露雨麗流(ローレル)3

前回の記事で書いていましたように
フロントの車高を少し上げることにしました。

Laurel3-27.jpg

0.5ミリのプラ板をネジの左右に挟みます。
これでフロントが0.5ミリ上がることになります。

再びボディをかぶせてみると
↓こんな感じになりました。

Laurel3-30.jpg

Laurel3-29.jpg

Laurel3-32.jpg

微妙な変化かもしれませんがw
前回よりは少し後ろに仰け反った感じになりました。
いちおう車高はこれで決定ということにしたいと思います。

が、しかし。

ここで問題が発生しました。(*o*;)

今までちゃんと回転していた後輪(左)が回転しません!
どうやらボディ(ピラーの下あたり?)が干渉しているようです。
あれれ!?そこはクリアしていたはずなのに、なぜでしょう?

おそらくですが、先程フロントに板を咬ませた時に
接着剤の厚みか何かの0.0何ミリといった肉眼では分からないような差が
後方へ行くにつれて傾きが大きくなって
左後輪にボディが接触しているものと思われます。

Laurel3-35.jpg

というわけで、そこを悩んでも仕方ないので
0.3ミリのプラ板を(さらに削って厚みを微調整して)
左後方に取り付けました↑

なんだかサロンパスをいっぱい貼ってるみたいで(笑)
ちょっと痛々しく見えたりしますが(^ ^;)
まあ、補修しまくりですが、ベストな車高を求めると
こういった微調整は止むを得ないのかなと思います。

あと、微調整と言えば、フロントを固定しているネジも
↓このように削って短くしました。
(右がノーマルで、左が短くしたもの)

Laurel3-38.jpg

今回、かなり車高を落としていますので
ボディのネジ受けの部分もかなり削って短くなっています。
ですので、通常のネジだと長すぎてボディを貫通してしまうのでw
このような加工が必要になりました。

さて、ひとまずシャーシ側はこのぐらいで置いといて
次回はボディ側についてレポートしたいと思います☆

スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (28)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR