ドラゴンハース その3

さて、今回はチョロQの宮型霊柩車の
お宮の部分の制作過程をご紹介したいと思います。

dragon-hearse01_20140131215721f96.jpg

多くのパーツを↑こちらの建物の模型から流用しました。
ちなみにお宮の屋根のメイン部分は、赤丸のパーツを使います。

dragon-hearse02.jpg

そして屋根の破風と呼ばれる部分ですかね?は、
この大きな屋根の↑赤丸の部分を切り取って使うことに。

dragon-hearse03.jpg

側面は↑こちらのパーツを使用して
赤いラインのように両サイドを切り取って使います。

dragon-hearse04.jpg

そしてお宮の後ろの扉は↑こちらのパーツから。
サイズ的に余分な部分(赤いラインの部分)を切り取ります。

dragon-hearse05.jpg

このパーツは↑お宮の外側にある手摺の部分に使います。

dragon-hearse21.jpg

そしてパーツ(左)に曲面追従シート(右)の金色を貼っていきます。

本当は中央から順に外へ伸ばすように貼っていくのだと思いますが
なにせパーツが小さいのと、私が不器用ということもあって
右を貼れば左が浮いて、左を押さえたらまた右が浮いて、
みたいな状態で(苦笑)なかなか上手く貼れないので、
とりあえず全体的に柔らかく貼って、まず周囲を固めて
ある程度固定できてから細部を出していく、というやり方で貼りました。

dragon-hearse22.jpg

↑まず全体的にフワッと貼って、

dragon-hearse23.jpg

↑周囲と主だった部分を貼って、

dragon-hearse24.jpg

↑爪楊枝などで細部を貼っていく、みたいな感じです。

dragon-hearse31.jpg

やり方として間違っているかもしれませんが、
この追従シートは凄く伸びますので
今回のような小さなパーツでは、このやり方でも
十分に細部まで行き届いてくれました☆

dragon-hearse28.jpg

で、プラ棒で作った柱(左のパーツ)と組み合わせます。
壁と柱で変化をつけるために、柱にはシートを貼らずに
金色の塗料で塗りました。

dragon-hearse29.jpg

そして出来上がったのが↑こちら。
これがお宮の側面になります。

dragon-hearse26.jpg dragon-hearse27.jpg

↑後ろの扉にも同様にシートを貼りました。
けっこう思いのほか模様が細部まで出てくれました♪


次回につづく

スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (114)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (64)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR