チビクロンに似た車たち

前回、前々回とご紹介しましたトイボックスのチビクロンですが、
今日はそのチビクロンに似た車たちを取り上げたいと思います☆

まずは名前がよく似ているミニカーで
ミニクロンというフリクションカーがあります。

これはクラウン製で、形はチビクロンというよりは
どちらかと言うとチョロQに似ているかなと思います。
なので似ているのは名前だけで、大きさも形も異なりますので
チビクロンとミニクロンを間違えるということは
あまり無いかもしれませんね。

ミニクロンについては、あまり知識の無い私が解説するより
下記のサイトで詳しく紹介されていますので、
そちらを↓見ていただいたほうが良いかなと思います☆
http://otonananonina.web.fc2.com/scall/car/carc01.html

さて、続きまして、チビカーはどうでしょうか。
名前もチビから始まりますし、大きさや形もよく似ています。

特に裏側から見たらソックリなので、蚤の市などで
チビクロンだと思って近づいたらチビカーだった、
(あるいはその逆も)みたいな経験をされた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

そのチビカーは、チョロQ業界でもお馴染みのw
あのコスモスの製品です☆(^ ^)

そして昨年(2015年)の5月20日に放送された
「マツコ有吉の怒り新党」の中にも少し登場していましたね。
ついこないだ観たような記憶でしたが、もう1年も前なんですね。
最近、歳をとったのか1年がめちゃくちゃ早く感じます。(^ ^;)

まあ、そんな私の老化の話はさておきw
この回はコスモスのガチャについての特集でした。

chibicar3.jpg

コスモス自体の紹介から始まり、
歴代の面白い商品が紹介されていました。

chibicar4.jpg

その中で↑このような感じで
フリクションカーも紹介されていました。
画像のものは「公式カー」と呼ばれているようですが、
広い意味でチビカーの仲間と考えていいですかね?

この特集に有識者として登場されていた
ワッキー貝山さんの↓ホームページの
http://www.wakky4649.com/

こちらのページに↓チビカーが紹介されていました。
http://www.wakky4649.com/gatya6.htm

説明するために、その画像をお借りしますと
↓こんな感じです。

chibicar1.jpg

ちなみにこのバイクタイプのチビカーについては
コスモスのツイッターにも資料が掲載されていました。
https://twitter.com/cosmos_app

そしてこれは前回ご紹介しましたチビクロンの三輪バイクと
形がとてもよく似ていますね。

chibikuron-bike.jpg

↑チビクロンの三輪バイク

これはパッケージが無い状態で見つけたら
見分けがつかないかもしれませんね☆

そんなチビクロンとチビカーですが、
これらのオモチャが活躍した時代について
上記の怒り新党の番組内でも解説がありましたが、
当時のミニカーに詳しい方のブログなどにも
これらの歴史というか発売の経緯が書かれていまして、
今回私なりにそういった資料をまとめてみますと、

1980年代、チョロQなどのオモチャが
子供たちの間で大ブームとなって、
それらを学校に持って行く子供が増え
学校側はそれらを持ち込むことを禁止しました。

するとメーカー側は、(チビクロンもそうですが)
筆箱に隠せるサイズのミニカーを発売します。

しかし学校側は、またしてもこれを発見し(^ ^)
「勉学に関係の無いオモチャを持って来てはいけません」
というルールを作り、これらを禁止します。

するとメーカー側は「じゃあ文具ならいいでしょう?」
ということで、消しゴム付きのものや、
文具の形をしたオモチャを発売します。
(前回ご紹介しましたチビクロンの文具シリーズは
まさにこのタイプかなと思いますが)

そしてそれがさらに進化?したのが上記の公式カーなどで、
数学の方程式などがボディに印刷されているというw
もはや本末転倒とも言える進化を遂げました。(≧ヮ≦)

こんな感じで、学校とメーカーの「いたちごっこ」が繰り返され
いかにして学校にオモチャを持って行けるようにするか、を
メーカーは競い合い、内容もエスカレートしていったわけですが、
子供たちが望んでいたのは、そういうことではなかったようでw
だんだんとこういった商品は姿を消していくのでありました。

というのが、番組やネットの記事の大筋かなと思いますが
合っていますでしょうか。。。

しかしコスモスのチビカーは
↓このような広報物のジャンルにも展開し
少し長く生き延びたようですね。

chibicar2.jpg
(オークションに出ている画像より)

余談ですが、このような食品や洗剤などのパッケージに
直接タイヤが付いているオモチャのルーツは古く
1950年代くらいから存在していたようですね☆

mini-senden-car1-2.jpg

mini-senden-car5.jpg

(※これらはアメリカの昔のオモチャで、動力は無く
サイズはチビクロンやチビカーよりもかなり大きいですが)

そして現行でも時々こういうオモチャを見かけますので、
このスタイルは企業グッズの定番なのか
いつの時代にも受け継がれているのが面白いなあと思います☆

さて、話がそれましたが、
そんな感じで、チビクロンとチビカーは
チョロQほどのヒットにはならなかったものの
1980年代という独特な時代に生まれ育まれたオモチャで
当時の文化を反映した貴重な資料なのではないかなと思います。





※なお、今回の考察も、たいして知識も無い私がw
ネットなどから適当に情報を集めてまとめたものですので
その内容はあくまで参考程度にしていただいて、
ちゃんとした情報をお知りになりたい方は、
ミニカー専門店等にお問い合わせいただくなど、
ご自身で調べていただきますようお願いいたします。
また上記の画像の一部はオークションサイトなどから
引用させていただいておりますが、上記の画像の所有者の方で
もし問題がある場合はお手数ですがご連絡くださいませ。
スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (114)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (64)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR