どっちカーの内部 特集5

前回からの続きで
本日はトミーの「どっちカー」の内部を
ご紹介したいと思います。

そして前回、載せるのを忘れたのですが、
チョロQとの比較をしていませんでしたので
チョロQのバハバグと並べてみました。

docchicar-bug-hikaku1.jpg

チョロQのボディのほうが、やや大きく感じます。
(※このチョロQのバハバグは少しカスタムしていますので
タイヤサイズや装備などが通常のものとは異なっています)

docchicar-bug-hikaku2.jpg

チョロQのデザインが背が高い感じなのに対して、
どっちカーは下に広がる感じの
低重心なイメージかなと思います。

docchicar1-23.jpg

続きまして↑どっちカーの裏面ですが、
こんな感じになっています。
前回も書きましたが、タイヤは
前輪がプラで後輪がゴム製です。

docchicar1-24.jpg

シャーシの刻印は↑

Reck'n Roll Car TM
© TOMY JAPAN

となっています。

docchicar1-25-2.jpg

ここで、どっちカーの最大の謎である(←大袈裟w)
この表記名ですが、
トミカのカタログや、パッケージの箱には
どっちカーと記載されているのに、
シャーシにはReck'n Roll Carと刻印されています。
これはどういうことなんでしょうね?
海外での販売を考えた時に、どっちカーという名前では
海外の人が意味が分からないので、こうしたのでしょうか?

しかも文字をよく見てみると、
Rockではなく、Reckになっています。
そしてReckの意味を調べてみたのですが
いまいちピッタリな訳が無かったので
これも意図的にReckにしているのか
あるいはロックンロールカーにしたかったけど
誤字でこうなってしまったのか?謎なところですw

というのも、このオモチャはワンプッシュチョロQのように
プルバックして持ち上げると、タイヤがロック(Rock)する
仕組みになっています。
また外側に付いているロールバーによって転がる(Roll)
というアクションが出来ますので、
意味的には、RockとRollのほうが合っているんですよね☆

そんな感じで、このReck'n Roll Carという別名の表記と
Reckという綴りについては、謎のままとなっています。
もし真相をご存知の方がおられましたら
ぜひ教えていただきたいなと思います☆



さて、いよいよ内部の様子ですが、
ちょっと構造が複雑そうなこともあり、
(私はこのオモチャを分解したことがないので)
今回は友人にお願いしました。

docchicar1-26.jpg

まずネジを外してボディを開けると
↑このような感じになっています。

docchicar1-36.jpg

ネジと後部で固定しているのはチョロQと同じですが、
さらにロールバーの下部(↑赤い矢印のところ)も
シャーシの穴から抜かなければいけません。
つまりボディとシャーシは4箇所で固定されています。

docchicar1-27.jpg

続きまして↑モーターの上に被っている
この車のギミックの鍵となるパーツ(写真右下)を
取り外します。

docchicar1-33.jpg

タイヤがロックする仕組みは
このパーツの爪(写真の赤い矢印の部分)が
ホイールの軸にある溝(白い部分)に
引っ掛かることによって行われます。

docchicar1-35-2.jpg

↑左が持ち上げた状態で
右が着地している状態です。

着地した状態では、上記のパーツの赤い矢印の部分が
地面に当たることによって、パーツ全体が持ち上がり、
ホイールに引っ掛かっている爪も持ち上がるので、
ロックが解けてタイヤが回転できるという仕組みです。

docchicar1-29.jpg

続いてモーターを取り外しましたが、
シャーシのフロント部分には
このような↑金属のプレートが入っていました。
これはフロントが浮き上がるのを防ぐ重りですかね?
それとも転倒した際に起き上がるための重りでしょうか。

docchicar1-31.jpg

そして↑モーターは黒のマルサンですね。

docchicar1-32.jpg

35という数字も刻まれていました。

docchicar1-30.jpg

黒のモーターは精悍な感じがしてカッコイイですね☆

というわけで、以上が
どっちカーの内部と構造のレポートでした。
協力してくれた友人にも感謝。ありがとう♪


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (28)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR