パロディの傑作!? (bon8)

まもなくお盆も終わりですね。
ということで、ボン特集も今回で一旦休憩しまして
(また8月末あたりから後編を続けたいと思いますが)
次回からはまた本来のチョロQカスタムのレポートに
戻ろうと思います(^-^)♪

そして、すみやさんのブログ「チョロQ研究序説」でも
チームボーイの特集が始まりましたので、
ぜひこちらも↓必見だと思います☆(^o^)
http://ameblo.jp/choroq/

というわけで、前編のラストは
こちらの↓プルバックカーをご紹介したいと思います☆

20160721-rolls2.jpg

これは先月の骨董市で入手したばかりのもので
最初に見た時は、ボンのチームボーイだと思ったのですが
よく見てみると、何だか違うなとw

ところで、模造品には、パクリと呼ばれるものと
パロディと呼ばれるものがありますね。

パクリとパロディの違いは
ネットなどで既に散々議論されていますので
その違いについては割愛させていただきますが、
私個人の基準としては、笑えるか笑えないか
を重視して判断していることが多いです(^ ^)

そして今回ご紹介するこの模造品は
私的にはパロディと呼べるのではないかと思う逸品ですw

では本家チームボーイのロールスロイスと比較してみましょう。

bon-rolls-hikaku2.jpg

左が今回の模造品で、右がボンのチームボーイです☆

形が同じなのは一目瞭然ですが、細部を見ますと
本来あるべきものが、いろいろとありませんね(笑)

bon-rolls-hikaku10.jpg

ロールスロイスの特徴とも言えるフロントグリルですが、
よく見ると縦のラインも、象徴的なエンブレムもありません。
破損したわけではなく初めから無い感じです。

ロールスロイスの一番の特徴とも言えるこの部分を省略するなんて、
「私は偽物です♪」と堂々と言っているような感じですよね(^ ^)

bon-rolls-hikaku5.jpg

一方リアは↑見た目はほとんど同じに見えます。

bon-rolls-hikaku14.jpg

違う点と言えば、ボンのチームボーイには
トランク部に「ROLLS」のシールがあります↑

bon-rolls-hikaku9-2.jpg

サイドビューも、ボンネット上にエンブレムの突起が無いこと以外
ほぼ同じですね☆

bon-rolls-hikaku17.jpg

そして裏側ですが、シャーシは↑このようになっています。
右がボンのチームボーイで、左の模造品はMADE IN CHINAのみで
あとは空白になっています。

bon-rolls-hikaku18.jpg

ボディは裏側から見ても↑ほぼ同じですね。
窓のパーツにROLLS ROYCEの文字が
刻まれているところまで同じです。ここまで似ているのは
おそらく同じ型ということではないでしょうか。

bon-rolls-hikaku19.jpg

そしてモーターも、色は違いますが形は同じです。
が、しかし!拡大して見ますと、、、

bon-rolls-hikaku21-4.jpg

↑白いほうが今回の模造品のモーターで、
黒いほうは前回のZに搭載されていたモーターですが↑

marusan(マルサン)というロゴ部分を見てみますと、
一見同じように見えて、実は なんと↓

bon-rolls-hikaku22.jpg

nが無くて、marusa(マルサ)になっています!(爆)

bon-rolls-hikaku22-2.jpg

↑本物と比較してみてください☆(^ ^)
nが無い以外は、フォントなどもソックリです!

これ凄くないですか!? (≧∀≦)
こんな分解しないと見えない部分にも
密かに違いを仕込んでいるあたり、最高です!\(^ ^)/
発見した時は目を疑いましたが、
思わずプププと笑いがこみあげましたw

いや、もちろん模造品というのは良くないことではありますが、
これはある意味パロディと呼べる面白さがあるのではないかとw

そう言えば、ボンのチームボーイも、かつて
チョロQの偽物と呼ばれていたことがありましたね。
だとすると、今回のは偽物の偽物ということになって、
裏の裏は表ですから、ある意味これはチョロQよりも
価値があるのではないかと(←そんなわけはないw)

とまあ、そんな感じで、ちょっと楽しむことができた1台でした♪


ちなみに、このロールスの型(デザイン?)は
オフィシャルか非オフィシャルかは分かりませんが
現代まで脈々と受け継がれているようで、
先日、ネットで↓このような画像を発見しました。

Screenshot_2016-07-05-06-30-31-crop.png

これは明らかにチームボーイのロールスとバギーと
同じ形をしていますよね☆
しかもチームボーイのロールスには無い、
赤やゴールドのボディカラーもあります。

bon-aryuuhin2.jpg

ただ、よく見てみると、窓もボディと一体ですし、
細部もチームボーイより かなり造形が緩い感じです。

でもまあ、例えばカスタムベースとかだったら、
今となってはボンのチームボーイも希少ですから
チームボーイをベースにカスタムしたい時などは
このような現行品を使うのもアリかもしれませんね。

以前ご紹介しましたスリッカーズとかもそうですが、
中国のプルバックカーは、このような感じで、
昔から現代まで少しずつ型を改修しながら、
ずっと同じデザインが受け継がれていくのが印象的ですね。
それはその形が好きな人にとっては、いつの時代でも購入できるので
もしかしたら有り難いことかもしれませんね。(著作権の問題はさておきw)



おまけ↓

bon-rolls-hikaku23.jpg

さて、ボンのロールスも手持ちが増えてきました。
以前、四天王寺でゲットした1台は↑現在レストア中です☆
近々完了した姿をお見せできるのではないかと思いますが、
これも含めて、またボン特集の後編を、
8月末あたりからアップしたいと思っていますので、お楽しみに♪





※なお、今回の件を説明するにあたって
画像の一部を販売サイトなどから引用させていただいておりますが、
上記の画像の所有者の方で、もし問題がある場合は
お手数ですがご連絡くださいませ。
スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (23)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR