙間を何とかして埋めなければいけません。

choroQ-bigfoot-datsun97.jpg

↑まずプラ板で壁を作って

choroQ-bigfoot-datsun97-2.jpg

↑ライトとライトを繋ぐパーツを作ります。

choroQ-bigfoot-datsun99.jpg

↑これで後ろの部分の形は完成。

choroQ-bigfoot-datsun100.jpg

↑繋ぐパーツをライト(バンパー)と同じ銀色に塗装し
下のほうは少し削ってロールパンのような丸みをもたせています。
壁のパーツは荷台の一部ということになるので黄色に塗装。

choroQ-bigfoot-datsun101.jpg

choroQ-bigfoot-datsun103.jpg

↑こんな感じになりました。
(ここは結局、コインホルダーやネットで
隠れてしまう部分なんですが、見えないところも
ちゃんとしておこうと思い、このようにしました)
スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (115)
未分類 (30)
購入記録 (17)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (23)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR