どっちカー2016 制作過程2

どっちカー2016の制作過程、
今回はシャーシ側のレポートです。

docchicar2016-13.jpg

どっちカーはロングホイールベースなので、
モーターで前輪を抑えるシステムにはなっていないため
そのままだと前輪を固定することができませんので、
↑このように塩ビのパイプを取り付けて
そこに前輪の車軸を通すことにしました。

docchicar2016-15.jpg

いつもスペーサーとして使用している外径3.5ミリ
内径1.7ミリのパイプが、サイズ的にもピッタリでした。

docchicar2016-14.jpg

前輪を取り付けます↑

docchicar2016-17.jpg

続いて↑その前輪の前に、黒いプラバンで作った
フラットな板を取り付けました。これはボディを被せた際に
ボディがグラグラしないように安定させるためのものです。

docchicar2016-19-2.jpg

そして後部にも、モーターの後ろの位置に↑
同じくフラットな板を取り付けました。
このパーツはボディを安定させる役割りもありますが、
この部分がボディの↓この部分と組み合わさって
シャーシとボディが固定される仕組みになります。

docchicar2016-20-2.jpg

プラ棒を切って作った↑こちらの溝に
先程のパーツの出っ張った部分が入ります☆

docchicar2016-21.jpg

するとこんな感じになりまして↑
シャーシの後部はこのように固定されて
↑フロント側は通常のネジで固定します。
偶然にもネジの位置も同じだったのです☆

docchicar2016-22.jpg

シャーシ側も出来上がりましたので
どっちカーのギミックパーツも取り付けます↑

docchicar2016-23.jpg

今回は被せるボディのサイズが異なりますので
このギミックパーツがボディ内で遊ばないように
パーツの前側をテープで固定しておきました。
(前側だけなのでギミックの動きに影響はありません)

docchicar2016-kansei19.jpg

裏側から見ると↑こんな感じに出来上がりました♪
ギミックパーツも ちゃんと付いているのが伺えます。

docchicar2016-kansei20.jpg

では次回は完成した様子や
元のどっちカーとの比較などをしたいと思います☆


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (28)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR