どっちカーⅠ パッケージ付き

先月からご紹介していますトミーのどっちカーですが、
先日パッケージ付きのデッドストックが出ていたとのことで
友人が入手してくれました。

docchicar1-package1.jpg

10月16日の記事で、どっちカーⅡの箱の
パッケージはご紹介しましたが(→こちらの記事
最初に発売されたバハバグタイプのどっちカーについては
トミーのカタログに記載されていた資料のみで(→こちらの記事
パッケージはまだ見たことがありませんでした。

docchicar1-package2.jpg

拡大しますと↑こんな感じで、
「ひっくり返っては、起きあがる。どっちへ走るか大勝負!!」
と書かれています。

チョロQには「チョロチョロ走るキュートな車」という
キャッチフレーズがありましたが、どっちカーの場合は
これが名前の由来になったキャッチフレーズでしょうか。

そして「大勝負」には「だいしょうぶ」と
ふりがなが付けられています。こういう点も含めて、
どっちカーⅡのパッケージと文言は共通していますね↓

docchicar2-hako2.jpg

それぞれのパッケージを比較して見てみると、
文字のフォントもイラストのタッチも同じであることが分かります。
というわけで、どっちカーと、どっちカーⅡは、ほぼ間違いなく
同じシリーズだったんだなと確信できました♪(^o^)

docchicar1-package3.jpg

ちなみに↑こちらはパッケージの裏面です。
右側の株式会社トミーの下にあるTELの欄の
(大代表)という表記がちょっと面白いなと思いました(^ ^)

docchicar1-package4.jpg

そして↑けっこう乱暴な?遊び方を提案していますねw
いくらどっちカーがタフに作られているといっても
こんなことをしていたら、さすがに壊れてしまうのではないかと
ちょっと心配になりますが。。。 時代ですかね(^ ^;)

docchicar1-package5.jpg

未開封の袋の中に入っているのは
以前→11月5日の記事でご紹介したものと同じ
黄色い車両です。

どっちカーが発売されたのが1984年ですから
復刻とかされていなければ、今から30年以上昔の
商品ということになりますね。

こういうおもちゃの包装は捨てられてしまっていることが多いので
パッケージ付きでデッドストックで残っていてくれたのは
資料を探していた私にとっては、凄く有り難いことだなと
思いました♪見つけてくれた友人に感謝です☆(^o^)




スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (28)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR