ドラゴンハース その5

さて、いよいよドラゴンの制作です☆
名前の由来でもある重要なパーツです。

今回の記事だけ見ているとチョロQのブログには見えませんが(笑)
いちおうチョロQのカスタムの過程です(^ ^)

dragon-hearse36.jpg

今回、屋根の上に龍の載った霊柩車を作るにあたって
いろいろな龍のパーツを探してみましたが、
大きさや形、加工のしやすさなど、いろいろな面から考えて、
東急ハンズで84円で売っていた↑こちらのフィギュアが
一番合うのではないかなと思い選びました。素材はゴムですかね?

dragon-hearse37.jpg

↑筆で鱗の模様を丁寧になぞりながら金色に塗っていきます。
脚の部分は使わないので塗りません。

dragon-hearse38.jpg

使わない部分を削り取って、お宮の屋根に接着します。
うまく屋根に付くように、腹の下には溝を掘りました。

で、こんな感じに取り付けました↓

choroq-reikyuusha.jpg

↑奥に並べているのが実車の龍の画像ですが、
まあまあ雰囲気を表現できたのではないかなと。

dragon-hearse39.jpg

↑こちらは側面の手摺のパーツで
これも建物の模型の手摺のパーツを流用しています。

器用な人だったら自作できるのだと思いますが、
全長わずか数ミリのサイズなので
切ったり貼ったりするのは大変そうです。
やはりアリモノを流用するのが手っ取り早くて賢明かなと。

dragon-hearse40.jpg

↑そしてそれをお宮とボディの隙間に取り付けます。
これも0.何ミリ単位の作業なので、ピンセットを使って
位置や角度などを慎重に確認しながら接着しました。

で、車両に関してはこれで完成です☆


以下は撮影するにあたっての背景作りの様子です。

dragon-hearse41.jpg

今回は霊柩車ということで、
背景は白黒のストライプにすることにしました。
しかし、スタイリッシュにもしたかったので、
光沢のある素材を使って、アルファベットの表記も入れてみました。
HEARSEとは英語で霊柩車という意味の俗語です。
(なので車名はドラゴンハースになっています)

アナログな作業ですが、文字のシール(←カセット世代には
懐かしいアイテムですねw)を1枚ずつ貼っていきました。

dragon-hearse43.jpg

そして完成したもの↑
白黒を反転させた英文字が入ることによって
お葬式の暗いイメージというよりは
モダーンな感じに仕上がったのではないかなと思います☆


では次回は完成した様子を、いろんな角度から載せたいと思います。
スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (114)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (64)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (21)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR