トップコート☆

ルノー4のミシュラン仕様の制作過程の続きです。
塗装とデカールを貼る作業が終わりましたので、
今回はクリアーでトップコートをします。

mr-body-kansei-29.jpg

今回はクレオスの塗料を使っていますので
コートもクレオスのスーパークリアーⅢを使いました。
(手袋をしているのは指紋が付くのを防ぐためです)

スーパークリアーⅢをレべリング薄め液で少し希釈して
そこにリターダーマイルドを少し混ぜて塗っています。
私の気のせいかもしれませんが、リターダーマイルドを混ぜると、
クリアーの透明感が増して、ムラも出来にくいように思います。

mr-body-kansei-30.jpg

研ぎ出すことを考えて↑少し厚めに
ぽってりとコートしています。

この状態でもまあまあ良い艶が出ていますが、
ご覧のとおり、表面が均一ではないので、
蛍光灯などの光りが映り込むと、光が直線ではなく
波打っているような感じに映ってしまいます。

そこで、ここから表面を整える作業をします。
まずGSIクレオスのメッシュ研磨布の
1000番で力を入れずに軽く表面を磨き、面を作ります。
そして表面についた細かな傷を2000番で取っていく感じで磨き
最後に3000番で綺麗に磨いて表面を整えます。

次にコンパウンドで表面の艶を出していきますが、
私は実車のほうで昔からよく使っているソフト99の
超ミクロンコンパウンドというものが慣れているので
これで仕上げています。

そして研磨剤が表面に残らないように
中性洗剤で綺麗に洗い流してから、
ワックスでコーティングするのですが、
私は研磨剤の入っていない蝋ワックスで磨いています。

私はプラモとかを作ったことがないので、
果たしてこのやり方が正しいのかどうかは分かりませんが、
2、3年前に作った作品も、いまだに綺麗な塗膜を保っていて
特に問題はないので、まあこれでいいかな~と思っています。

mr-body-kansei-32.jpg

そして出来上がった状態が↑こちらです。

mr-body-kansei-28.jpg

写真では分かりにくいかもしれませんが、
光り方が少し落ち着いたというか、
いかにもクリアーを塗りました!っていう感じでは
なくなったかなと。
まあ、プロの方の仕上がりには到底及びませんが
それなりに綺麗には仕上がったかなと満足しています(^ ^)

では次回はいよいよ完成に向けてラストスパートです☆



※なお、上記の制作方法などは、あくまで素人のレポートですのでw
試される場合は自己責任でお願いいたします。
スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (30)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR