ビバンダム君

bibendum-7.jpg

キャトルのミシュラン仕様の制作過程の続きです。
本日はミシュランと言えばのマスコット
「ビバンダム君」の取り付け作業についてです。

4月14日の記事で(→こちら
ミシュランのミニカーには、ルーフ上にビバンダム君が
乗っているものが多いので、今回のチョロQのルーフ上にも
ビバンダム君を乗せたいという話を書きましたが、

ビバンダム(ミシュランマンとも呼ばれている)には
様々な大きさのフィギュアが発売されていまして、
チョロQのスケールだと、おそらくこちらの↓

bibendum-0.jpg

HERPAの1/87スケール(HOスケール?)のものが
合うのだと思いますが、

チョロQはデフォルメボディということもあって、
パトランプなども少し大きめのものを付けたほうが
可愛く見えたりしますので、
ビバンダム君も少し大きめのものを付けようかなと。

それに10個も要らないというのもありますしね(^ ^)
というわけで、少し大きめの1/43スケールのものを
1体用意しました↓

bibendum-2.jpg

で、そのままだと、のっぺらぼうで少し寂しいので
先日購入したデカールから、顔の部分だけを移植しました↑

bibendum-3.jpg

小さいうえ、コロコロと転がって作業がしにくいのでw
前回のルーフラックと同様に、両面テープで固定して作業しました。

bibendum-4.jpg

ミシュランの襷もデカールで表現しています↑
それにしても小さくて貼るのが大変でした(^ ^;)

bibendum-5.jpg

襷が手にかかる部分は↑ちゃんとデカールを
くり貫いているのも細かなこだわりです(^-^)

bibendum-6.jpg

背中側も襷を繋げて描いてあります↑

bibendum-8.jpg

で、試しに乗せてみると↑こんな感じになりました♪

実車のスケールと比較すると、やはり少し大きめですが、
彼はこの車を象徴するアイテムなので、これぐらい存在感が
あったほうがいいのではないかなと思いました☆(^o^)

それに、1/43サイズなので、1/87よりも、ポーズや
体の造形がディテールまでしっかり作られているため
精巧な感じもするので、これにして良かったなと思いました♪


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (30)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR