赤い塗装

キャトルの消防車仕様の製作レポートです☆

pompier20170528-3.jpg

5月に入って、お天気の良い日が続いたので
塗装も乾きやすく、作業が捗りました♪

余談ですが、私は↑こんな感じで、
持ち手として木材の切れ端を使っています(^ ^)
市販の持ち手だと、ちょっとグラグラしますので、
角材の先に両面テープを付けて車体を固定して
それを手でしっかり握って作業をしています。
安定しますし、手も疲れないので気に入っています。

pompier20170528-4.jpg

ちなみに手から離す時は、倒れないように
このように少し大きめの洗濯バサミで挟んで↑
固定しています。
身近な日用品ばかりを代用していますがw
個人的には けっこう作業しやすいのでアリかなと♪

pompier20170528-17.jpg

で、キャトルの消防車仕様ですが、
↑こんな感じに色を塗りました。

前後の白の縞々は、フランスの消防車に
よく見掛ける仕様です。

pompier20170528-16.jpg

荷台の中は、タンクやらいろいろなパーツが付きますので
磨かず艶消しのままの状態となっています↑

pompier20170528-11.jpg

ボンネットの電話のマークと18の数字は、
日本で言う119番みたいな感じでしょうか。
マークのデザインが可愛いかったので、
これは目立つ所に貼ろうと思っていました☆

pompier20170528-25.jpg

実車のは↑こんな感じですね。

pompier20170528-12.jpg

前回のミシュラン仕様では、トップコートのクリアーを
ちょっと厚く塗りすぎて、スジボリのラインが埋まったり
モールドが少しポッテリとした形になったりしたので、
その反省を踏まえて、今回はクリアーの層を薄めにしました。
その代わりコンパウンドで念入りに表面を磨いて
塗膜の艶を出すことにしました。

pompier20170528-14.jpg

今回はボディ色も赤で、テールライトも赤ということで
ちゃんと違いを出せるか心配していましたが、
塗装方法を変えることによって、質感の違いが出たので
良かったかなと思っています。

ちなみにテールライトは、黒の上にシルバーを塗って
その上にクリアーの赤を2度重ねて塗り、
その上から透明のクリアーでトップコートしていますので、
ボディの赤よりも深みと輝きのある色になって
ライトっぽい感じにできたかなと思います。

ライトの周りの黒い部分や、給油口の周りの黒い部分は
実車の画像(ゴム縁?)を参考にしています。

では次回からは、この車に取り付ける
いろいろなパーツを制作していきたいと思います☆


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (28)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR