ホワイトウォール

私が好きなカスタムのスタイルに、ホワイトウォールタイヤは
かなり重要なアイテムなのですが、
チョロQにはホワイトリボンタイヤは時々ありますが
ホワイトウォールタイヤは少なく(初代スカイラインぐらいですかね?)
既製品で探すのは大変なので、自作してみることにしました☆

ちなみにホワイトウォールタイヤとは、
タイヤの側面が白いタイヤのことで、
ホワイトリボンも同じですが、私の勝手な識別として、

white-wall1-2.jpg

↑こういう白い部分が面で見えるものをホワイトウォールと呼んで、

white-ribbon1-3.jpg

↑こういう白い部分が線で見えるものをホワイトリボンと呼んでいます。

ただこれは私の勝手な便宜上の言い分けですのでw
もし厳密な定義とか、きちんとしたことを知りたい方は
専門サイトなどで、ご自身で調べてみてください(^ ^)

またホワイトウォールは、年式が古くなるほどに
白い部分の幅が広くなるイメージがあります。
もちろんそうではない場合もあると思いますが。
これもあくまで私の個人的なイメージです(^ ^)

white-wall-1.jpg

さて、ベースとなるタイヤは、できるだけ側面が広くて
且つフラットなほうが塗りやすいと思いますので、
zeroのタイヤを使うことにしました。
あと、昔のチョロQのタイヤは、たまに円形が歪んでいたり
幅が均一でないものがあったりしますので(^ ^;)
その点zeroのタイヤは最近の商品だけあって
かなり正確に仕上がっていますので安心かなと。

white-wall-2.jpg

円形のマスキングには↑こちらのテンプレートを使います。
これは画材店で380円で売っていたバンコテンプレートというものですが
最近は100円ショップでも売っていたりしますよね☆

前後2輪ずつ、一気に塗装したいので、今回は2枚買いました。
これが便利なのは、0.5ミリ単位で円の大きさが選べることです。
それと厚みが薄いので、切ったりする加工がしやすいかなと思いました。

で、タイヤの大きさに合う円を鋏で切り取って
↓このようにタイヤに合わせてマスキングして

white-wall-3.jpg

白に塗装します☆

white-wall-0.jpg

今回試したのは↑こちらの塗料たちです。
以前、ゴム用の塗料を試したことがあるのですが、
スプレータイプが無かったのと、チョロQサイズに塗るには
ちょっと粘度がありすぎて塗りにくかったので、
今回は他用途のものを流用してみることにしました。

まず最初は、いつも使っているクレオスの白を筆で塗ってみました。
いちおうに綺麗に塗れましたが、乾燥後、ホイールをつけてみると、、、

white-wall-4.jpg

タイヤのゴムが伸縮する際に塗膜に亀裂が入って
動かすとパラパラと剥がれてきてしまいました(>o<)

white-wall-5.jpg

そこで次に、タミヤのスプレーを使ってみました。
色はレーシングホワイトという、少しアイボリーな感じの
好きな色なのですが、これも塗装はできたのですが
乾燥後も塗膜が少しネチッとしていて、ベタつく感じがしました。
やはりゴムには合わないのですかね。

で、成功したのが↓こちらの3つで、

white-wall-8.jpg

右はMARVY FABRIC PAINT MARKER、
中はアサヒペン HSクリエイティブライフスプレー、
左は株式会社染めQテクノロジィのスプレー、
で塗ったものです。

white-wall-6.jpg

このマービーの布描き用のペンは
布用なので伸縮性があるのではないかな?と思ったのと、
「黒い布にもあざやかに描ける」と書いてありましたので
黒いタイヤにも合うのではないかと思い試してみました。

white-wall-7.jpg

ペン先では太すぎて、円の輪郭などが上手く塗れないので
↑このように一旦お皿に塗料を出してから面相筆で塗りました。

筆塗りなので、綺麗な円形に塗る手間はかかりますが
何度か重ねると上の写真のように鮮やかな白になりました。
今回試した中では一番発色が良く色味も綺麗でしたが、
筆塗りということもあって、斜めの角度から見ると、

white-wall-9.jpg

表面が↑このようにザラッとしていますので
これをペーパーなどで整える必要があります。

white-wall-10.jpg

続きまして↑こちらはアサヒペンのスプレーで
用途にゴムは書かれていませんでしたが、
塗ってみると綺麗に塗れて、ベタつきもありませんでした。
スプレーなので筆塗りに比べてムラも出来にくいですね。

色は白もありましたが、今回はアースベージュという色を選びました。
ラットロッドとか?レトロな車とか、少しヤレた感じの味を出したい時など
真っ白なホワイトウォールでは違和感がある場合に
これぐらいの色合いが合うのではないかと思います☆

white-wall-11.jpg

そして↑こちらは染めQの白で塗ったものです。
チョロQの既製品のホワイトウォールの質感に
これが一番近い感じがしました☆

これで3度塗りした状態なので、色は薄めですが
質感がとてもいい感じです♪

white-wall-12.jpg

写真では分かりにくいかもしれませんが、
ゴムの光沢や質感がしっかり出ていて
実際のホワイトウォールの感じに近いかなと。

塗膜もサラサラで、もともと皮革製品やビニール用なので
おそらく伸縮にも対応できるでしょうから
これはかなりいいのではないかと思いました♪

上のアースベージュの色味も捨てがたいですが、
質感という意味では染めQかな、という感じです。
そして何より名前にQが付いていますしねw

ちなみにチョロQ学園のすみやさんが金色や銅色も
面白い効果があると先日ブログに書かれていましたので
そちらも興味深いところです☆

というわけで、ホワイトウォールの塗装実験は以上です。
しばらく置いてみて、変化などがあるか観察したいと思います☆



※尚、今回のレポートは私が試した様子を掲載したまでで
たまたまこうなっただけかもしれませんので、
もし試される場合は自己責任でお願いいたします。
スポンサーサイト
| コメント:2 | BACK TO TOP |

コメント

Re: ホワイトウィール
> すみや様
経過を見てみないとまだ分かりませんが、今のところ染めQなかなか良かったです。金色や銅色も面白そうですね☆
2015/09/15(火) 23:52:25 | URL | あらた #- [ 編集 ]
ホワイトウィール
ゴムタイヤに塗装できる塗料はないかと思っていましたが成功例ありがとうございます!これでカスタムに幅が増えました~。
2015/09/15(火) 07:24:24 | URL | すみや #VWFaYlLU [ 編集 ]

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (114)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (64)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR