シャーシのカスタム

今回はシャーシなど内側の部分の工程をご紹介します。

620dancebed-43.jpg

今回はフラットモーターを載せるということで
通常の620のシャーシを削るなどして加工し
このような平らなシャーシを作りました。

620dancebed-44.jpg

今までのチョロQのシャーシでしたら
これぐらい薄く削るとポキッと折れてしまったり
ヒビが入ったりすることがありましたが
zeroのシャーシは素材がいいのか頑丈なので
こんなに薄くしても、とてもしっかりしています☆
(もちろん削り過ぎはよくありませんが)

620dancebed-45.jpg

↑フラットモーターの出っ張っている部分が
シャーシに干渉しそうな箇所をチェックします。

620dancebed-46.jpg

↑そして干渉しそうな箇所は予め掘っておきます。
(こうしないとモーターの歯車が回りません)

620dancebed-48.jpg

620dancebed-49.jpg

すると↑このように、モーターが
ピッタリとシャーシに合わさります。

シャーシを薄く削っていることもありますが、
さすがフラットモーターというだけあって
凄くフラットになりますね☆(^ ^)

620dancebed-50.jpg

↑上から見たところ。フラットモーターは
幅はパンサーエンジンより広いですが
シャーシにはギリギリ収まるサイズです。

620dancebed-51.jpg

そして今回使う車軸は、チョロQのものより細いので
0.5ミリのプラバン(青い矢印のパーツ)を挟んで
車軸が遊ばないように幅を調整します。

620dancebed-54.jpg

↑モーターの側面を抑えるパーツを取り付けます。
(モーターは念のためシャーシに接着しています)

620dancebed-55.jpg

↑タイヤを取り付けた様子です。
今回もタイヤは全て同じサイズですが
車軸の入る深さなどに多少の個体差があるので
ちゃんと同じ幅(位置)になるように
ホイールの車軸を受ける穴をドリルで広げたり
車軸の長さを削るなどして微調整します。

とりあえず今回はシャーシにモーターを載せるところまでを書きました。
次回はいよいよシャーシにベッドのパーツを載せたいと思います☆



※いつものとおり、このレポートは
私の試行錯誤の様子を載せているだけですのでw
もし実行される場合は自己責任でお願いします。
スポンサーサイト
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

あらた

Author:あらた
はじめまして。管理人のあらたといいます。
先日、腰痛になり病院へ行くと、ストレスが原因だと言われました。
そしてお医者さんに「何か趣味を持ちなさい」と助言をいただきました。
しかし私はスポーツも一切しないし、読書などの文化的な趣味もないので
ふと子供の頃好きだったチョロQを思い出し、ネットを見ていると
いろんな方がチョロQを改造して作品を作っておられるのを見かけて
アラフォーにしてチョロQのカスタムにチャレンジしてみることにしました。
しかし私はプラモデルも作ったことがないので、エポパテって何?という状態でw
ですので、やり方とか知識とかいろいろ間違っている部分があるかもしれませんが
どうか温かく見守っていただければと思います。m(_ _)m よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
思い出 (22)
日々のこと (116)
未分類 (30)
購入記録 (18)
ローレルSGX その1 (8)
ダットサン620 その1 (4)
ダットサン620 その2 (10)
ダットサン620 その3 (5)
HEARSE (6)
ローレルSGX その2 (9)
ローライダー系 (27)
ツインモーター (4)
チョロQ以外のプルバックカー (51)
スワンボート (4)
ストラトスSHG (15)
プチカスタム (25)
チームミニ (8)
ツール (2)
チョロQ以外のカスタム (1)
ワーゲン関係 (28)
Q-ueen (3)
ホットロッド的な? (14)
チビッカー (14)
ルノー関係 (37)
BON-DIL-BuddyL (39)
チビコロ&ちびデカ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR