ローダウンエンジン最新版

新しいローダウン方法を思いついたので
備忘録として書いておきたいと思います☆
もし既にやっている方がおられましたらごめんなさい。

今回の方法は、パンサーエンジンの2ヶ所を削って
板を1枚付けるだけという超簡単な方法です☆

凄く単純な方法なので、なぜ今まで私は
これを思いつかなかったのだろうと思いました(^ ^)

で、本題ですが、このブログではこれまでに
いくつかのローダウン方法を載せてきましたが
チョロQの中には、そのどの方法を使っても
車高を落とせない車があります。

それは特に初期のA品番などがそうなのですが
今回はその代表とも言えるA-3バンを例に
解説したいと思います。

lowdown-motor2-33.jpg

今回は↑こちらのペニーレーサーを使用したいと思います。

lowdown-motor2-35.jpg

ノーマルのままでも良い雰囲気だと思いますが
やはり↑この向こうの景色が見えるほど空いた
タイヤとフェンダーアーチの隙間が気になります。

lowdown-motor2-32-2.jpg

で、車高を落とそうと思うわけですが、
まず外観から見ますと↑前後のバンパーは
シャーシと一体になっており、
しかもバンパーの上にライトやグリルが重なっています。

チョロQの車高を落とす際に、最もポピュラーな方法が、
フロントは内部のネジ受けの部分を削って、
リアはボディとシャーシの接合部分を削る
という方法なのですが、このA-3バンのように
グリルやライトとバンパーの位置関係が決まっている場合は
上記の方法で車高を落とすと、位置関係が変わってしまうので
この方法を使うことができません。

しかも、内部を見てみますと、そのネジ受けの形状も
通常は↓この青い車の画像のように、丸い棒が独立して
ボディから生えているパターンが多いのですが、

lowdown-motor2-41.jpg

lowdown-motor2-42.jpg

A-3バンの場合は、↑このように
ボディの前端に、くっついていて
削るのも難しいうえに、シャーシを切って
ここに上手く合わせるというのは
なかなか大変な作業ではないかなと。

そして後部にいたっては、さらに厄介な構造になっているので
(初期のA品番に多い、ボディをシャーシに引っ掛けるタイプ)
構造を変更すると、ツジツマを合わせるのが大変そうです。

それにペニーレーサーと言えど、貴重なA品番ボディなので
あまり切ったり削ったりはしたくないですしね。

となりますと、以前ご紹介しましたローダウンエンジンだと
ボディを一切傷つけずに車高を落とすことができますが、
(ローダウンエンジンの作り方は→こちらの記事参照

lowdown-motor2-37.jpg

左がローダウンエンジンで↑右がノーマルのエンジンです↑
エンジンの車軸の位置を上にずらして車高を落としています。
ご覧のとおり、かなりローダウンすることができます。

lowdown-motor2-38.jpg

しかし残念ながら、このエンジンだと車高が落ちすぎてしまい
A-3バンだとボディにタイヤが干渉してしまいます↑

そこでもう1つ、エンジンの位置を上にずらすという
方法がありましたが(→こちらの記事参照
これも↓このようなタイプのシャーシなら

lowdown-motor2-39.jpg

押さえの板の上にエンジンを載せることができるのですが、
A-3バンの場合は↓このような構造になっていて、

lowdown-motor2-40.jpg

押さえの板の上にエンジンを載せて
固定することができないので、この方法も使えないなと。

しかし、考え方としてはこの方法を用いて
要はエンジンの位置を上にあげればいいわけですから
以下のような方法を思いつきました♪(^o^)

lowdown-motor2-0.jpg

↑まず元々のペニーレーサーのエンジンは
弄ると勿体無いので保存しておくことにしてw

lowdown-motor2-1.jpg

A-3バンのシャーシにも合う↑
ごく普通のSTDのエンジンを用意します。

lowdown-motor2-2.jpg

そして↑この画像の黒のマジックペンで描いた部分を
1.5ミリほど削り取ります。

lowdown-motor2-3.jpg

↑歯車を傷つけないようにマスキングして削りました。

lowdown-motor2-5.jpg

そしてこれをシャーシに載せると↑シャーシの爪と
エンジンの前部との間に1,5ミリの隙間が生まれます。

lowdown-motor2-6.jpg

次にエンジン後部の↑飛び出ている部分
(シャーシに挿し込む部分ですね)をまるまる削り取ります。

lowdown-motor2-7.jpg

するとこんな感じになります↑

lowdown-motor2-8.jpg

で、ここまで出来たら、厚紙にエンジンの底の型を取ります。
この時、エンジンの底面の全長プラス2ミリにしておきます。

lowdown-motor2-9.jpg

1,5ミリ厚のプラ板(私は目立たないように
黒いプラ板を使いましたが、何色でも大丈夫です)に
上記の型紙を合わせてパーツを作ります。

lowdown-motor2-13.jpg

エンジンの底部に、後部を2ミリほど出して接着します。
(この時、接着剤がエンジンの歯車に付着しないように注意)

ここがシャーシに挿し込む部分となります。
この部分は1,5ミリの厚みを少し削って薄くして
シャーシの隙間のサイズに合わせています。

先端もシャーシに挿し込み易いように
ヤスリで削って滑らかな形状にしています。

lowdown-motor2-11.jpg

以上で主な作業は終了です☆
前輪の車軸が当たる部分に黒い板が付いていますが、
これは前輪の滑りを良くするために付けたもので、
今回のローダウンの主旨とは関係ないパーツです。

lowdown-motor2-14.jpg

黒い板はエンジンの底面全体で接着していますので
この状態で十分に強度があると思いますが、
私は念のため、ビスで固定することにしました↑

穴の位置は、エンジンの構造(歯車に干渉しないなど)に
問題なさそうな場所を選びました。

lowdown-motor2-15.jpg

ビスの頭が出てしまうと、シャーシにフラットに載りませんので
ビスの頭が埋まるように、ルーターで穴を入口を広げておきます。

lowdown-motor2-16.jpg

黒い板にビスがフラットに収まりました↑
ちなみに今回は黒い板なので、目立たないように
黒い塗装が施された小さなビスを使いました。

lowdown-motor2-18.jpg

これで全て完成です♪
前端の部分は、シャーシの爪が掛かり易いように
やや曲面状に削って滑らかにしています。

lowdown-motor2-21.jpg

底の板も側面などは、シャーシに
はまり易いように、角を少し丸く削ってあります。

lowdown-motor2-25-3.jpg

シャーシに載せると↑こんな感じです。

lowdown-motor2-26.jpg

1,5ミリ下がっただけなので、この状態では
あまり変化が見えにくいかもしれませんが、
ボディを被せた状態で比較しますと↓

lowdown-motor2-36.jpg

左がローダウン後で↑ 右がノーマルの状態ですが↑
まあ、ちょうどいい感じにマイルドに車高が落ちたかなと。

lowdown-motor2-29-2.jpg

↑ローダウン後のフロントからとリアからのショットです。

lowdown-motor2-32-2.jpg

↑こちらノーマルの状態ですが、比べますと僅かにですが
車高が下がって雰囲気が変わったかなと思います☆


さて、以上が作業工程となりますが、いかがでしたでしょうか。

以前作りましたローダウンエンジンの良いところは
ボディとシャーシの位置関係を変えずに
エンジンだけで大幅に車高を落とせることでしたが、
欠点としては、何ミリ落とすとかの調整ができないのと
車軸の位置が微妙に後ろになること、
そして、車軸を移動させたあとに
もし歯車が上手く噛み合わなければ、
エンジンが1個ボツになってしまうというリスクがありました(>_<)

しかし今回のローダウンエンジンでは、
車軸や歯車など、駆動部分を一切弄らないので
失敗する確率も低いですし、作業的にも単純なので
より簡単に車高を落とせる方法かなと思いました。

また何より、ボディやシャーシを切ったり削ったりしなくていいので
(今回のA-3バンの場合は、内部にある窓のパーツの支柱が
エンジンの上部に干渉するので、少し削りましたが)
ボディやシャーシの構造上、ローダウンが難しい車や
弄ると勿体無いA品番などの貴重な車種をローダウンする際などに
向いているのではないかと思いました☆





※なお、今回も私が試したカスタムの工程を載せたまでで
たまたま上手くいっただけかもしれませんので、
もし上記のカスタムを試される場合は自己責任でお願いいたします。
スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (112)
購入記録 (17)
未分類 (30)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (49)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (21)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DILL-BuddyL (24)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR