ベッド部分の制作

620のベッドダンス仕様ですが
本日はベッド及びスピーカー部分を制作しました。

620dancebed-14.jpg

↑前回、外枠だけにしたベッドに
プラ棒で補強の柱を入れます。

620dancebed-15.jpg

↑爪の部分は要らないので切断して

620dancebed-16.jpg

↑代わりにコインホルダーを付けるための
パーツを取り付けます。これもプラ棒です。

620dancebed-17.jpg

↑裏側から繊維で補強します。
(詳細は→こちらの記事参照)

620dancebed-18.jpg

水をつけた筆で繊維をポンポンと叩いて馴染ませます。
その上から瞬間接着剤を流し込み、

620dancebed-19.jpg

↑乾くとこんな感じで固まります。
効果があるかどうかは不明ですがw
接着剤だけよりは多少は強度が増したかなと思います。

620dancebed-20.jpg

↑シャーシに合わせてみます。
キャビン(ボディの前の部分)と高さが揃っていないので

620dancebed-21.jpg

高さを調整します。
2ミリのプラ棒2本分で高さが合いました。


続いてベッド内のスピーカー部分を制作します。
スピーカーといっても、もちろんダミーなので
音は出ないですけどねw

620dancebed-22.jpg

以前仕入れた→こちらの車から
↑スピーカー部分をお借りします。

620dancebed-23.jpg

それをベッドのサイズに合わせて加工して

620dancebed-24.jpg

↑再び接着してスピーカー部分のパーツが完成。

620dancebed-25.jpg

↑ベッドに横棒を付けて

620dancebed-26.jpg

↑その上にスピーカー部分を載せます。
なかなかピッタリと収まりました♪

620dancebed-27.jpg

↑1ミリのプラ棒で前の部分を閉じます。

620dancebed-28.jpg

↑細部の微調整はまた後でするとして
まあだいたいこんな感じに仕上がる予定です。


スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (115)
未分類 (30)
購入記録 (17)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (1)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (23)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR