DILについて

我喜欢DIL
I like DIL

(↑海外のかたが、ネガティブな記事だと
勘違いしないように、ポジティブな記事ですよ
ということで、最初に書いておきました)(^^)

さて、おボン特集の続きですが、
本日はボンのチームボーイと同じボディを持つ
香港のDILのプルバックカーについて、
昨年に書いた内容も振り返りつつ
新しく分かったことも足して、まとめておこうと思います☆

20170812-1.jpg

↑上がパッケージの台紙などに印刷されている
イラストタイプのロゴマークで、
(これは昨年bon oyageさんが見つけられたもの)

下はシャーシの刻印です。
どちらも全体的な雰囲気は同じですが、
細部のデザインは少し異なるところもあります。

そしてDILとは、
↑上のロゴマークの下にも書いてありますが、
Deles International Limitedの頭文字のようですね。

というわけで、このDeles International Limitedを
少し調べましたところ、

20170812-2.jpg

↑こちらのサイト(http://www.hktdc.com/)の中の
→こちらのページに、会社の詳細が記載されていました。
それが↓こちらで(画面をスクショしたものですが)

20170812-3.jpg

内容を簡単に訳しますと、

Deles International Limited-Hong Kongは
(香港の)スタッフの数が6~10名
(会社の)設立年が1986年
事業の種類は輸出業者
主な取引国が、中国、日本、北米、西ヨーロッパ
取り扱い製品が おもちゃの車(ダイキャストカー、スケールカー)

みたいなことが書かれていると思います。
※(ネットの翻訳で訳しただけなので適当ですが)

また補足として、
Deles International Limited is a reliable
HK Model Kits & Accessories Exporter
and trustable Hong Kong company at hktdc.com.

「DILは香港の信頼できるモデルキット&
アクセサリーの輸出業者です」
といったことも書かれていました。

この内容が正しければ、設立年が1986年で
プルバックカーの刻印が1988年なので、
時代的にも合っていますね☆

また取引国が世界中にあるようなので、
いろいろな国でDILのプルバックカーが
見つかるのも納得です。

その他、DILについて書かれている記事を
いくつかスクショしてみましたので、
興味のある方はご覧くださいませ↓
(画像はそれぞれクリックで拡大します)

20170812-4.jpg 20170812-5.jpg 20170812-6.jpg

2015年とかの記事にも登場していますので
もしかすると現存する会社なのかもしれませんね。
ちなみに会社の所在地は↓こちらで、

2nd Floor, Unit 5-7 Kinetic Industrial Center,
7, Wang Kwong Road, Kowloon Bay, Kowloon, Hong Kong

香港のKinetic Industrial Centerという
建物の中にあって、会社名は中国語では
特利時國際有限公司と書くようです。

20170812-7.jpg

そんなDILは1980年代に、micro champsのシリーズなど
micro machineに似たミニカーを多数手掛けており、
またチームボーイと同じ形のプルバックカーの他にも
多くのプルバックカーやミニカーを製造していたようです。

20170812-10.jpg

↑これらは同じシャーシを持つプルバックカーですが、

左がチームボーイと同じボディのタイプで、
シールが無かったり、挿し色が異なっていたりと、
多少の仕様の違いはありますが、基本的には同じです。

そして中央はチームボーイには無い車種です。
しかし全体的な雰囲気や、デフォルメの仕方などは
チームボーイと似た雰囲気があります。

右はバンやトラックや建設車両などのシリーズで
これもチームボーイには無い車種です。
ゴツゴツと角ばったデザインとデフォルメが特徴的で
チームボーイとは少しデザインの印象が異なるように
私は思います。

これらはほんの一例で、DILのプルバックカーは
まだまだたくさんあったようです。

20170812-9.jpg

↑左がチームボーイのシャーシで、右がDILのシャーシです↑
基本的な形と仕組みは同じなので、互換性もあります。

またDILには左のチームボーイと同じタイプの
シャーシをつけている車もありますが、
多くは↓このタイプのシャーシをつけています。

20170812-8.jpg

表面がブツブツしているのが特徴で、
後部側にもネジ穴があります↑
(この後部のネジ穴については、
また後日書こうと思っています)

ところで、前回ご紹介しましたBuddy Lのzippersも含め
それぞれのラインナップ数を比較してみますと、

zippers < チームボーイ < DILの順になります。
(約10種)(約50~60種)(不明・多数)

またオークションサイトなどを見ていますと、
チームボーイが日本国内で多く発見され、
zippersがアメリカ国内で多く発見されているのに対し、
DILは日本、アメリカ、東南アジア、イギリス、ドイツ、
オランダ、北欧など、様々な国で見つかっていますので、
広い範囲で輸出&販売されていたのではないかと思います。

以下は私の個人的な印象ですが、
DILのシリーズは、タイヤ&ホイールの質や
ボディのバリの処理などのクオリティが、
チームボーイやzippersに比べると、
少し劣るような感じがするのですが、
しかし今見ると、そのチープさが逆に
味わいになっているかなとも思います☆
(ちなみに私は、この中ではDILが一番好きです♪)

そして前述のように、チームボーイやzippersには
無い車種(これがまた独特のデザイン)もありますので、
これもDILのシリーズの魅力だと思います♪

とまあ、こんな感じで これまでの資料や情報を
とりあえずまとめてみましたが、
上記の内容は、私が周りの人から聞いたり
適当にネットで調べた情報ですので(^ ^;)
正しいかどうかは定かではありません。
ご参考程度にしていただければと思います。



また今回の件を説明するにあたって
画像の一部をスクリーンショットやオークションサイトなどから
引用させていただいておりますが、上記の画像の所有者の方で
もし問題がある場合はお手数ですがご連絡くださいませ。

感谢信息


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (30)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR